イタリア発の色香を放つジレとジャケットが特徴のエルビーエム!

出典:lubiam

Pocket
LINEで送る

イタリアのファッションアイテムを見ていると、発色がきれいなものが多いですよね。また、独自のカラーコーディネート理論が息づいているのも印象的ですが、その中でもエルビーエムはジャケットなどにオリジナリティ溢れるカラーリングを取り入れており人気を博しています。本場イタリアだけでなく、遠い日本にも多くのファンがいるブランドでもありますよね。

おしゃれなアイテムが多いのですが、実はスポーツライン専門であり独特な素材や動きやすさも考えてデザインされています。着やすいのは、ファッションを楽しむ上では重要なファクターとなるわけですが、エルビーエムはそれを実現しているのです。では、エルビーエムとは他にどんな特徴があるブランドなのでしょうか?

今回は、エルビーエムの歴史を紹介するとともに、魅力的なジャケットやジレなどのアイテムについて紹介します。

エルビーエムの発色が良く着やすいジャケットをゲットしよう!

エルビーエムの歴史

エルビーエムの歴史

出典:fashionbeans

エルビーエム(L.B.M.1911)を語る前に、Lubiamという会社に触れぬわけにはいきません。Lubiamは、1911年から続くイタリアで最も古いファクトリーのひとつです。イタリアンラグジュアリーやハイクオリティ、エレガンスを代表するテイラーリングブランドとして君臨するLuigi Bianchi Mantovaにおいて、スポーツラインとしてL.B.M.1911が2006年に誕生しました。歴史と伝統と技術力を背景に生産されるアイテムには、高い評価が集まっています。

伝統的なテイラーリング技術を踏襲したパターンや縫製、そして洗練されたスタイルによって、洋服本来の着ることの楽しさを提案しています。品質の良さと着心地の軽さ、上品さに定評があって、アイコンとしてのラペルピンにも特徴が見られます。原材料の品質、製造の各工程を厳しくチェックするシステムを採用して、品質の高い製品を生み出しています。

厳選された素材を使用して、アンコン仕立てが中心となっていることから、シャツのように軽く着用することができるのも魅力的です。


グリーンのジャケットで季節感を演出!

グリーンのジャケットで季節感を演出!

出典:オクテット

こちらのコーディネートでは、周りと違った一味上品で、目を引く大人コーディネートを実践しています。エルビーエムのグリーンのジャケットをメインとして、コットン×ウールと寒い時期にベストなチョイスとなっています。シンプルなコーディネートに対して、ジレもエルビーエムのアイテムで、ダブルのチェック柄と上品に魅せるポイントとなっています。スラックスだとカチッとなってしまいますので、ヌケ感をホワイトデニムでさわやかさをアピールしています。

このジャケットは細身な構築であり、奥深い赤色織りでアダルトさ満点な大人のための1着です。カラーはブラックとグリーンのミックスであり、ツイード系のほっこりした雰囲気と季節感の香りに独特な生地の質感が、ジャケットの印象を和らげているのが印象的です。ガーメントによる毛羽立ちもあるので、滑らかでもありますね。色の鮮やかさに加えて、軽さを楽しめるマテリアルはロングシーズンで愛用できます。

ラペル幅は8.5cmで、胸元のポケットはクラシコイタリアを彷彿させるバルカポケットとなっています。カッティングの丸みなどセクシーさが特徴のイタリアにおいて、カットや縫製に自信のある技術力のあるファクトリーが好むこちらのディティールを採用しています。皺になりにくく、バッグに収納して気軽に持ち運びできるのもポイントです。

クラシカルなカラーリングのジャケット!

クラシカルなカラーリングのジャケット!

出典:オクテット

こちらは、上品なクラシックジャケットにタートルネックを合わせていて、きれいめなコーディネートに仕上がっています。オレンジブラウントの少し明るいジャケットでありますが、ベロアコットン素材なので季節感が楽しめる着こなしとなります。イタリア的な着こなしとして、スラックスと合わせたコーディネートを楽しんでいます。

このジャケットは、ラグジュアリーさにコストパフォーマンスを追及したスポーツラインからのニットジャケット構築となっています。胸元から肩まわりと、生地が伸縮するので窮屈ではありませんが、かなり細身の類となっています。昨今のトレンドとして、原点回帰ということでクラシカルなテイストが主流となっています。このアイテムも例に漏れず、太めのラペル幅約9.5センチを採用しています。高めのゴージラインとトレンドを意識した、ウエストを程よくシェイプしたスリムシルエットやサイドベンツ仕様も良いですね。

ベロアとオレンジという組み合わせが稀少であり、秋冬のジャケパンスタイルに彩を持たせてくれますよ。フィッティングを日本人向けに採寸してあるのも嬉しいです。

コーデュロイジャケットも欠かせない!

コーデュロイジャケットも欠かせない!

出典:オクテット

秋冬ファッションで欠かせないブラウンをメインとしたコーディネートがこちらです。デザインのないシンプルなエルビーエムのジャケットは、素材や生地を際立たせた粋な着こなしが鉄板です。コーデュロイのジャケットに対して上品なボルドー色のタートルネックがマッチしやすく、きれいな着こなしの中にもこなれ感を演出する事ができています。ジャケットと合わせ、足元はカチッとドレッシーなブラウンのシューズで決めているのが印象的です。

このジャケットは、色みに加えて太めのコーデュロイの畝で渋さ倍増している裏地なしジャケットとなっています。製品染めにより、浅く染まり、あきらかに色が変調しそうな雰囲気を帯びているのですが、きれいめのヴィンテージやレトロさをアクセサリーの様に使える、変化を楽しめる1着です。全てをイタリア製で仕上げる事で、既にある伝統的な技術を生かしてお堅い紳士服にイタリアらしい遊びをミックスしているのが良いですね。

微笑的な淡水的なブラウンカラーで仕上げたアイテムであり、ジャケットに似合うボトムはダークトーンがマッチしそうです。季節感と製品技術の最先端を取り入れて、色気を持たせたジャケットとしてもおすすめです。


大人エレガントなスタイルにマッチするジャケット!

大人エレガントなスタイルにマッチするジャケット!

出典:オクテット

40代から好かれる大人エレガントなコーディネートを実践しているのが、この例です。シルエットを重視したエルビーエムのジャケットをチョイスしていますが、ボルドーカラーが秋冬らしく落ち着きのある色合いなので長く楽しめそうです。こなれ感を表現するために、デニムと合わせたコーディネートとなっています。足元も秋冬にこそ活躍するサイドゴアブーツで、季節感もラフ感を演出しています。

このジャケットは、グレンチェックをぼかしたような淡いプリントパターンを採用しており、ボルドーとグレーがメインとなります。赤みがグレーで中和され、暖かなですがクールな暖色さを演出しています。秋冬専用ジャケットとして、ウールがメインに、皺になりにくく軽い、カビ・害虫に強いアクリルを混紡させています。硬さがないので、ジャケット調カーディガンといった感じのアイテムです。

皺にならないので、鞄に入れやすく小さく畳めますので旅のお供にもおすすめです。胸元から肩まわりと、軽やかに動けて思いっきり手を挙げて、振りかざせられるニットジャケットとなっています。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回は、エルビーエムのジャケットをメインとして紹介をしてきましたが、魅力的なジレも多くラインナップしています。色気ある発色がセクシーな大人の魅力を醸し出し、ニット系素材を使用したジャケットは気軽に着こなすことができます。ジャケットの堅苦しさが嫌な方でも、きっとエルビーエムのアイテムなら気に入ってもらえること間違いないでしょう!

Pocket
LINEで送る