冬の装いには欠かせない!カシミアニットのカジュアルな着こなし方!

出典:zozo

Pocket
LINEで送る

寒さが本格化するこの時期にはニットが欠かせないですよね。ニットの中でも軽くて暖かいということで人気が出ているのがカシミアニットです。

カシミアとはその名の通り、カシミア山羊の毛のことなのですが、実は一頭のヤギから150~200gほどしかとれない貴重なものです。それゆえか、別名「繊維の宝石」とも呼ばれています。カシミアニットの特徴としては高級感のある光沢があり、肌触りが抜群に良いことです。繊維が細くなめらかな素材でできていますので、着心地が抜群な上、肌が弱い方でも安心して着ることができます。また、カシミアは軽く、暖かいので、秋・冬の季節には優れたアイテムです。

今回の記事ではそんな寒い秋・冬にはもってこいの万能アイテムカシミアのなかでも、特に「カシミアニット」に焦点をあて、その着こなし方について、おすすめのコーデスタイルをピックアップしながらご紹介をしていきます。

カシミアニットのカジュアルな着こなし5選

カシミアニットとスリムパンツでスマートな印象を演出!

カシミアニットとスリムパンツでスマートな印象を演出!

出典:zozo

カシミアニットは機能性が高い上に、シンプルなデザインのものが多くかなり使いやすいものです。それゆえに様々な着こなしがとても簡単にできちゃいます。1つめのおすすめの着こなしは、カシミアニット×スリムパンツです。スリムパンツを履くことによって、スマートな印象与えることができます。

このコーデに用意するアイテムは「カシミアニット・シャツ・スリムパンツ・スニーカー」です。シンプルな着こなしですが、かなりオシャレです。これにハットやニット帽をプラスして知的さやカジュアルさをさらに演出するのも良さそうです。中に着るシャツはできるだけ白シャツや無地のシャツなどできるだけシンプルなものを選ぶと良いでしょう。

こちらの着こなしの応用としては、スリムパンツをジョガーパンツやストレッチパンチに変えても自然にカジュアルさを演出できます。自分の好きなアイテムを選んで自分好みのファッションスタイルに仕上げるのも良いです。また、スニーカーをスリッポンなどに変えるのもカジュアルさを少しプラスすることができるので、グッドです。

このようにカシミアニットの良いところとして、どのアイテムを選んでもさりげなく自然に着こなせるのもポイントです。


カシミアニット×テーラードジャケットで究極の格好良さを!

カシミアニット×テーラードジャケットで究極の格好良さを!

出典:jedia

次におすすめの着こなしは、カシミアニット×テーラードジャケットです。ジャケットのなかでもテーラードジャケットをチョイスすることで格好良さを自然に演出することができます。

こちらのコーデに用意するアイテムは「カシミアニット・シャツ・テーラードジャケット・ストレッチパンツ・ブーツ」です。

寒い日にはジャケットを羽織ると思うのですが、普段のジャケットではなく、テーラードジャケットをピックアップすることによって格好良さがグッとあがります。さらにストレッチパンツとブーツを組み合わせることによって、コーデのバランスを自然にとることができます。ブーツはできればロングブーツをチョイスすると格好良さがグッと増すのでおすすめです。初めてのデートや恋人同士のデートなどにも最適なコーデに仕上がります。

こちらの着こなしの応用としては、必要に応じてジレベストなどを中に着こむのがポイントです。また、体格が良い方は、あえてジャケットではダウンコートを羽織るのもおすすめです。

カシミアニットとガウチョパンツで可愛さ印象を演出!

カシミアニットとガウチョパンツで可愛さ印象を演出!

出典:zozo

格好良さの次は可愛さの演出です。カシミアニットとガウチョパンツを組み合わせると可愛さをアピールすることができます。いわゆるロールキャベツ系男子に最適なコーデですね。背の高い男性もこの着こなしをすると、良い意味で可愛いギャップが生まれて女性受けが良くなること間違いなしです。

このコーデに用意するアイテムは「カシミアニット・ノーカラーシャツ・ガウチョパンツ・スリッポン」です。

ポイントはノーカラーシャツで全体のバランスをとることです。靴はスリッポンのような靴がベストです。この着こなしの応用としては、必要に応じて中にベストを着こんでもグッドです。その際チョイスするベストはなるべくジレベストのようなシュッとしたものを選ぶようにしましょう。
また、メガネ好きな方は、丸メガネをチョイスして合わせてみるのもおすすめです。

カシミアニットとダメージデニムでワイルドさを演出

カシミアニットとダメージデニムでワイルドさを演出

出典:zozo

可愛さの次はワイルドさを演出する着こなしです。ダメージデニムと合わせることによって、大人でワイルドな印象を与えることができます。

このコーデに用意するアイテムは「カシミアニット・シャツ・ジャケット・ダメージデニム」です。

アウターはジャケットでもコートでもグッドです。ジャケットならダウンジャケット、コートならチェスターコートがおすすめです。この際に着るカシミアニットの色はできるだけ渋い色、深い色のものを選ぶのが良いでしょう。なぜなら自然にワイルドさを演出できるからです。明るい色をチョイスしてしますと統一性がないファッションになってしまうので注意が必要です。

この着こなしの応用としては、必要に応じてサングラスなどを着用してみましょう。ただし、この着こなしには人によって「合う・合わない」が他のコーデよりも目立つので注意が必要になります。もしこの着こなしがハマればかなり格好良く、ワイルドに決めることができるのでおすすめです。


カシミアニット×スカジャン×スウェットパンツでカジュアルコーデ

カシミアニット×スカジャン×スウェットパンツでカジュアルコーデ

出典:CINQUE CLASSICO

前述したとおり、カシミアニットは基本的にどんなアイテムと組み合わせても自然に格好良くキマるのが特徴です。カシミアニットにスカジャン、スウェットパンツを合わせることでさらにカジュアルな印象を演出することができます。このコーデをサラっと着こなすことができればおしゃれ上級者に近づきます。

このコーデに用意するアイテムは「カシミアニット・スカジャン・スウェットパンツ・スニーカー」です。この着こなしの応用としては、必要に応じてニット帽やサングラスをプラスしてもグッドです。数回目のデートや恋人同士のデートのときなどにサラっと着こなせたら格好良いスタイルです。
ただしあまりにやりすぎてしまうと、柄の悪い人をイメージさせてしまうので注意が必要です。

最後に

いかがだったでしょうか?
今回はカシミアニットを使った着こなしを紹介しました。カシミアニットは簡単におしゃれコーデができる優秀なアイテムなんですが、長持ちさせたいのであれば、注意しないといけない点もあります。
注意すべきこととしては「毛玉つきやすい・強度が弱い・お手入れが難しい」という点です。カシミア素材は毛玉がつきやすくなったりするので、一日着たら風通しの良いところに干すのが良いでしょう。

また、雑に扱ってしまうと簡単に傷んでしまうので、より丁寧に扱うように気をつけましょう。逆をいえば、これさえできればカシミアニットは長く使えますし、どんなアイテムにも合う優秀なアイテムですので、色んなコーデを楽しむことができます。カシミアニットを持っていない方も、持っている方もぜひ今回のファッションコーデを参考にしてみてください。

Pocket
LINEで送る