この冬におすすめ!大人が着ても恥ずかしくない革ジャン特集!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

冬に特に需要が高まるアイテムの一つとして、革ジャンがあります。革ジャンは、上品なレザーを使用していてエレガンスな印象を与えることができる反面、ライダースジャケットのように若干やんちゃ感があって子供っぽさも印象付けるアイテムがあるのも事実です。よって、革製品であっても一概に大人をアピールできるわけではありません。

もちろん、革ジャンの中にはラグジュアリーで大人の雰囲気に溢れた名品がたくさんあります。また、着こなし一つでも印象を大きく変化させることができる点も、革ジャンの魅力の一つとなっています。使用している素材から、どうしても高級志向のあるアイテムですが、ファッショニスタを目指すなら積極的に取り入れたいものです。

そこで今回は、革ジャンをうまくコーディネートに取り入れているコーデ例と供に、おすすめの革ジャンを紹介します。

革ジャンでワンランク上のファッションを楽しむ!

優しさに溢れたレザーコーデ!

優しさに溢れたレザーコーデ!

出典:オクテット

このコーディネートでは、シックに落ち着きと男らしさを表現したスタイルとなっています。MUSHER(マーシャー)のライダースジャケットは男らしさを表現してくれますので、インナーを優しさ感じるローゲージにニットで印象を柔らかを取り入れています。また、REPLAY(リプレイ)のデニムパンツはスチームに特別な酵素を加え吹きかける特殊な加工で色落ちさせいて、従来の洗い加工より8割も水の使用を軽減させナチュラルな仕上がりとなっています。足元にはレザーのブーツでかっこよさを増していますね。
(MUSHERの詳しい説明はこちら)
(REPLAYの詳しい説明はこちら)

この革ジャンは、ハードなイメージの強いライダースジャケットに対して気品を足しやすくドレスアップが楽しめる点が最大の強みです。エレガンスというテイストをプラスして、大人の着こなしにちょっとだけ野性味を加えているのが特徴です。見頃に余裕があって、インナーにローゲージニットや厚手のスウェットも余裕で着用することが可能です。スタジアムジャンバーを元にしたレザーブルゾン型であり、柔らかなムートン襟も印象的です。お好みで取り外しが可能で、付けたままチンフラップで襟を上にアップさせればマフラーも不要で着こなしできます。

マテリアルは、断熱効果が高いシープ革を使用しています。とても柔らかくて、真冬でも着用時に革が硬くて冷たいというような心配はありません。


明るさをもたらしてくれるカラーリング!

明るさをもたらしてくれるカラーリング!

出典:オクテット

このコーディネートでは、MUSHER(マーシャー)のベージュの優しい色味のレザージャケットは暗くなりがちな秋冬コーデに明るさをもたらしています。そのイメージをより際立たせるために、ブラックコーデでまとめて、レザージャケットをメインとしてかっこよくスタイルを締めています。GRAN SASSO(グランサッソ)のインナーもスタイリッシュでかっこいいですね。
(GRAN SASSOの詳しい説明はこちら)

このレザージャケットは全くといって良いほど硬くなく、体を縛られてる感じがしないので革ジャンのイメージが一新すること間違いありません。使われているシープレザーは、断熱効果が高い革ですし、艶を消したマットカラーが渋みを与えています。うねりの隙間に擦れた微光沢をミックスして、ベージュの色ムラをハンドフィニッシュによって1着毎に施していて、個性があり不完全さと美学を結びつけています。革ジャケットのハードなイメージを捨て去って、ライダースなのにニットやスウェットと同クラスの円やかさをアピールできます。

胸、腰のポケットはジップタイプで、平たく薄いスタイダーを持ち合わせており、アクセサリーのような造形美術が得意とするイタリア L.G社製のジップを採用しています。滑らかなレザーの質感にマッチしており、ゴツすぎない中で主張しすぎず、動きもスムーズな点が評価できます。

初の革ジャンにもってこい!

初の革ジャンにもってこい!

出典:オクテット

革ジャンを初めて買おうと思っている方に特におすすめしたいのが、このMUSHER(マーシャー)のアイテムです。どうしても強めなイメージが定着してしまっているのですが、このアイテムは上品に大人の着こなしになるようにコーディネートしています。強いイメージが付きまとうレザーは、デザインのあるデニムやカットソーは避けて、できるだけシンプルに着こなすのがおすすめです。特に、スラックス系のイージーパンツで合わせ、上品なスニーカーで合わせてあげる事で誰でも気軽に着こなしできます。

このブラックレザーブルゾンは、ジャケットコートのように気軽に着こなしできる点が魅力的です。ハードな印象を和らげている、耽美さが光っていますね。全体的にスッキリしたデザインとなっていて、どんなスタイルにも合わせやすいのが良いですね。胸ポケットにもちょっとした小物を収納できますし、デザイン的に良いアクセントとなっています。

幅広いシーズンで身につけることができる、愛着を持てるアイテムとしておすすめです。

メリハリを持たせたコーディネート!

メリハリを持たせたコーディネート!

出典:オクテット

こちらは、HERNO(ヘルノ)の軽やかなミドルアウターを中心としたコーディネートです。春らしく優しい肌触りで、上品見えするアイテムは、多方面から大注目の1着となっています。ヴィンテージ感ある魅力的なカラーは、肌触りだけでなく視覚からも優しさが伝わってきます。スラックスに合わせたきれいめスタイルでブラウンカラーで纏めて、インナーにブラックカラーと濁りやすいブラウンカラーでメリハリをつけています。
(HERNOの詳しい説明はこちら)

この革ジャンはやぎ革スエード仕立ての一枚仕立てで構成されていて、裏面にはカット地とのダブルフェイスとなっています。ボンディング仕様であり、
レザーでありながら薄くてカジュアルでアクティブな印象を作り出しています。スリムフィットとなるので厚手のトップスも厳禁となりますので、自ずと季節感をあらわにしたスタイリングを楽しめます。手入れについては、日常では牛革の場合とほとんど変わりなく汚れは柔らかい布で拭き取る程度で良いのもうれしいですね。

スタイル的な特徴は衿元で、スタジャンのようにゴムリブでこそないものの、似た様な形状で縁取りしてピタッとした美スリムフィットを形成しています。袖口と裾の一部は厚みのあるコットンリブにて、ボディにフィットさせることができますよ。


絶妙なサイズが魅力のレザーブルゾン!

絶妙なサイズが魅力のレザーブルゾン!

出典:jedia

レザーブルゾンは、メインとしてライダーススタイルのアイテムが多いこともあって着丈が短いものが多いです。その中で、このVALSTAR(バルスター)のブルゾンは絶妙なサイズとなっていて、すっきり見せることができます。Coroglio by Entre Amis(コロリオ バイ アントレアミ)のタートルネックニットとの相性も良く、エレガントさをアピールできています。そこに、Entre Amis(アントレ・アミ)のダメージデニムで程よくやんちゃ感も取り入れています。

この革ジャンは、上質なゴートスエードとリブ部分にはウールを採用しています。VALSTAR(バルスター)に採用しているゴートスエードについては、一般的に使用されるカウスエードよりも毛並みが短くて水分を含んでいるかのようにしっとり感があります。スタンドカラーブルゾンとなっていて、スリムフィットの仕上がりで一見するとミリタリー系のアイテムに見えますが、羽織った時のシャープでエレガンスなスタイルは実にかっこいいです。

リブスタンドを採用した美しいシルエットは全体の雰囲気を一気にレベルアップして、大ぶりなボタンにしっかりと編み込まれた裾と袖のリブ使い、個性的なフラップボタンポケットは芸術の域となっています。

最後に

いかがでしたでしょうか?革ジャンはなかなか着こなしにくいであったり、使用するシーンが限られると思われがちですが、今回紹介したようなコーディネートを実践すれば、幅広いシーンで活用できることがご理解いただけたかと思います。長持ちさせやすく、また経年変化も魅力的な革ジャンを上手く取り入れて、ワンランク上の大人ファッションを楽しみましょう。

Pocket
LINEで送る