レザー職人の伝統を現代に受け継いだブランド!ボッテガ・ヴェネタ!

出典:WWD

Pocket
LINEで送る

ファッションでも、特定のブランドが得意としている職人技のような技法を用いたアイテムがあります。その代表例として思い浮かべるのが、ボッテガ・ヴェネタです。ボッテガ・ヴェネタの中で特に代表的なイントレチャートという技法は、一目でどのブランドのアイテムであるかがわかります。

イントレチャートとは、実はボッテガ・ヴェネタが編み出した技法ではなく、イタリアのトスカーナ地方で古くから用いられていました。短冊切りのレザーを丁寧に編み込む技法で仕上げられるのですが、ボッテガ・ヴェネタならではの品格や気取らない美しさが感じられて別格の扱いを受けています。また、使用しているレザーのクオリティが非常に高く、ハイセンスであることも人気の所以です。

そこで今回は、ボッテガ・ヴェネタというブランドの歴史や、おすすめのアイテムを厳選して紹介します。

ボッテガ・ヴェネタのレザーアイテムでワンランク上のファッションを楽しむ

ボッテガ・ヴェネタの歴史

ボッテガ・ヴェネタが誕生したのは1966年のことで、イタリアのヴィチェンツァにある丘陵地帯でスタートしました。重厚なブランドにマイヤーのコンテンポラリーなスタイルを持ち込んだアイテムで一躍人気を博します。ブランド固有のエレガンスな雰囲気と、工房の技術に新たなスタイルをミックスした光沢のあるintrecciatoや、ピラミッド型のショルダーバッグが人気となっています。近年では、革素材だけでなくナイロン素材のヴェネタシリーズや、ビーズバッグなども手がけています。グループとしてのバックボーンとして、デザイナーのトーマス マイヤー氏のディレクションによってブランドは急成長し、世界中で店舗数も拡大しています。

日本国内においても、1974年にアオイによって紹介されて、展開されていました。ただ、本社がグッチ・グループに入ったことをきっかけに、ボッテガ・ヴェネタジャパンが設立され商品を展開している。2002年には、トーマス マイヤーが監修を務めた新コンセプトのフラッグシップ店であるボッテガ・ヴェネタ青山がオープンしています。


定番の長財布

定番の長財布

出典:オクテット

最初に紹介するのは、ボッテガ・ヴェネタの中でも代定番と言えるイントレチャートの長材不です。カードポケットを左右に備えたラウンドジップ開閉デザインで、紙幣よりも一回りほどの高さ余裕がある設定となっています。既にしっかりと革のこなれが浮かびあがっていて、すぐさまラグジュアリーな雰囲気を楽しむことができます。

お財布の表面に、編み込みというハンドメイドによる表情が加わっている籠編みのフェイスによって、ソッと触れなくてはいけないほどの繊細さを感じさせます。まるで女性を扱うように慎重になりそうですが、実施にはラムに近い質感で柔らかくなめされたカーフレザー仕上げでそこそこの強度があります。色味も柔らかに変化しているブラックカラーには、ガンメタリックのモードなジップスライダーをコンビネーションしています。

とことん使い込むためではなく、その一瞬を贅沢に楽しむためのイントレチャートデザインで、男女兼用で使用できます。見た目以上に週能力があるので、カードなどを多く持ち運びたい方にも向いています。

比較的ボリュームのあるレザーウォレット

こちらは、一転して二つ折りでコンパクトなサイズ感のレザーウォレットになります。ただ、先ほどの長財布と違うのは、ボリューミーなサイズ感である点です。クラシックな二つ折りウォレットで、癖がないのでどんな方にも愛用されやすいという特徴があります。もちろん、ユニセックスで使用することができますので、カップルでペア財布として使用するのも良いでしょう。

カードケース8つ、札入れ2つというサイズであり、メインのお財布としてももちろん活躍すること間違いありません。スムースレザーのライニングとなりますが、革の表面を平らにしたレザーでありソフトな手ざわりと上品な色合いで高級感があります。クロムでなめした後に、植物タンニン剤でなめして製造されますが、使い勝手が良いと言う利点もあります。

小物づくりにも人気が高く、手縫いすることも可能であるので、イントレチャートとして用いられやすい素材です。コイン入れがなくて寂しく感じるかもしれませんが、キャッシュレス決済がメインで小銭を持ち歩かない方にとってはスマートに見せることができる財布としてもおすすめできます。

大き目のイントレチャートが目を引くトートバッグ

イントレチャートといえば財布をすぐに連想するものですが、ボッテガ・ヴェネタでは他のレザーアイテムでもイントレチャートを用いています。その代表例として、このトートバッグがあります。全体を12分割したような感じで織り込んでいますが、網目が大きくても隙間があくことがなくて緻密に計算されてデザインされていることがわかるアイテムとなっています。

耐ステイン加工を施したイントレチャートカーフレザーですが、ライニングなしでスエードのライニングを施しているのが特徴です。上品な光沢があって、使い込むことで手なじみしてきますし、光沢も多少の変化を見せて長年愛用することができます。また、内部にはスエード素材を使用して温かみがありますし、ポケットも多くあるので収納力に優れている点も評価できます。しっかりした作りで、自立させることも可能となっています。

こちらはネロ(ブラック)となりますが、ディープブルーもラインナップしていますので、使用するシーンに応じてどちらをチョイスしても良いでしょう。


カットアウトのディテールがかっこいいバッグ

最後に紹介するのは、個性的なデザインを採用しているメッセンジャーバッグです。カットアウトのディテール実に秀逸で、スリムなデザインで様々なシーンで用いることができます。耐久性のあるカーフレザーを使用しているので、多少水などに濡れても心配無用です。また、定期的にメンテナンスしてあげることによって、長年愛用できるバッグとして活躍します。

ハンドルを通して開閉するデザインが目を引きますが、決して使いにくくはなく実用性の高さがあります。内側にポケットが付いているので、区分けのしやすさも確保しています。どうしてもスリムなバッグの場合、区分けできないという場合もあって実用性が低いものが多い中で、おしゃれさと実用性を兼ね備えたレベルの高い逸品です。

なかなか見られないライトグラファイトというカラーリングは渋みがありますし、金具はシルバー仕上げでよりラグジュアリーさをアピールできるものとなっています。ちなみに、同デザインのイントレチャートモデルも存在しています。

最後に

いかがでしたでしょうか?ボッテガ・ヴェネタはイントレチャートに目が行きがちですが、他にもラグジュアリー感があるレザーアイテムが多数あります。他にも、ブレスレットなどのアクセサリーも人気となっています。ワンポイントでボッテガ・ヴェネタのアイテムを取り入れて、上品な大人コーディネートを実践してみてください。

Pocket
LINEで送る