今季はベルテッドコートで大人の男の色気とエレガンスさをアピール!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

最近は寒さが本格的になり、コートが欠かせない季節となってきました。暖かいコートを着て出かけると、億劫になりがちな外出もどこか楽しくなるものですが、今シーズントレンドとなりつつあるコートが「ベルテッドコート」です。ベルテッドコートとは、その名の通り腰回りにベルトが付いたコートのことをいいます。

ベルトを締めることで、ウェストがキュッと締まってスタイリッシュな着こなしが可能となりますし、ドレープを生み出して独特のシルエットを演出することができます。また、ベルトの結び方を工夫することでさり気なくオシャレ感を演出できますし、ベルトを締めずにだらんと垂らすというスタイルも人気のアイテムです。

今回は、自由な着こなしで男の色気とエレガンスさをアピールできる、今シーズンのトレンドのベルテッドコートを用いたコーディネートとおすすめのアイテムを紹介します。

ベルテッドコートで自由な着こなしを楽しむ!

ミリタリーテイストもあるコート!

ミリタリーテイストもあるコート!

出典:オクテット

最初に紹介するのが、若干ミリタリーテイストが入っていて、お酒の席などの自由な服装で参加したい際におすすめのASPESI(アスペジ)のコートをメインとしたコーディネートです。ゆるりとヌケ感を演出しつつも、インナーの生地の柔らかさは地肌に優しくてシルエット的にもタイト過ぎずゆったりとし過ぎないニットがかっこいいですね。全部をグレー系統で揃えるとぼやけてしまいますので、ぐっとインナーで締めることでおしゃれ度が増しています。スニーカーでアクティブさも取り入れているのも良いですね。
(ASPESIの詳しい説明はこちら)

このコートは、M-50フィールドジャケットという名前で知られているライナー付きのダブルブレストのオーバーコートです。しっかりと作り込まれており、各部のディティールは省略されることなく再現されています。細部のパーツ類に至るまでこだわり抜かれているので、タウンユースに最適なバランスに調整されています。フィッティングはスリムさを演じるレギュラーフィッティングで、アームホールやボディーラインは広すぎず程よいサイズ感です。

艶消しされた重厚感溢れるコットンギャバジン製の表地は、ストーンウォッシュ加工されたコットンでリアルなヴィンテージさをカーキ色で表現していますので、オフシーンを中心に取り入れたいコートです。


ビシッとキメたい時に最適なコート!

ビシッとキメたい時に最適なコート!

出典:オクテット

こちらは、大人の休日デートで取り入れたいコーディネートです。HERNO(ヘルノ)のベルテッドコートにラフ感もでるタートルネックを爽やかなホワイトカラーでコーデに纏まりを出しています。ボトムスはベージュカラーのスラックスで上品さもプラスして、足元の艶感あるチロリアンシューズでより大人っぽさを強調しています。
(HERNOの詳しい説明はこちら)

このコートは、HERNO Laminar(ヘルノ ラミナー)シリーズの1着で、レインコートがブランドの根底にあるだけに確かな撥水の技術力を現代のモデルに昇華しています。マットで高級感のある素材を使用しており、撥水はもちろんのこと傷や汚れ、シワにも強い長年寄り添う相棒としては相応しいスペックを持ち合わせています。フードも着脱可能で、その重厚で気品溢れる見た目とは裏腹に、アイテム自体は軽くて重ね着も軽やかに仕上げてくれます。見た目は薄着でいて、しっかり防寒してくれるのも良いですね。

ベルトを使ってクラシカルな王道トレンチスタイルから、ダウンコートとして本気の実力を発揮することができます。ビジネスシーンの通勤や休日のオフシーンなどのマルチな着こなしが可能です。

Iラインを活かせるコート!

Iラインを活かせるコート!

出典:オクテット

このスタイルでは、MACKINTOSH(マッキントッシュ)のIラインがカッコよくキマるトレンチコートを着ています。ジャケスラスタイルにもバッチリハマっていますよね。Luigi Bianchi Mantova(ルイジ・ビアンキ・マントヴァ)のストライプスーツとの相性もばっちりで、スタイルの良さが感じられます。
(MACKINTOSHの詳しい説明はこちら)

このコートは、エポーレット・ストームフラップは省いているのですが、襟元を閉じれるスロートラッチは着脱仕様で装備できます。首下にはU字型フックも装備されており、首周りの防風性も完璧です。表地表面にレインシステム撥水加工が施されており、水を弾きやすく裏側には透湿及び防風機能を備えたシート状の樹脂がラミネートされています。高性能であるのに対し、ウールはメランジ感と独特の綾目が特徴敵で大人の表情を醸し出しています。

ネイビーの凛々しい色合いは秋冬に映えますし、どんなスタイルにも合わせやすいのも特徴のコートです。

クラシカルなチェックコート!

クラシカルなチェックコート!

出典:jedia

こちらのコーディネートでは、最近のトレンドであるクラシカル回帰を地で行くチェック柄のコートをメインとしています。そこに、SCAGLIONE(スカリオーネ)のニットをインナーに合わせて、ボトムスにはSOLIDO(ソリード)らしいスポーティーなパンツを履いてハズシの養素を取り入れています。ソックスも独特なアイテムを取り入れて、かなり攻めたコーティネートですね。
(SOLIDOの詳しい説明はこちら)

このコートはタリアトーレというブランドのアイテムで、ベーシックなスタイルのシングルコートとなっていますが、英国調を代表するグレンチェック柄を採用しています。一見、上質ウールのコートに見えるのですが、素材には進化したウォータープルーフウールを採用していることもあって、シーズンのレインやスノーコートとして高い性能を発揮します。丈感もやや長めに設定されたレングスとなっていて、トレンドを強く意識した。細身のスマートシルエットを実現できます。

ライニングにはキュプラを使用しており、その滑りの良い着心地はシーズンのニットスタイル、ジャケットスタイルなどに合わせてもノンストレスで楽しめます。


ロングコートもスタイリッシュに着こなす!

ロングコートもスタイリッシュに着こなす!

出典:zozo

最後に紹介するのが、Paul Smithの超ロング丈のベルテッドコートを取り入れたスタイルです。ただ、長いだけでなくサイズ感もゆったりしているのですが、ベルテッドコートの場合はベルトで調整することができるのが便利ですよね。インナーにはビビッドなタートルネックを合わせ、またパンツにはデニムを取り入れてカジュアルさも取り入れています。

このコートは、起毛感を抑えた綾柄のウールメルトンを使用しているスタンドカラーのベルテッドコートとなります。ソリッドで重厚な素材感があり、Paul Smithらしいすっきりとしたシルエットが印象に残ります。ミリタリーテイストのデザインをオーバーサイジングにしたモダンなシルエットによって、素材をより一層際立たせコーディネートを華やかに演出することができます。

インテリアに施した美しいグリーンのライニングも良いアクセントとなっています。比較的首元が開き気味なので、このコーティネートのようにタートルネックなどのボリューム感あるアイテムを取り入れると良いでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?ベルテッドコートは、着こなし方によって様々なスタイルを楽しむことができるのが魅力となっています。オンオフ両方で活用できるので、オンシーンではエレガンスさを、オフシーンでは大人の色気をアピールしたスタイルにチャレンジしましょう!

Pocket
LINEで送る