都会派を目指す方は必見!これからの時期に着たい大人の品格コート!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

人間にとって、品格とは非常に重要なものですよね。特に、紳士と呼ばれるような人間は品格も揃っていて、常にビシッとしている印象があります。内面から品格をアピールするのも良いですし、実は見た目からも品格をアピールすることも十分に可能です。その意味で、コートが保つ意味は非常に大きなものがあります。

コートは真冬に特に身につけるイメージがあるのですが、これから入手しても全く遅くありません。むしろ、春や秋にも着用できるコートを確保しておけば、より幅広いシーズンでコートを楽しめます。また、これから就職や進学などで都会で住むことが決まった方は、都会派をアピールできるコートがあるとなお便利です。

そこで今回は、都会派を目指す方にぜひ着てもらいたい、品格が感じられるコートを厳選して紹介します。

品格コートでスタイリッシュな大人スタイルを極めよう!

ダブルコートで重厚感をアピール!

ダブルコートで重厚感をアピール!

出典:オクテット

最初に紹介するのは、ベージュのカラーリングでコーディネートしているコートスタイルです。イタリアの鉄板であるアズーロ・エ・マローネを取り入れて、スタイリッシュさをアピールしています。ベージュとアイボリーとコート、ジレと重ねたコーディネートとなりますが、濃いから淡いほぼ同系色で合わせることによって、パンツのネイビーを引き立ています。ダブルのコートが上品で、遊び心が感じられますよね。

このコートはMACKINTOSH(マッキントッシュ)のダブルコートです。トレンチコートの中でもショート丈となるモデルで、コートの中でも上品さのある高級感漂う印象を表現しています。かっちりとしたトレンチコートをショート丈にすることによって、幅広いシーンでも上品さを表現できるようにアレンジしています。トレンチコート特有のエポーレットやストームフラップを省いたシンプルなスタイルで、襟元を閉じれるスロートラッチは着脱仕様で装備されていて、防寒性も完備です。首下にはU字型フックも装備しているので、首回りの寒さを防いでくれるディテールも備わっております。
(MACKINTOSHの詳しい説明はこちら)

素材は、ライトメルトン生地のウールを使用しています。通常のメルトン生地と比較して、軽くてしなやかな質感であり高密度にされていることで、風を通すことなく保温力を保ってくれる滑らかな生地感となります。 生地の軽さはもちろんのこと、肌に触れた際でもずっと触っていたくなるような優しい生地感が魅力的です。


レイヤードスタイル風のコートがかっこいい

レイヤードスタイル風のコートがかっこいい

出典:オクテット

こちらは、きれいめコーディネートを実践するためにチェスターコートを選んでいます。シルエットが美しくて、上品な着こなしに向いています。ボトムスをスラックスで合わせる事でより上品な着こなしを実践していて、またゴムウエストなのでリラックした気心地も楽しめます。タイトめなスタイルの場合ビジネス感がでてしまいがちであり、タートルネックでこなれた演出をしている点にも注目です。

このコートはHERNO(ヘルノ)の定番メルトンウールコートです。暖かなタッチでメルトンウールをメインに仕立てたロングコートとなっています。チェスターコートデザインは、オンシーンになくてはならないものとなりますが、もう少し暖かめのアイテムが欲しい方におすすめの、裏面にはびっしりと中綿キルティングを配したコンビネ―ションコートとなっていて、ダウンベストを重ね着しているような雰囲気があります。カラーは、優しい暖かな印象を作り上げてくれキャメルベージュカラーというのも良いですね。
(HERNOの詳しい説明はこちら)

大人のアウターに相応しいエレガントさを演出してくれるアイテムとなりますが、比較的スリムな構築となるのでインナーで着用されるジャケットも細身のものをチョイスしましょう。

ナイロン地でもドレッシーなコート

ミリタリーテイストにマッチするデニムパンツ

出典:オクテット

こちらは、大人の休日も楽しめるコートをメインとして、ラフ感もあるタートルネックを爽やかなホワイトカラーでコーデに纏まりで出しています。ボトムスはベージュカラーのスラックスで上品さもプラスして、足元の艶感あるチロリアンシューズで大人のデートコーデとしても最適です。色気のあるストールでエレガントさをより際立たせている点もかっこいいです。

このコートはHERNO(ヘルノ)のアイテムですが、マットで高級感のある素材を使用して撥水はもちろん、傷や汚れ、皺にも強い長年寄り添う相棒としては相応しいスペックのトレンチコートです。フードも着脱可能で、その重厚で気品溢れる見た目とは裏腹にアイテム自体は非常に軽く、重ね着も軽やかに仕上げています。見た目は薄着でいて、しっかり防寒してくれるのが良いですね。ベルトを使ってクラシカルな王道トレンチスタイルから、ダウンコートとして本気の実力を発揮してくれます。

これぞトレンチコートと呼ぶにふさわしいクラシカルな面持ちがあって、膝上のミドル丈も絶妙です。肩幅も細めで、袖幅はスーツの上から羽織れるように設定していて、スリムさを作り出す為にダウン量も調整しています。ビジネスシーンの通勤だけでなくオフシーンにと、黒コートをマルチに着回しできます。

オンオフ両方で使える便利コート

オンオフ両方で使える便利コート

出典:オクテット

このコーディネートでは、ウールコートにインナーダウンと合わせてモダン系に仕上げています。そこに、SOLIDO(ソリード)らしいきれいなシルエットのパンツを履いています。スウェット感覚で穿けてダウンベストやスニーカーなどのカジュアルなコーディネートにもマッチします。十分品格も感じられますよね!
(SOLIDOの詳しい説明はこちら)

このコートはMONOBI(モノビ)のアイテムとなりますが、リラックスした雰囲気や一体型フードのパーカーを連想させるフォルムによって、ストリート性も備えてオンオフ問わず活躍する中綿コートとなります。ウールに撥水コーティングを施した、質感が内外に冷たくない中綿入りロングコートです。膝位置のたっぷりロング丈でコネクトフードのデザインは、メッシュ裏とキルティングフードの2種類が設置されていて、まさかのダブルフード仕様です。
(MONOBIの詳しい説明はこちら)

サイズ構築は肩幅を調整した、ビッグサイズ設定となっています。ポケットも大きくて、手袋も長財布もスッポリと収まる深さのあるポケットとなります。胸下と腰ポケットは側面寄りに設置していて、袖の中にはウールリブ袖も隠されたダブル袖の意外な重装備仕様も特徴的ですね。


ドレッシースタイルにマッチするコート

ドレッシースタイルにマッチするコート

出典:jedia

最後に紹介するのは、ブラックのタートルネックでシックな印象を持たせたスタイルです。ベージュのチェスターコートにブラックのタートルはしっくりと来ますよね。ブラックのタートルはヘビーローテーションしやすく1枚持ってると助かるシーンが多いです。コートがブラックで合わせてもモードな印象になりますよ。ボトムスには、センタープリーツの入ったジャージ素材のスラックスできれいめコーデにも少しのラフさを持たせています。

こちらはLuigi Bianchi Mantova(ルイジ・ビアンキ・マントヴァ)の2つボタンシングルコートです。カシミヤ混細番手のウールを使用したフランネル素材を使用して、肌触りが徹底的に優しくて感動するファブリックです。クラシックかつ美しい仕様に心が揺れる仕上がりとなっていますが、背抜き仕様で柔らかでライトさを追求しています。イタリア屈指の 生地ブランドメーカーであるラニフィーチョ・ルイージ・コロンボ社製のファブリックは、イタリアのピエモンテ州で作り出される最高級天然生地メーカーです。さらに、THERMO eco hydro tech というドライで暖かい着心地を保証する新しい技術を加えています。シンプルで安心のデザインは、フラップ付きのアウトポケットと大き目の襟が印象的ですね。

柔らかカラーのベージュが美しいカラーで、圧倒的に柔らかな肌触りをお楽しみいただけるコートとなります。

最後に

いかがでしたでしょうか?コートはアウターとしてとにかく目立つアイテムとなります。インナーももちろん重要ですが、アウタ一だけで大きく印象が左右されることになるので、よりシンプルでスタイリッシュに着こなせるアイテムをチョイスして、大人の品格をアピールしてみませんか?

Pocket
LINEで送る