今流行りのトレンドカラー「レッド」を取り入れた大人メンズコーデ!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

トレンドカラーはその時期によって常に変動する要素のあるものとして知られています。最近では、レッドがトレンドとなっていてうまく取り入れることができるかが重要となっています。レッドは、スポーツファッションや昔の武将の鎧兜などにも使用されていて、主に相手を威嚇するためのものとして活用されてきました。

ビジネスシーンにおいては、レッドのネクタイはパワータイと呼ばれていて、自信や情熱、リーダーシップを印象付ける効果をもたらしてくれます。情熱の赤と言われていますが、まさしくレッドは気持ちを鼓舞するようなイメージで、エネルギッシュさをアピール可能です。また、レッドは見た目も鮮やかということもあってさし色などにも頻繁に用いられています。

そこで今回は、トレンドカラーであるレッドを上手に取り入れた、大人メンズにマッチするコーディネートを紹介していきます。

レッドで差をつける!おしゃれコーディネート術を紹介

インナーにレッドを取り入れる

インナーにレッドを取り入れる

出典:オクテット

いきなりレッドカラーのアウターを着るのは勇気がいる…。そんな場合は、まずは指し色のようにしてインナーにレッドカラーのカットソーを合わせてみてはいかがでしょうか?このコーディネートでは、DSQUARED2(ディースクエアード)のブルゾンのインナーに、同じくDSQUARED2(ディースクエアード)のレッドカラーのニットをチョイスしています。ボトムスにはダメージジーンズを履いてやんちゃなイメージを強調しており、きれいめになり過ぎないようにコーディネートしていますね。
(DSQUARED2の詳しい説明はこちら)

このニットは、極細番手のウールを用いたイタリア製クルーネックセーターとなります。胸元中央に、小さく織り上げられたブランドネーム模様編みのみで構成されていてシンプルですが破壊力・絶大な1着に仕上がっています。タイトフィットな構築ですが、ニット編みにて伸縮して中にカットソーやデニムシャツなど重ね着も楽しめます。また、見たままの高級感を持つウールの質感を、直に肌で楽しめます。薄手ニットですが、透け感がないのも良いですね。

カラーはワインレッドやボルドーと呼ばれるダークな赤み系の色で、和色名ですと桑の実色などとも表現できます。独特なヴィンテージ感溢れるカラーリングが渋いですね。


指し色アウターという方法もあり

指し色アウターという方法もあり

出典:オクテット

こちらは、暗くなりがちな秋冬のコーディネートに華やかさをもたらしている、鮮やかなアウターコーデとなります。REPLAY(リプレイ)のアウターは、上品なボルドー色でインナーとスニーカーを揃えて、挿し色でアウターを派手さあるレッドカラーで主張しています。カジュアルコーデやスポカジコーデの日におすすめの、デニムをストレッチ素材でお出掛けの日にもラフさも演出することができます。子供っぽくならない着こなしとして、出来る限りシンプルに色の統一しているのが良いですね。

このアウターは、中綿パッドで頼もしさを浮かべたフォルムとなっています。首元をスッキリと見せられるスタンドネックであり、ミリタリーやアウトドアウェア要素を備えていて襟にはフードを収納することができます。フロントはジップとマジックテープ留めとの比翼フロントデザインで、ダブルジップのフロントを開けると実はもう1枚冷気を完全シャットダウンするフロントがあります。首を覆い隠しながらも、前フロントでチラリと開ける事ができる技ありアウターとなります。

ポケットは上からも横からも収納でき、細身のパンツとのシルエットバランスも最高の相性を示します。ボリューム感を巧みさで調整して、カラーリングはイタリア的なビビットすぎず暗すぎないレッドカラーですので、色と美シルエットに魅了されるアウターとしておすすめです。

柄物でレッドを取り入れる

柄物でレッドを取り入れる

出典:オクテット

こちらは、存在感のあるシャツジャケットをメインとしたコーディネートのご紹介です。フードが着脱可能な1着なので、雰囲気を変えてお楽しみいただけると思います。ミドルアウターとして、今の時期から活躍してくれるシャツジャケットは秋冬の期間お楽しみいただけます。

今回はシンプルなトップスに、派手さのあるダメージデニムを合わせたカジュアルコーデにしました。足元はシャツジャケットと色を合わせ、黒×赤の王道のカッコイイ組み合わせでストリート系ながら綺麗に見えるカジュアルスタイルにしてみてはいかがでしょうか。

アメカジ風スタイルもかっこいい

アメカジ風スタイルもかっこいい

出典:オクテット

こちらは、存在感のあるシャツジャケットをメインとしたコーディネートです。フードが着脱可能な1着となっていて、雰囲気を変えて楽しめるものとなっています。シンプルなトップスに、派手さのあるダメージデニムを合わせたカジュアルコーデにまとめています。足元はシャツジャケットと色を合わせて、黒×赤の王道のカッコイイ組み合わせでストリート系ながらきれいな雰囲気もあるスタイルがかっこいいですね。

このシャツジャケットは、シャツの形をメインとして中綿キルティング仕様となっています。ミドルアウターとして、長いシーズンで活躍しますし、ちょっと羽織れる厚手のシャツとしてもおすすめです。スウェット素材のフードは取り外しが可能です。また、フランネルシャツとキルティングジャケットの中間である異種アイテムであるの対して、フロントはスポーティーなダブルジップ式となっています。また、大きなリングも引手として装備されています。

胸ポケットのチェック柄の向きや、背面ヨークに付けられた意味深なマークの入った織りタグで、クラシカルなタータンチェック柄シャツがストリートに溶け込みますよ。


時計などの小物で指し色を楽しむ

時計などの小物で指し色を楽しむ

出典:オクテット

こちらは、落ち着きのあるカラーを全体的に纏ってコーデの挿し色として腕時計を赤をチョイスして、アクティブな雰囲気を演出しています。きれいめなジャケパンコーデであり、インナーのみ外したファスナー付きのニットでこなれ感を演出しました。大人の休日デートにはぴったりなコーディネートと言えますね。

この腕時計はAngel Clover(エンジェルクローバー)というブランドの腕時計です。抜群の機能とデザインを評価されている純白の文字盤と、メタリックブルーのケースのカラーリングは海や空といったアクティブで優雅なシチュエーションを連想させます。

また、数ある機能の中でも注目したいのが、3㎜厚の特殊な肉厚ベルトです。表はクロコ型押しのレザーバンドのままですが、着用感と使用感、質感が珍しくレザーベルトの側面と裏面にラバー素材を圧着することによって汗などの水気による劣化の悩みを解決してくれます。湾曲しやすいように切り込みも加わって、腕に柔らかく隙間なくフィットして耐久性を確保し、暑い夏でも蒸れにくく着用できます。

1/20秒単位で測れる高性能クロノグラフを搭載し、秒表示は9時位置のディスクが回転しながら秒を刻むという斬新なデザインが魅力です。見た目だけでなく、精密性も兼ね備えたハイレベルな腕時計としておすすめです。

最後に

いかがでしたでしょうか?レッド一色のアウターもありますが、柄物の方が比較的取り入れやすいことがご理解いただけたかと思います。また、時計などの小物であっても、十分指し色効果をもたらしてくれます。トレンドカラーであるレッドをうまく活用して、大人ファッションを楽しみましょう。

Pocket
LINEで送る