防寒性とデザイン性を兼ね備えたメンズのロング丈ダウン特集!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

数あるダウンジャケットの種類のでも、今流行りのトレンチコートを模したようなロング丈のダウンコートが注目をされつつあります。通常のダウンと比べてロング丈の場合は、カジュアル以外のビジネスシーンでも使用できるものが多いのでより幅広い場面で活用することができます。

また、ロング丈ダウンの場合は軽量なアイテムが多いです。一般的にサイズが大きくなればなるほど重量が気になってしまいますが、軽量さをキープしながらも快適に着こなすことができるので一度着るとその魅力を実感することができます。防寒性という観点からも、膝下まで暖かさをキープできるので、真冬に絶対取り入れたいアイテムです!

今回は、防寒性×デザイン性を両立させたロング丈のダウンを取り入れたおしゃれコーディネートを紹介します。

ロング丈コートでおしゃれに冬ファッションを楽しむ!

エレガントさが光るコーデ!

エレガントさが光るコーデ!

出典:zozo

最初に紹介するのは、MOORERのダウンコートをメインとしたコーディネートです。絶妙な着丈のコートに対し、インナーにはホワイトのカットソーを合わせてカジュアルな中にもエレガントさが光るスタイルにまとまっています。パンツはリラックス感があるアイテムを合わせてちょっとしたお出かけにも最適なファッションです。

このコートは、MOORERの定番モデルであるSIRO(シロ)をベースとして、着丈を長くしたMORRIS(モーリス)というモデルです。上品な光沢を放ちスマートなシルエット、そして襟部分にあしらわれたラビットファーがラグジュアリーな雰囲気を醸し出しています。高品質のダウンを用いることによって、軽快な着心地と高い保温性を実現しています。また、浅い合わせのダブルブレスト仕様で、両胸に配されたハンドウォーマーや腰位置に配されたフラップポケットがあり、実用性も高くなっています。

上品なスタイルとなっているので、カジュアルだけでなくビジネスシーンでも是非取り入れたい逸品です。


嫌味がない光沢がかっこいい!

嫌味がない光沢がかっこいい!

出典:zozo

こちらは、PEUTEREY(ピューテリー)のベルテッドコートを用いたコーディネートです。ぱっと目を引くのが光沢ですが、決して嫌味がなく上品さが際立っています。インナーにはトレーナーを着込んでスポーティー差を取り入れて、ボトムスにはブラックのパンツを履いて全体的にモノトーンに仕上げて落ち着きが感じられます。
(PEUTEREYの詳しい説明はこちら)

このコートは、PEUTEREY(ピューテリー)の中でも定番モデルである、日本別注のHURRICANEというアイテムです。ベルテッド仕様となっていますが、ベルト仕様はPEUTEREY(ピューテリー)の得意とするところです。アウトドアブランドなどがよく使用しているリップストップナイロンを使用していますが、生地に格子状にナイロン繊維が縫い込こまれた生地でナイロン繊維は強度や摩耗に非常に強いので、混紡された生地の強度が格段に向上します。また、それと同時に軽量化も図っています。

ファー部分にはラビット素材を使用しているので、体だけでなく首元にも暖かさをもたらしてくれます。

スタイリッシュなロングコート!

スタイリッシュなロングコート!

出典:jedia

このコーディネートでは、fusalp(フザルプ)のロングコートをメインとしています。Entre Amis(アントレ・アミ)のパンツはビジネスシーンでも違和感なく着用でき、DOUCAL’S(デュカルス)のドレスシューズはスタイリッシュでとてもおしゃれです。そこに、グッドルッキングなダウンコートでよりかっこよさを引き立てています。

fusalp(フザルプ)は世界最高峰のスキーウェアブランドとして知られていますが、スタイリッシュなダウンコートも得意としています。スタイリングは膝上丈でバランスが良く、スタイリッシュに着こなせるフーデッドダウンとなっています。シャープなスタイリングとマットな質感の上質な素材が際立ちます。伝統的なブランドアイコンは左腕にさり気なく取り付けられているのも目立ちます。日本人にも最適にフィットしたサイズとなっているのも良いですね。

高性能のストレッチソフトシェルを採用しており、ジャストフィットでも伸縮性も抜群です。お洒落と着やすさのバランスが両立できるダウンコートです。

裏地がダウンキルティングで温かい!

裏地がダウンキルティングで温かい!

出典:オクテット

こちらのコーディネートでは、HERNO(ヘルノ)のトレンチコートを着て、インナーにはGIANNETTO(ジャンネット)のホワイトシャツとジレを合わせてビジネスシーンでも映えるスタイルにまとめています。パンツにはBRIGLIA 1949(ブリリア)のトラベラーパンツを履いていて、リラックスした履きこなしを実践しています。スリムテーパードなデザインで履いているだけでも様になっています!
(HERNOの詳しい説明はこちら)
(GIANNETTOの詳しい説明はこちら)
(BRIGLIA 1949の詳しい説明はこちら)

このコートは、裏地がダウンキルティング仕様となっていて、巧く膨らみを調整させているやや厚手で重たさを加えたコットンクロスです。ギャバとは異なり、織り目も細かくピーチスキンの様なマットな質感があります。レインコレクションであり、撥水性があってあきらかなゴム引きコーティング等とは異なり、極ナチュナルなコットンクロスらしさを楽しめます。スーツの上からも着用しやすいレギュラーフィット系のサイズで余分な余裕は排除し、あくまでもスマートである事に重点を置いています。

ダブルのトレンチコートデザインは、エポーレットやガンパッチに肩のアンブレラヨークなどと正統派トレンチコートのディテールを踏襲しています。ベルテッド仕様ですので、ベルトの締め具合によって様々なスタイルを楽しめます。


中にダウンを着込んだかのようなコート!

中にダウンを着込んだかのようなコート!

出典:オクテット

最後に紹介するのは、一見するとチェスターコートに見えるのですが、インナーにはダウンジャケットをレイヤードした面白いデザインのコートを取り入れたコーディネートです。美シルエットのtramarossa(トラマロッサ)のデニムはジャケットやコートとの相性も良く上品をも醸し出していますね。トレンドのチェック柄のバッグでシンプルなスタイルを華やかに見せたりと、シンプルな中にも光る個性が感じられます。
(tramarossaの詳しい説明はこちら)

このコートはHERNO(ヘルノ)のアイテムで、暖かなタッチやメルトンウールをメインに仕立てたロングコートです。チェスターコートデザインは、オンシーンになくてはならないものになっていますが、もう一少し温かさが欲しいと考えている方におすすめで、裏面にはびっしりと中綿キルティングを配したコンビネ―ションコートはダウンベストを重ね着しているように見せることができます。日常、必要のないシーンでは取り外すこともできるので、幅広いシーンで使用できます。

打ち込みの強いヘビーさも微量感じるメルトンウールに、ウール地の温もりを掲げた柔らかなベージュカラーが目立ち、カジュアルな着こなしを楽しめます。

最後に

いかがでしたでしょうか?ロング丈ダウンは、スタイリッシュなデザインで着ているだけでもおしゃれに見せることができます。また、軽量ですが防寒性もしっかりと確保されたアイテムですので、今冬のお出かけにぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

Pocket
LINEで送る