よくありがちなジャケットスタイルをジレ1つで他人とは違うよりドレッシーな着こなしに!

Pocket
LINEで送る

ジャケットスタイルって、あまりひねりを加えたくないものですよね。ジャケットを羽織っているだけでもおしゃれに見えますし、そもそも、ジャケットを着用するシーンと言えばフォーマルシーンやきちっと身なりを整えたい時が想定されるので、あまりひねりようがないというのが正直な感想です。

ただ、ここでひと手間かけてコーディネートしてこそ、ファッショニスタとなれるのです!特に、ジレをうまく活用できるようになると、ドレッシーさが増してイケてる雰囲気を出すことができます。ジレは紳士が着用するイメージがあるのですが、種類が沢山あるのでカジュアルにコーディネートすることができるものも多いのです。

そこで今回は、ジャケットスタイルに変化をもたらすことができる、ジレというアイテムの魅力について紹介します。ジレって少し気取って見えちゃう・・・そういうイメージをお持ちの方も、この記事を読めばジレのイメージがガラッと変わって今すぐにでもコーディネートに取り入れたくなるはずです!

ジレを取り入れれは人とは違う自分を出せる!おすすめのジレスタイルを紹介

チェックのジレをシックに着こなす!

根強い人気があるのが、ダブルスーツですよね。このジャケットは、かなりタイト目で今風の着こなしができるのが魅力的ですし、少しシワ加工を施されているのでカジュアルに着こなしが可能です。そんなダブルスーツに、グレーグレンチェックのジレが非常に鮮やかに写りますね!グレーなのでそんなにカラーリング的に落ち着いているわけではないのに、なぜかグレーグレンチェックのジレが映えるのは不思議なものです。

ジレにしては胸元が開き気味となっていて、インナーで着用しているシャツがはっきり見えます。そのスペースを埋めるかのようにドット柄のネクタイが目を引きます。全身のカラーバランス的に、グレー中心の中にインナーがホワイトのシャツ、そしてその中間的なジレととてもバランスが良い配色となっている点は高く評価できます。

このスタイルなら、フォーマルなシーンでも十分通用するのは間違いありません。グレーのキャスケットとジレも抜群の相性の良さを示していますし、アイテムを少し変えるだけで様々な表情を見せることができるでしょう。


柄もののジャケットに鮮やかなブルーのジレ!

かなりカジュアルよりな、派手な模様が印象的なジャケットを着用していますね。カラーリング的には落ち着いているグレーカラーですが、紺のラインが良いアクセントとなっていて、遠目でも目立つのが印象的です。そんな癖の強いウィンドペンスーツを更に際立たせるかのような、ブルーのダブルジレをインナーにコーディネートしています。

柄系のジャケットと派手なブルーのジレということで、一見コーディネートに困りそうな印象ですが、互いの良さが引き立って実に良くマッチしていてかっこいいですよね!モデルさんが恰幅の良い感じの方ですが、その雰囲気ともマッチしていてちょいワルスタイルを実践しているのです。更に、グレーのハットを合わせていて、映画「ゴッドファーザー」に登場するマフィアを連想させてくれます。

これだけ派手なジレなので、ジャケット無しでトップスとしてコーディネートしてもかっこいいですね!街でも絶対目立つこと請け合いのこのスタイルを実践するのは勇気が要りますが、いつかはチャレンジしてほしいものです!

ジャケットと同色のジレでよりジャケットを際立たせる!

ジャケットと同色のジレでよりジャケットを際立たせる!

出典:imgrum

ドルチェ&ガッバーナのジャケットによく見られるのですが、ジャケットとジレのセットで販売されているアイテムもあります。このモデルさんが着用しているのも、セットで販売されているものと近いマッチング率を誇っていますよね。カラーが近いだけでなく、ボタンの配置もジャケットとジレでかなり似ていて、抜群の相性の良さを示します。

グリーン系のジレで少し地味な印象がありますが、そこを補填するかのようなストライプのシャツを着込んでいます。更には、派手なネクタイをチョイスすることで、更にジャケットとジレのギャップ感を出すことに成功しています。最後のシメとして、ホワイトのボトムスで完全に個性派の側面を出すことに成功しています!これだけ派手なアイテムが多い中で、しっかりコーディネートできているのはジレがバランスを取っているからに他なりません。

ちょっとしたパーティーシーンでもこのレベルなら全然違和感なく溶け込むことができますね。また、ジレって体型をフォローする側面もあり、恰幅の良さをうまく隠している点も見逃せません。

これぞ上級者コーデ!ブラウンとモノトーンの融合

ジレ上級者を目指したいなら、こんなコーディネートをしてほしい!とおすすめできるコーディネートがこちらです。ありそうであまりないブラウンの上下のスーツに、眩しい限りのジレをコーディネートしています。良くチェックしてほしいのですが、シャツのホワイトとはまた違って、少し光沢のある感じが非常にかっこよく見えます!

これだけだとそんなに凄さを感じませんが、ネクタイにブラックカラーを入れている点があります。モノトーンコーデの典型例ですが、ジレやシャツとネクタイのモノトーンコーデだけでなく、キャップもうまく絡めているのが実にテクニシャンと感じさせます!ボトムスを見ると、9分丈でやんちゃな印象を出していて、しかもノーソックスでレザーシューズを履いている点にも注目です。

ホワイトのジレはあまり見られないのですが、ジレ上級者を目指すなら絶対に一着は持っておきたいカラーです!


デニム系のシャツにもシックなジレは合う!

ジレの適用力の高さをより実感できるのが、このスタイルです。カジュアル寄りなワークジャケットにシックなジレをコーディネートしていて、一見アンマッチに見えるのですが、トータルコーディネートとして見ると実にマッチしているのです。そして、インナーに着ているデニムシャツがこのコーディネートの肝となっています。

今シーズンも間違いなくブーム継続のデニムシャツですが、ただコーディネートに巻き込んでも面白くありません。そこで、タイトで丈も短いジレを合わせることで、人とは違う感じを上手く表現できます。また、ワークジャケット自体がデニムに似た雰囲気があり、ジレを挟んでうまくマッチしている点も見どころの一つとなっています。

2016年初夏にブームとなったローハットなフロッピーハットでよりカジュアルな感じを引き立てています。流行り物を多く取り入れつつ、ジレでびしっと決めている姿は、もはや貫禄すら感じさせてくれます。

最後に

いかがでしたでしょうか?ジレは紳士が好んで着用するイメージが強いのですが、カジュアルシーンでも抜群の存在感を示すアイテムです!ちょっとしたアクセントを付けるためのものではなく、保温性をキープすることもできるのも、ジレの魅力です。これからは、よりジレに注目して一歩進んだおしゃれを楽しんでみてほしいですね。

Pocket
LINEで送る