グッドイヤー製法で作られたボウタイのクラシックなドレスシューズ!

出典:gentlemensfootwear

Pocket
LINEで送る

シューズを一つ作り上げるためにも、様々な技法が用いられているのをご存知でしょうか?特に、レザーシューズはソール部分を交換することで履き続けることができるアイテムがあって、ただ頑丈に仕立てるだけでなくソール交換を容易に行えるように製法も工夫されています。その代表例がグッドイヤー製法であり、甲革や裏革など甲の部品を縫い合わせて出来上がったアッパーと、底をジョイントする方法に最大の特徴があります。

そのグッドイヤー製法を積極的に取り入れて、クラシカルな印象があるドレスシューズを仕立てるのが得意なブランドとしてボウタイがあります。クラシカル回帰の流れの中で、ボウタイのシューズが持つ意味合いはとても大きくなっており、注目すべきブランドとなっています。では、ボウタイとはいったいどのようなブランドなのでしょうか?

今回は、ボウタイというブランドの歴史を紹介しつつ、おしゃれなドレスシューズを紹介します。

ボウタイのドレスシューズで大人ファッションを楽しもう

ボウタイの歴史

まずはじめに、ボウタイというブランドの歴史について紹介します。ボウタイはスペインで誕生したまだ歴史の浅いブランドです。高級靴の歴史を持つ伝統的なイギリスのハンドメイドシューズをベースとして、モダンなヨーロッパテイストの味付けを施したシューズが特徴です。世界のセレクトショップでも注目のブランドとなっていて、スカル模様をプリントしたエスパドリーユや百合ステッチのスエードスリッポンがアイコンとなっています。

日本でもセレクトショップなどで販売されていて、おしゃれな男性から厚い支持を得ているブランドです。高級革靴などに用いられるグッドイヤー製法を用いて、自社工場での生産に強いこだわりを見せています。伝統的なスタイルにモダンさを取り入れた高いデザイン性と靴職人の高度な技術を生かして作られた高品質の上品なシューズは、一度履いたら病み付きになること間違いありません。

決して安い価格で購入できるブランドではありませんが、頑丈なシューズが多いのでヘビーユースにも向いたブランドとしておすすめです。


マスタードイエローが目を引くコーディネート

マスタードイエローが目を引くコーディネート

出典:オクテット

最初に紹介するのが、秋冬だけではなくさっぱりとしている短い毛であるので春夏でもスタイリングできるハラコ・ヘアカーフのシューズとなります。夏だからこそ、血がたぎりアニマル柄を取り入れたくなる場合がありますが、暑いとシンプル化するスタイリングですので、ボリュームや華を添えるアニマル柄アイテムくらいがちょうどバランス的にうまく保てることができるのです。リアルさに迫るレオパード・ヘアカーフのスリッポンはHENRY型と呼ばれていて、つま先が細く尖っているポインテッドフォルムとなります。

トップラインが浅めで履き口とヒールカップが狭いEワイズ相当で、Uモカの柔らかなカーブと、トップに乗せられた蝶ネクタイのモチーフは優しさを加えます。イタリアの職人が一つ一つハンドメイドで仕上げて、作り手の温もりが感じられるシューズです。ヘア・カーフは独特な毛質感があって、豹柄のリアリティさを呼び覚ますポニーヘアを使用しています。サドル飾りとトリミング、バックステイは艶控えめのブラウンレザーで、グッドイヤー・ウェルテッド製法で仕上げてソールは薄いながら疲れにくい仕様となります。中に厚めのコルクが用いられており、馴染むまでには多少時間が要しますが、足で踏み続けるとだんだん自分の足型に沈み込みフィットします。

Uモカを強調させた紳士靴。正統派の色彩と男らしさを持ち合わせている逸品で、ロールアップしたクロップパンツにチノパンとコーディネイトして新しい柄シューズの魅力に触れてみるのもよいでしょう。

ボニーヘアーが魅力的なシューズ

ボニーヘアーが魅力的なシューズ

出典:オクテット

こちらは、リアルさに迫るキャメルブラウンにブラックカラーのゼブラパターンを取り入れています。鮮やかに鮮明にセブラ、シマウマ模様を描写していて、メリハリが強いシューズとなっています。Uモカが細く、オペラパンプルの色香をそのままモダナイズさせているスリッポンは、色の強いウイスキーブラウンを採用しています。オレンジブラウンもミックスされて、茶の濃淡にて豹柄がより鮮やかに浮かび上がっています。

レザーブルゾンなどのロックテイストに溢れるスタイルから、ジャケパンなどのきれいめスタイルにマッチする大人の着こなしにもマッチします。イタリアの職人が一つ一つハンドメイドで仕上げて、作り手の温もりが感じられます。ヘア・カーフは独特な毛質感があって、イタリアの人気ブロガーがクラシックの洋服に対する造詣、背景にある英国情調があると評価しています。

リーズナブルで色やパターンを選びやすいにはもちろんですが、耐水性や耐久性に優れているグッドイヤー・ウェルテッド製法というのも魅力的ですね。

ネルシャツやデニムシャツとも相性が良いニット

ネルシャツやデニムシャツとも相性が良いニット

出典:grandpere

こちらは、イギリススタイルを現代的にアレンジした独自の切り口と上質な造りが特徴なドレスシューズです。アッパーにはイギリス製の高級スエードを使用して、クラシカルな雰囲気がありつつもカジュアルなテイストで様々なシーンで活用できるシューズに仕上がっています。フォルムはややロングノーズながらも英国風のラウンドトゥを思わせるスマートなフォルムで、スタンダードかつ大人っぽい雰囲気があります。革質が良いこともあって、上質でスタイシッリュに映りますよ。

ソールは、雰囲気あるブラックレザーソールを採用して上質感を際立たせています。スタンダードかつスマートなデザインで、スーツやジャケパンスタイルに映えそうです。また、永く活躍する一足として重宝する事間違いありません。この靴の特徴はフォルムだけじゃなく上質な造りにもあって、セメント製法ながら上質な素材を使用していることで、最初は堅さを感じますが徐々に足に馴染んでいきます。

最後には足に吸い付くような感覚で履くことも可能で、素足履きにもチャレンジしたいですね。大人の休日スタイルで、手を抜いていない感じをアピールするに最適なシューズとなっています。


シボ革×タッセルがおしゃれ!

シボ革×タッセルがおしゃれ!

出典:grandpere

一味違うシューズで粋なスタイリングを楽しみたいときにおすすめなのが、このドレスシューズです。カントリーカーフと呼ばれる、雰囲気がとてもよいシボ革をアッパーに使用しているのが最大の特徴です。穀物のような型押しとワックスで仕上げたレザーであるカントリーレザーは、自然な色艶で小傷に強いのが特徴です。アクティブなシーンでも順応できるレザーであるのがよいですね。

甲部分にタッセルがあしらわれたローファーであり、靴紐のないスリッポンタイプとなっていて、一見カジュアルな印象がありますがビジネスの場においても履くことが可能です。シボ革の要素もあって、無地でありながらもどこか存在感が強いシューズとなっている点にも注目です。美しく王室的な雰囲気をまとっていて、ラグジュアリーシューズとしても活用できそうです。

しっかりした造りも魅力の一つとなっていて、履いていくと足に吸い付くようになり高品質な革靴の質感を味わえますよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?ボウタイは一見するとアニマル柄などで派手な印象があるシューズが多いのですが、大人っぽさをアピールできるラグジュアリーシューズも数多く販売しています。オンオフかかわらず履けるシューズもあるので、毎日ボウタイのシューズでクラシカルスタイルを楽しみましょう。

Pocket
LINEで送る