今話題のインナーダウンって?1着あればいつものスタイルにも変化を持たせられるインナーダウンベストの着こなし集

Pocket
LINEで送る

昨シーズン辺りから、冬のファッション界に少し変わった傾向が見られるようになりました。具体的に言うと、本来アウターとして着用するダウンベストを、インナーで着込んでいるシーンが見られることです。一瞬見ると違和感を感じるのですが、よくよく考えてみると実に暖かそうに見えるんですよね!まだ少し気温的に暖かければ、アウター無しでも問題なく過ごすことができる感じを受けます。

インナーダウンが生まれた経緯としては、薄手でも暖かさをキープすることができる技術が育まれているからです。通常のダウンベストをそのままインナーにすると、間違いなく着膨れしてせっかくのスタイルが崩れてしまう可能性があります。あくまでもアウターのフォルムをキープして、その上で保温性を保つというのがインナーダウンに課されている使命であるのです!

そこで今回は、街で見かけない日は無いと言っても過言ではない、インナーダウンの着こなしテクニックを紹介します。これから暖かくなりますが、持っておくと絶対に重宝するインナーダウンを、この記事を参考にして活用してほしいですね!

インナーダウンはあると絶対に便利!こんな着こなしでスタイルを変化させよう!

スタンダードなのはジャケットとのコーデ!

インナーダウンを最も活かすことができるのが、ジャケットとのコーディネートです。特に、最近のトレンドであるテーラードジャケットと合わせると、スマートにジャケットスタイルを楽しみながら、しかも保温性もキープすることができます。また、このコーディネートのように、ブレザーに少し小さめなインナーダウンをチョイスすると、カレッジスタイルの中にもよりカジュアル感を出すことができます。

このインナーダウンは、襟が立ったデザインとなっているので、ジャケットと良くマッチしているのが見て取れます。また、ジップは少し広げきみとしてブレザーとのダブル襟のようなスタイルを楽しむことができます。首元が寂しくなるところにマフラーを付けてしっかりと寒さ対策もできていますし、真冬っぽくないスッキりしたスタイルを実現できるのは、やはりインナーダウンのなせる技なのです。

少し知的に、それでいてやんちゃっぽさも持ち合わせるスタイルを目指すなら、ジャケット×インナーダウンの組み合わせをファーストチョイスすることをおすすめします。


ガウンのようなゆる系コートにも合う!

今シーズンのトレンドスタイルとして、ビッグシルエットというものがあります。あえてサイズの大きいトップスやボトムスをチョイスして、ゆるく着こなすのがビッグシルエットの特徴です。そんなビッグシルエットを手軽に実現できるのがコートですが、ただ大きいサイズのコートを着てもあまり面白さを感じません。コートと他のアイテムのサイズ的なギャップがあってこそ、よりビッグシルエットが際立つのです!

このコーディネートでは、丈が長いグレーチェスターコートをカジュアルに着こなしていますね。その中で、インナーとして派手目なレッドカラーのインナーダウンを選んでいます。更にシャツを腰に巻いたりスポーティーなキャップをチョイスするなど、スポーツテイストも存分に入れています。あまりに多くのアイテムを組み合わせているので、一見すると散らかっているように見えますが、インナーダウンが実に良くバランスを取って融合しているのが心憎いですね!

少し寒さを感じれば、インナーダウンのジップを上げてしっかり保温することで対処できますね。インナーダウン自体がタイトなシルエットなものが一般的ですので、ビッグシルエットのコートと相性が良いのは覚えておきたいところです。

ミリタリー系トップスと合わせると更に暖かい!

ミリタリージャケットと言えば、耐久性の高さも魅力的ですが、圧倒的な暖かさが魅力的なアイテムです。戦時中は軍服として活用されていて、極寒の地でも耐えることができるものとなっているので、当然といえば当然ですよね。そんなミリタリージャケットにインナーダウンを合わせると、より暖かさをアップさせることができます。

あまりないカラーの組み合わせが魅力的なMA-1型ブルゾンに、グリーンのインナーダウンを合わせることで、柔らかい印象がありますね。ただ、あえてMA-1型ブルゾンもインナーダウンもジップを開けて、更に中に着込んでいる癖の強いパーカーをコーディネートしています。これだけ着込んでも、ほとんど着膨れして見えないのは、元々MA-1型ブルゾンが少しボリューミーなことはありますが、それにしてもインナーダウンのすっきり感があってこそ成立するのです。

あえてインナーダウンの存在感を消してコーデするのも重要です。縁の下の力持ちとは、まさしくインナーダウンのためにあると言っても過言ではありません!

マウンテンパーカーとの相性良し!

マウンテンパーカーとの相性良し!

出典:carat

雪山でも寒さを凌ぐことを目的として開発されているのが、マウンテンパーカーです。見た目上はあまりボリューム感はないものの、保温性に優れていて、しかもスタイリッシュに着こなしが可能です。更には、迷彩柄など派手目なデザインも目を引きますよね。そんなマウンテンパーカーとダウンベストというのは、実に相性が良い名コンビなのです!

このコーディネートでも、特殊な迷彩柄が印象的なマウンテンパーカーに、少し肉厚なフード付きインナーダウンを合わせています。インナーダウンの特徴として、丈が短めにデザインされている点がありますが、このインナーダウンも例に漏れず短めになっています。若干シャツが見え隠れしていますが、それでも抜群の暖かさをキープしてくれます。

ボトムスにはカーゴパンツを合わせることにより、よりミリタリーテイストもアップさせています。あまり気を使わず、ふらっと街に出かける時には、こんなコーディネートも選択肢に入れたいですね。


ブーム再来!デニム系のトップスのインナーにも!

ブーム再来!デニム系のトップスのインナーにも!

出典:wear

昨シーズンから復権の兆しを見せているのが、デニム系のトップスです。特にデニムシャツがブームで、サラッと着こなすスタイルが特にかっこよく見えます。また、デニムジャケットも持っておくと絶対に重宝すること間違いなしです!そんなデニムジャケットにも、もちろんインナーダウンはよく似合うのです。

デニムジャケット自体がタイトなシルエットですし、あまり伸縮性はありません。その中でインナーダウンを着込めるの?と心配になりそうですが、このアイテムのように超スリムなデザインなら問題なく着こなしが可能です。Vネックとなっていて、インナーにホワイトのTシャツをちら見させていて、スニーカーとのマッチングも見て取れます。実に計算されたコーディネートであるとお見受けします!

このように、スリムで伸縮性の無いトップスとも合わせやすいのも、インナーダウンの特徴ですので覚えておきましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?インナーダウンは相当薄いデザインなので本当に暖かいのか心配になりますが、最新のテクノロジーを駆使して実に保温性に優れています!流石にビジネスシーンでのコーデは難しいですが、カジュアルでもフォーマルでも活躍できるインナーダウンは、何着でも持っておきたいマストアイテムです。春先に向けてもぜひお気に入りの逸品を探してみてくださいね。

Pocket
LINEで送る