大人感がグッと高まる!革ブルゾンを羽織って男を格上げ!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

男前に見えるアイテムの一つとして、レザー系トップスがあります。代表格がレザージャケットであり、ワイルドさをアピールするにはもってこいのアイテムですよね。また、レザーは大人っぽさを強調することもできるのですが、なかなか着こなすには勇気がいるものです。そこでおすすめしたいアイテムとして、レザーブルゾンがあります。

ブルゾンであれば、適度にカジュアルさもあるので気軽にコーディネートに取り入れることができます。また、真冬以外でも春先や秋にも十分着こなしできる適度な厚みがあるものが多いのも魅力的です。レザーブルゾンでも、うまく着こなすことで大人っぽさをアピールすることができますので、ぜひこの冬は取り入れて欲しいアイテムです。

今回は、レザーブルゾンを羽織って男前さを強調できるコーディネート例と、おすすめのアイテムを紹介します。

レザーブルゾンでワンランク上の上品さを!

シックさも感じられるコーディネート!

シックさも感じられるコーディネート!

出典:オクテット

最初に紹介するのは、シックに落ち着きと男らしさを表現したコーディネートです。レザーブルゾンによって男らしさを表現していますが、インナーを優しさ感じるローゲージにニットで印象を柔らかくしています。足元にはレザーのブーツでカッコよく絞めているのもかっこいいですね。ブラックのデニムをチョイスしていますが、ほんのりとウォッシュ加工がされているので上品に着こなすこともできます。

このレザーブルゾンはMUSHERのアイテムですが、シングルスタイル・ダブルジップクロージャーにて着衣するシープレザー製のブルゾンとなっていて、ボア襟が付けることができ襟を上げてチンフラップでスタンドネックにも変身する3wayスタイルデザインとなっています。ボア襟を取り外すことができるので、ロングシーズンで活用できます。ハードなイメージの強いライダースジャケットでありますが、気品を足しやすくドレスアップが楽しめるのがMUSHERらしいですね。スタジアムジャンバーを元にしたレザーブルゾン型というのも、着こなしやすさの所以です。
(MUSHERの詳しい説明はこちら)

シープスキンは、とても柔らかく真冬でも着用時に革が硬くて冷たいということはありません。十分にこなれてはおりますが、前を閉じたまま腕をグッと前に出したりするのには、少しだけ突っ張りや抵抗力を感じますが特に気になるレベルではありません。


ブラック以外のレザーブルゾンもおすすめ

ブラック以外のレザーブルゾンもおすすめ

出典:オクテット

レザー系アウターと聞くと、どうしてもブラックを連想しますが、このコーディネートではMUSHERのベージュの優しい色味のレザーブルゾンで暗くなりがちな秋冬コーデを明るくもしています。そして、レザーブルゾン以外はブラック系のアイテムで固めて、よりレザーブルゾンが際立つように工夫されています。

このレザーブルゾンで使われているシープレザーは、断熱効果が高い革となっていて、艶を消したマットカラーになります。うねりの隙間に擦れた微光沢を加えて、ベージュの色ムラはハンドフィニッシュによって 1着毎に個性を持たせています。レザー系のハードなイメージを捨て去ってニットやスウェットと同クラスの円やかさを醸し出しています。革の質感と色が違うだけで、グッと優しい印象になっているのがよいですね。胸、腰のポケットはジップタイプで、平たく薄いスタイダーを持っていてアクセサリーのような造形美術が楽しめます。

レザーブルゾンのハードなイメージを払拭する、着易さを重視したアイテムとしておすすめです。

Gジャン風の着こなしやすいレザーブルゾン

Gジャン風の着こなしやすいレザーブルゾン

出典:JEDIA

こちらは、まるでGジャンのようなデザインが目を引くemmeti×のレザーブルゾンをメインとしています。インナーにはスポーティーさもあるカットソーを着て、ボトムスには明るめのカラーリングが印象的なダメージジーンズを履いてワイルドさも強調しています。ホワイトのスニーカーはValsport(ヴァルスポルト)のアイテムですが、実はレザーブルゾンと同素材のナッパレザーを使用しています。

このレザーブルゾンは、スタイリングでも汎用性が高く、Gジャンにヨーロピアンスタイルのレザーをまとったアイテムです。細身のスリムシルエットはウェストをグッと中に入れることによって、Gジャンでは味わえない色気のある美しいラインを出すことができます。フロントデザインも余計な装飾を排除したシンプルなデザインで、レザーそのものの良さを活かしています。

ライニングはコットン100%で、さらに可動が多くなるアーム部分ににおいてはナイロン×ポリのストレッチ素材を採用しているので、着心地も最適です。

スエードレザーという選択肢も!

スエードレザーという選択肢も!

出典:JEDIA

こちらは、VALSTARというブランドのレザーブルゾンですが、スエード素材なのでかなり明るいカラーリングとなっています。そこに、インナーやパンツにはダークトーンのアイテムをコーディネートして、落ち着きがあるスタイルにまとめています。レザーシューズを素足履きすることで、すっきりした印象を与えているのにも注目ですね。

このレザーブルゾンでは、素材に上質なゴートスエードとリブ部分にはコットンを使用しています。ゴートスエードは、一般的に使用されるカウスエードよりも毛並みが短くて水分を含んでいるかのようなしっとり感があるので、肌に触れてもやさしい印象があります。スタンドカラーブルゾンとなっていて、スリムフィットの仕上がりです。一見するとミリタリー系のアイテムに見えるのですが、羽織った時のシャープでエレガンスなスタイルはまさにイタリアデザインですね。日本人向きのサイズ間となっていて、袖丈をやや短くするなど全体的にコンパクトになりさらに着易くなっています。

リブスタンドを採用した美しいシルエットは全体の雰囲気を押し上げて、大ぶりなボタンにしっかりと編み込まれた裾と袖のリブ使いなどはVALSTARらしい出来栄えです。ライニングを省き、さらに軽快に気負わず羽織れるようになっているので春夏にも活用可能です。


レザー風アイテムもおすすめ!

レザー風アイテムもおすすめ!

出典:オクテット

こちらのコーディネートでは、レザー風フェイスが魅力的なEA7(エ・ア・セッテ)のブルゾンを着てスッキリとした着こなしを実践しています。この生地感こそタイトにシルエットを重視して着こなす事によって、スマートな着こなしとなります。ボトムスでもタイトな1本をセレクトして、足元にはサイドゴアブーツで足元までダークトーンでまとめることでシルエットを重視しています。ボルドーのインナーをアクセントに加えて、秋冬らしく季節感を出しているのが良いですね。

このブルゾンは、ブラックカラーの素材感がヴィンテージ レザーのように迫力のある素材を用いています。それに加えて、袖にはナイロンと中綿キルティングを融合させた 多彩なファブリックを用いたデザインとなっています。レザーブルゾンだけでなくパーカーなど、様々なビジュアルをミックスしていて男らしいボアをデザインしています。表面は、ベロアのように起毛されていて暖かで柔らかな質感となるポリエステル素材となっています特殊カラーですので、クラックが浮かぶなどリアリティを追求しています。ボア素材ですが、この特殊な表面加工にて、防風性を高めています。

袖は中綿ナイロンキルティングとリブ袖で、ボアで膨らみがちになるシルエットを調整してスリムに見立てています。 フォルムは、中に厚手スウェットも着用できる位のレギュラーフィットですので、インナーを充実させたい方はワンサイズ大きめのものをチョイスしても良いでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?レザーブルゾンはブラックだけでなくベージュなどのカラーリングもあって、意外と選択の幅が広くなっています。また、やわらかいレザーを使用することで、動きやすさもキープしたものも多くあります。うまくレザーブルゾンをコーディネートに加えて、大人の男に格上げをしましょう。

Pocket
LINEで送る