冬に暖かく存在感をアピール!ボアジャケットメンズコーデ特集!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

冬のアウター類は数多くありますが、特に実際に温かみを感じることができるのがボアジャケットです。ボアジャケットのボアは主に首元に使用されていることが多いのですが、首を暖めることによって寒い日でも快適にお出かけをすることができます。

また、ボア特有のモコモコとした素材によって、季節感のあるおしゃれな着こなしができるのもボアジャケットの魅力となります。ボアジャケットの種類は、大きく全体的にボアを使用しているものと部分使いしているものに分けられますが、どんなスタイルを表現できるのか気になるところです。

今回は、暖かいボアジャケットで存在感をアピールできる冬のコーディネートを紹介していきます。

ボアジャケットでより暖かく冬ファッションを楽しむ!

大人上品なボアジャケット!

大人上品なボアジャケット!

出典:オクテット

最初に紹介するのは、上品さが感じられるボアジャケットを用いたスタイルです。DSQUARED2(ディースクエアード)のテーマである雪山に挑むロックスターを体現したボアジャケットを用いて、アウトドアシーンを意識したコーディネートにまとめています。秋冬らしく上品なワインレッドのニットを合わせて、ボトムスはコーデュロイのブラックカラーでメリハリをもたせています。ボアジャケットは袖まくりすると、レッドのキルティングがチラリと見えてまた違った雰囲気をアピールできます。
(DSQUARED2の詳しい解説はこちら)

このボアジャケットは、ざっくりと大きめなビッグサイズで構築されています。毛が付いたままの羊の皮を裏返しにして作られているように見受けられ、裏地にボアを張った仕様が特徴です。細かい畝の織りが見られるコーデュロイをベースとしており、 裏側は全体がモコモコとしていて文句なしに暖かいアイテムです!袖のみ、ポリエステル綿のキルティングとなっている点にも注目です。

ボタンフロントの第二ボタン近くには、DSQUARED2(ディースクエアード)のアイコンである赤耳タグをつけています。 ニュアンスカラーで軽やかにまとめた、アーシーなベージュ色は薄青ジーンズのコーディネートをワークスタイルを華やかに彩ります。


アウトドアにももってこい!

アウトドアにももってこい!

出典:Tokyo Motoris

こちらは、Max Fritz(マックスフリッツ)のライダース風ボアジャケットをビシッと着込んでいます。ボトムスには、Tokyo Motorist(トーキョー・モータリスト)というブランドのカモフラージュ柄のパンツを合わせて、ライダーススタイルでまとめています。このままアウトドアも楽しめるほどの防寒性とアクティブな印象を与えています。ブーツも無骨でイメージにマッチするものを取り入れています。

このボアジャケットは、身頃にはイギリス産ウールを使用して、アーム部分にはドビーナイロンを取り入れてキルティングに仕立てています。この2つの表地の下には透湿や防水、防風フィルムを当てて、中綿を封入して裏地でサンドイッチしています。Max Fritz(マックスフリッツ)が得意とする4重構造として、機能性については全く心配することはありません。スタンドカラーの襟部分には肌から排出される水分に反応する発熱ボアを採用して、柔らかな肌触りも相まって着心地も最高です。

中綿のボリュームを適度に抑えており、すっきりとしたサイズ感を実現しているので、インナーブルゾンとしての役割も担ってくれる万能アイテムです。

レトロさも感じさせるジャケット

レトロさも感じさせるジャケット

出典:TOKYO WHEELS

こちらのコーディネートでは、narifuri(ナリフリ)の定番と言えるボアジャケットをチョイスしています。インナーには、あえて襟付きのシャツを合わせてきちっとした印象を与えつつ、ボトムスにはカーゴパンツを履いてアクティブさを取り入れています。スニーカーも落ち着いたトーンで大人の雰囲気を醸し出しています。

このアウターは、ボンバージャケットにちょっとレトロな雰囲気を漂わせるようにボアフリースを使用したモデルです。ミリタリーアイテムからインスパイアされたデザインを取り入れて、ふわっとしてた肌触りと抜群の保温性を兼ね備えた、裏起毛のボアフリースを使用しています。保温性があるとムレやオーバーヒートが気になりますが、裏地にはメッシュライニングを施してベンチレーションポケットも搭載しているので通気性も抜群です。

シャツやパーカーとの相性もバッチリで、固定されがちな秋冬のコーディネートの幅を広げることができますよ。

適度なゆるさを取り入れたコーディネート!

適度なゆるさを取り入れたコーディネート!

出典:zozo

このコーディネートでは、Paul Smithのムートンを使用した贅沢なジャケットをチョイスしています。厚みがあるのですが、体にフィットしてすっきりした印象を与えています。そこに、少しサイズ的に余裕のあるパンツを合わせて、ブーツインすることで適度なハズシの要素を取り入れているのがポイント。
(Paul Smithの詳しい解説はこちら)

このジャケットは、ソフトなシャーリングカラーと裏地付きのスエードシープスキンを用いてデザインされているアイテムです。B6タイプのミリタリーブルゾンをベースとして、大胆に施したビッグジッププルやテープ使いが目を引きます。ボリュームを抑えているボアは、快適な保温性に加えてシンプルなコーディネイトにも程良いアクセントを与える効果を発揮します。

ジップがしっかりしており、ラグジュアリー感もあるデザインでよりこのジャケットの魅力を引き立てています。とても寒い日でも快適にお出かけできるジャケットとして活躍することでしょう。


ボアを全面に押し出したジャケット!

ボアを全面に押し出したジャケット!

出典:zozo

最後に紹介するのが、ボアを全面に押し出したCHORD NUMBER EIGHTのボアジャケットを用いたコーディネートです。かなり細身のダメージジーンズを合わせていますが、ジャケット同様にダークトーンで重厚なイメージがあります。そこに、明るめのカラーリングが印象的なシューズを履いて、またベルトにラフなデザインを取り入れたものを使用して、ちょっとやんちゃなイメージも表現しています。

このジャケットは、無骨なミリタリージャケットに対して、ラグジュアリーな気品を注ぎ込んだアイテムとなります。包み込むボアと共に、丸みを帯びたバルーンシルエットに仕上げられていて柔らかい気品を感じられます。見た目は暖かいボアにはハリやコシがあり、防風性と保温性にも優れていることもあるので、機能的にも十分な防寒アウターとして活躍ができるでしょう。

ドローコードの調整によってシルエットアレンジも自在ですし、素材感のコントラストが際立つレイヤードスタイルも楽しめますよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?ボアジャケットは、どちらかと言えばカジュアル寄りなイメージがありますが、カラーリングやデザイン次第ではオンスタイルでも使用できるアイテムもあります。寒い冬に存在感をアピールできるボアジャケットで、快適に冬のファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Pocket
LINEで送る