この冬はチルデンニットでひと味違う着こなしとおしゃれ感をアップ!

出典:ravelry

Pocket
LINEで送る

寒い日に欠かせないファッションアイテムと言えばニットです。ニットは保温性が高く、ファッション性も高いので多くのシーンで取り入れられています。デザインとしては、シンプルな単色のものもあれば柄が入っていてカジュアルな雰囲気があるものもあります。柄にもいくつかパターンが有るのですが、今シーズン注目したいのがチルデンニットです。

チルデンニットとは、Vネックの襟元や裾などに紺や赤の1本もしくは数本のストライプ柄が施されている白地のケーブルニットのことを指します。アメリカのテニスプレイヤーであるウィリアム・チルデンさんが身に付けていたことで命名されたニットで、他にもテニスニットやクリケットニットとも呼ばれています。トラッド感とスポーティーさをアピールしやすいアイテムであり、またファッション性を重視したVの開きの大き目なデザインによって小顔効果も期待できます。

そこで今回は、チルデンニットをうまく取り入れているコーディネートを紹介します。

大きめのVネックでシャツと合わせる!

アウトオブオーダーの歴史

アウトオブオーダーの歴史

出典:zozo

最初に紹介するのは、オーバーサイズであり大きなVネックも印象に残るチルデンニットを用いたコーディネートです。ニットの上にはベイクドカラーのブルゾンを着て、ボトムスにはフォーマルなイメージのあるパンツとレザーシューズで、だらしなさは皆無でおしゃれを楽しんでいるのが良いですね。

このチルデンニットは、カシミヤ混の上質な肌触りを楽しむことができます。ニットは、素材によってチクチクとした感触があって素肌に身に着けるには向いていないものが青いのですが、カシミヤであればその心配はご無用です。程よいゆとりのリラックスフィットで仕上げており、襟ぐりは深めのVネックによって、カットソーやシャツと重ね着しやすくなっています。襟や裾リブには立体感のあるモール糸を使用して、チルデンらしいスクール感もあります。

身頃は日本風の市松模様を編地で表現しており、ニット自体にデザイン性が高いのでシンプルなシャツやアウターとも合わせやすくなっています。


派手なVネック演出がかっこいい!

派手なVネック演出がかっこいい!

出典:zozo

こちらのコーディネートでは、glambのデールチルデンニットをトップスに取り入れています。大きなVの演出が目を引き、とても目立つアイテムです。そこに、チェック柄のようなデザインとなっているパンツを履き、渋みのあるシューズで秋冬らしい落ち着きが感じられるスタイルにまとめています。もこもこな素材で作られた帽子でカジュアルさもアピールしている点にも注目です。

このチルデンニットは、チルデンの特徴となるVネックや袖口のライン使いにおいて、太目のラインを際立たせることによってグラフィカルな面持ちとなっています。肉厚に仕上げられていますが、豊かな起毛が特徴となるキャメルウール混の素材を用いてアクティブなルックスでありつつも上品さもあります。ビッグシルエットとなっているので、パーカーをインナーにしたレイヤードスタイルも楽しめます。

保温性が高いので、このチルデンニット一枚でも寒さしのぎをすることができます。休日にちょっとしたお出かけに是非取り入れたいアイテムです。

オーバーサイズとは一線を画するサイズ感!

オーバーサイズとは一線を画するサイズ感!

出典:zozo

こちらでは、SHIPSの落ち着きのあるカラーリングが印象的なチルデンニットを着ています。サイズ的には着丈が若干短く見えますが、多少ゆとりを加えたシルエットとなっていて大人っぽさをアピールしています。パンツにもダークトーンでシンプルなデザインのアイテムを取り入れており、シンプルに纏めています。

このチルデンニットは、HAMILTON LAMBSWOOL(ハミルトン ラムズウール)という素材を使用したケーブル編みのアイテムとなります。原毛はオーストラリアのハミルトン地域で採取される18ミクロンのジーロンラムウールを使用して仕上げています。同地の羊毛は白度が高くて長い毛足とヌメリ感、柔らかさや軽量感に優れているのが特徴となります。ケーブル編みが丁度よい塩梅のボリューム感をもたらし、狭めのVネックや落ち着いた配色のラインなどクラシック感を適度に取り入れいるのも良いですね。

クラシックにボタンダウンシャツ等とコーディネートしても良いですし、ハイネックのカットソーとのレイヤードもビシッと決まりますよ。

トレンドを強く意識したコーディネート!

トレンドを強く意識したコーディネート!

出典:zozo

こちらのコーディネートにおいては、Oldderby Knitwearの縄目模様が強く存在感があるチルデンニットを着ています。そのインナーには、昨今トレンドとなっているバンドカラーシャツをレイヤードして、すっきりした印象を与えています。ボトムスには大きなチェック柄のパンツを履くことで、イギリステイストに溢れたコーディネートを実践しています。

Oldderby Knitwearは、ニット製品の本場と言われるイギリスにおいて100年以上の歴史を持つ老舗ニットファクトリーが手掛けているブランドです。熟練した職人が実践しているハンドフレーム製法は高く評価されており、このニットにもその真髄が垣間見えます。縄目模様や厚手の生地感、Vネック回りや裾のラインとトラディショナルなフォルムが目を引きますね。

ボタンダウンシャツなどと合わせるベーシックな着こなしにぴったり合いますが、ゆったりシルエットを活かしてワイドパンツ等とのコーディネートもおすすめです。


絶妙な色合いなチルデンニット!

絶妙な色合いなチルデンニット!

出典:zozo

最後に紹介するのが、適度なカジュアル感があるFUGAのチルデンニットを用いたコーディーネートです。ネイビーをベースとして、Vのラインも落ち着きがあるカラーリングを採用することで、子供っぽさを排除しているのが特徴です。そこに、ドレスシャツをインナーに合わせて、ボトムスも冬向きの素材を取り入れたパンツをチョイスします。ウォレットチェーンを付けてちょっとしたやんちゃ感を取り入れているのが良いですね。

畦編みを使用したチルデンプルオーバーですが、膨らみと柔らかさがある素材を使用しているのでシルエットや見た目に柔らかさが出て落ち着いた印象がありつつもカジュアルさも感じられます。シルエットは素材を生かしドロップショルダーでデザインされており、落ち感が出るようになっています。

シャツだけでなく、カットソーと組み合わせたりモックネックと組み合わせたりすることもでき、より自由度の高い着こなしが可能なチルデンニットとなっています。

最後に

いかがでしたでしょうか?チルデンニットは一見すると子供っぽさが感じられるアイテムでありますが、カラーリングやデザインによっては大人でも取り入れることができます。また、サイズ感も重要な要素となりますが、目指すコーディネートにマッチしたサイズのアイテムを選んで、今シーズンは一味違うスタイルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

Pocket
LINEで送る