彼女も一目置く!上品な冬の大人デートにおすすめのメンズコーデ特集

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

寒い冬でも、外でのデートを楽しみたいものですよね!特に年末に向けてはクリスマスシーンを迎えますので、ショッピングを楽しんだりレストランなどでの食事や、イルミネーションを楽しむために外出する機会も増えてくるかと思います。

冬はどうしても厚着になりがちですが、なるべくスタイルの良さをアピールできるアイテムを組み合わせることで彼女も一目を置いてくれることでしょう!では、冬のデートでは具体的にどのようなコーディネートがおすすめなのでしょうか?

そこで今回は、つい彼女も一目を置いてしまう冬の大人デートでおすすめしたいコーディネートを紹介していきます。

彼女も惚れ直す!?おすすめのデートコーデを紹介

知的さも感じられるコーディネート!

知的さも感じられるコーディネート!

出典:オクテット

最初に紹介するのは、美術館などでデートする時におすすめしたい知的な印象のあるコーディネートです。寒い時におすすめなアイテムとしてニットがありますが、ロイヤルメリノウール仕様で着心地の良さも皺になり難さも一級品なFilippo De Laurentiis (フィリッポ・デ・ローレンティス)のアイテムをチョイスしています。そこに、きれいめな印象のあるSANTANIELLO(サンタニエッロ)のジャケットとの相性が良く、ネイビーとブラウンでアズーロ・エ・マローネを取り入れています。ボトムスには、BRIGLIA 1949(ブリリア)のライトグレースラックスで落ち着きや知的さをアップさせています。
(BRIGLIA 1949の詳しい解説はこちら)

このニットは、細い糸で編み込まれた極薄細番手のタートルネックセーターとなります。冬のマストアイテムとなるタートルネックのニットに必要な上品さや、大人のドレッシーさを備えた一着となっています。スタイルは、ネック15cmを二つ織りしても良いですし、クシュクシュとしてロールネックも楽しむことができます。ネック部分は低すぎないので、首回りをカバーしてくれますし寒さから凌ぐことも可能なタートルネックです。フィット感があり、細めのサイジングでスマートに着こなし可能です。

体のラインがキレイに見えるハイゲージの一着は、ほどよく緩さもありますがジャストサイズで楽むのがベストです。


黒シャツでセクシーな印象をアピール!

黒シャツでセクシーな印象をアピール!

出典:オクテット

このコーディネートは、40代から好かれる大人エレガントなスタイルを実践しています。ジャケットには、シルエットを重視したL.B.M.1911(エルビーエム)のアイテムを着用していますが、ボルドーカラーが秋冬らしくて落ち着きのある色合いとなっていて、長く愛用できます。そこに、こなれ感を表現するためにJACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)のデニムを合わせている点に注目ですね。また、GIANNETTO(ジャンネット)のセクシーな印象のあるブラックシャツを合わせていますが、カフス部分でフラワープリント柄を施しているなど遊び心も取り入れています。
(L.B.M.1911の詳しい解説はこちら)
(JACOB COHENの詳しい解説はこちら)
(GIANNETTOの詳しい解説はこちら)

このシャツは、リアルなヴィンテージ物らしい充実したこなれ感がありつつ、黒の色合いは薄れてはいません。着丈はタックインでもタックアウトも兼用することが可能です。股上がやや深めのパンツによりマッチしますよ。襟型は使い勝手の良い、クールビズなどでも最適なワイドカラーで、ウエスト部分にはダーツはないのですが、その後ろ姿は肩ヨークからグッと狭まっていて、美腰をアピールできますよ。

高級ハンドメイドシャツ特有となる鳥足ボタンが付いており、ボタンが斜めに付くことによってボタンが掛けやすく外しやすくなっているという職人技が備わっているのも良いですね。

カジュアルデートにおすすめ!

カジュアルデートにおすすめ!

出典:オクテット

こちらは、カジュアルなデートにおすすめな軽さのあるアイテムを中心としたコーディネートです。ライムグリーンがインパクト大のSTONE ISLAND(ストーンアイランド)らしい厚手ポリエステル混紡ウールニットカーディガンが、暗くなりがちな秋冬ファッションを鮮やかに華を持たせることができます。派手さのあるDSQUARED2(ディースクエアード)のデニムパンツは、緑と青のペイント加工が施されており赤のロゴタグもいつもより大きく目立ちます。程よくテーパードに効いたデニムは大人シルエットでスマートさをアピールできます。
(STONE ISLANDの詳しい解説はこちら)
(DSQUARED2の詳しい解説はこちら)

このカーディガンは、程よくミニマルでスリムなシャツなら重ね着も楽しめるサイジングとなっています。ミドルアウターと言える、頼もしい厚みも良いですね。ウールにピリアミドを混紡した素材を使用しているので、伸縮性が豊かであり摩擦、磨耗性が低くほんわりとした暖かさを保つ割合を採用しています。毛羽立ちもどこかシャリっとした感触があり、ウール100%よりもナイロンメタルなどのマテリアルともマッチングするような感触・視覚バランスで仕上がっています。

サイズ感はボディに心地よく寄り添うタイトフィットですので、薄手のカットソーなどで重ね着ファッションを楽しむのが良いでしょう。

トレンドのチェスターコートをオフシーンでも!

トレンドのチェスターコートをオフシーンでも!

出典:オクテット

こちらは、トレンドが継続しているチェスターコートをビジネスだけでなく、カジュアルにも着こなしている大人カジュアルスタイルを実践しています。HERNO(ヘルノ)のマントのように着こなし可能なチェスターコートに、tramarossa(トラマロッサ)の原点を思い起こすコットン100%のデニムを合わせています。美シルエットのデニムはジャケットやコートとの相性が良く、このコーディネートでも良いコンビネーションを見せていますね。Felisi(フェリージ)のPierre-Louis Mascia(ピエール=ルイ・マシア)とのコラボバッグが良いアクセントとなっている点にも注目です。
(HERNOの詳しい解説はこちら)
(tramarossaの詳しい解説はこちら)
(Felisiの詳しい解説はこちら)
(Pierre-Louis Masciaの詳しい解説はこちら)

このコートは、暖かなタッチが魅力のメルトンウールをメインに仕立てたロングコートです。チェスターコートデザインは、オンシーンになくてはならないものですが、温かさが欲しいというニーズにも対応できる、裏面にびっしり中綿キルティングを配したコンビネ―ションコートという側面もあります。ダウンベストを重ね着しているかのように見せる首元と、胸元の取り外せるパーツが特徴的ですね。

チェスターコートのデザインに、ナイロンと中綿入りの防寒パーツが合体しているハイテクデザインで、必要のないシーンでは取り外せますし夜の散策やイルミネーションを楽しむ際にはジップで簡単に装着できる2way仕様で幅広い使い道があるのが良いですね。


タフさも感じられる男前スタイル!

タフさも感じられる男前スタイル!

出典:オクテット

最後に紹介するのは、男らしさをアピールするきれいめとタフさを混在させたコーディネート例です。GAS(ガス)のコンビ素材のブルゾンラフでスマートに着こなしており、デートや忘年会スタイルでも目を引くこと間違いありません。このスマートさから、ごわごわ感がなく運転の邪魔にもなりません。インナーにもGAS(ガス)の濃いめのグリーンでシンプルなカジュアルスタイルやジャケパンスタイルにも着回ししやすいカットソーをチョイスして、Paraboot(パラブーツ)のグリーンカラーのレザーシューズで落ち着きも感じられますね。
(GASの詳しい解説はこちら)
(Parabootの詳しい解説はこちら)

このアウターは、GAS(ガス)のアイコンでもあるレインボーマークと同じキルティングステッチを採用した中綿ジャンバーとなります。中綿はボディのみにパッドされていて、袖はジャージクロスで仕立てたコンビ素材ウェアとなっています。スタンドネックとジップアップのミドルアウターは、パーカーのインナーやウールジャケットの中にとスタイリングを広げ、自分好みに調整できるアイテムであります。左袖アイコンのワッペンは素材は違いますが、均一したカラーリングでありブラックカラーとスポーツウェアのモダニズムを感じさせてくれます。

軽量である点も魅力的で、どうしても重量がある冬向けのアウターが苦手な方にもおすすめしたいですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?デートスタイルと聞くとジャケパンスタイルが主流であると思われがちですが、それだけでなくブルゾンなども取り入れるのもおすすめです。あまり奇抜なアイテムは避けて、スマートさをアピールできるアイテムを中心に、デートにおすすめのコーディネートを構築すると良いでしょう!

Pocket
LINEで送る