今のビジネスシーンには軽くて機能的な都市型リュックがおすすめ!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

最近、オフィスカジュアル化や都市型ビジネスマンの増加の影響もあり、ビジネスシーンにおいても「都市型リュック」を身に着けている方が増えてきております。

都市型リュックを活用すれば、自転車通勤・電車通勤時のビジネスマンのストレスを削減することができ、結果としてビジネス効率をアップさせることもできます。

今回は、今のビジネスシーンで活用できる軽くて機能的な都市型リュックを厳選して紹介します。

都市型リュックでデキる男をアピールしよう!

トートとリュックサックが兼用されているナイロンバッグ!

トートとリュックサックが兼用されているナイロンバッグ!

出典:オクテット

都市型リュックでは、2wayなどの様々な持ち方が可能なバッグが多いのが特徴です。このコーディネートでは、Felisi(フェリージ)のナップサックのような雰囲気がある縦に長く薄く所持できるバッグを身に付けています。下まちは17cmの奥行と一般的なリュックの奥行きとなっていますが、上まちとなる開口部分は封筒の様に薄くてスナップボタンと革製のストラップで1か所留めるだけのシンプルなデザインとなっています。
(Felisiの詳しい解説はこちら)

口を紐で絞ったりはできないのですが、印象はナップザックやランドリーバッグ的なイージーバッグ風です。開口部分に厚手のレザーを合わせる事によって、一気に大人仕様へと引き立ててくれます。リュックからトートバッグと持ち方を変えられる点も良いですね。縦に長くてA4ファイルもそのまますっぽりと収納可能です。

ブラックカラーナイロンと、同じくブラックカラーのレザーコンビがかっこよく、スーツにも似合うナイロンリュックとしてオンオフ兼用で利用可能です。


ラグジュアリーを背負う!?不思議な魅力のバッグ

ラグジュアリーを背負う!?不思議な魅力のバッグ

出典:オクテット

こちらは、MONCLER(モンクレール)の得意ジャンルである、ダウンジャケットと同じナイロン地を使用して質感や軽さを持ち合わせたリュックサックです。フカっとした感触を堪能できるキルティングが身に付けていても心地よさを感じます。女性の背中にはミニマルさが可愛くフィットしそうですが、メンズではリュックとしては心もとない小さく感じるかもしれません。ただ、セカンドバッグのようにお財布や小物を収納することができ、両手を開けて持ち歩くことができます。ミニマルですが、存分にMONCLER(モンクレール)であることをアピールしています!

ブラックに、シャンパンゴールドの金具を用いて、ブランドネームの刻印やシンボルマークの抜き型をワッペン風に飾るなど、大胆さも含んでいます。フカフカとした感触は、まるでダウンが充填されているように見えますが、実際はポリエステルの綿素材が詰められています。大きなジップのエレメンツも象徴化されており、ダウンジャケットと一体化するようなバッグであります。

単純に背負っているだけでも暖かさがあるのも良く、寒い日のお出かけに是非活用したいバッグです!

話題のブランド!Lundi(ルンディ)のスタイリッシュなバッグ

話題のブランド!Lundi(ルンディ)のスタイリッシュなバッグ

出典:オクテット

こちらは、各方面で話題沸騰中のブランドであるLundi(ルンディ)のスタイリッシュなリュックサックです。美しいフルグレインレザー仕上げのSimonというモデルで、カチッとしている縦に長いスクエア型の精悍さもあって、凛とした美しさも備えている大人のリュックとして取り入れることができます。

オンオフとマルチに使用できるのですが、一見すると重厚な革仕上げではありますがブリーフケースなどとさほど重量的に変わりありません。前後から見てもスリムである事が分かる独特なスクエア造形も良いですね。内部はA4ファイルサイズ用と、15インチまでのノートパソコンを収納できる用と、2つに仕切られたメインコパートメントに区分けされています。中にはペンホルダーに加えて、充電ケーブルがおさまるポケットが設置されていますので、ガジェットもスマートに収納可能です。

クロム処理を施していない自然な仕上がりの高品質フルグレインレザーを使用し、更に天然の植物から抽出した素材で鞣された植物タンニンなめし革を使用していますので、ラグジュアリー感が相当高い逸品です。

3wayでシーンに応じて持ち替えることが可能!

3wayでシーンに応じて持ち替えることが可能!

出典:オクテット

こちらは、IL BISONTE(イルビゾンテ)のレザーリュックサックです。約35cm四方でスクエア型を背負うリュックは、軽くても厚みのあるナイロン素材がベースとなっています。メイン室をジップで開閉する、蓋が無くて薄くデザインされたバッグは3通りの持ち方を楽しめます。1つは1か所のみの手持ちハンドルで持てますが、長さがあり調整できるので肩にもかけられます。そして、ショルダーコードは5穴調整となっているため、調節することで年令や性別問わず家族でシェアすることも可能です。
(IL BISONTEの詳しい解説はこちら)

レザーコードで小さなスクエアを背負う、カバンという印象を全面的に出していないタイプとなっています。上部は薄いままとなりますが、下部の奥行は10cmと広さを設けていることで、ペットボトル等を入れても安定性も確保できます。ボルトで止めたブランドロゴマークでファクトリーメイドとしての証を加え、時間の革遣いを披露したレザーパイピング等、生地と雰囲気の柔らかさをサポートしつつバッグとしての自立性を促しています。

インライニングはコットン素材を、同色にて合わせられています。金具は艶消しゴールドカラーでブラックというソリッドさに走らせた縁取りなど、ビジネスシーンでも映えること間違いありません。


多くの荷物を運びたい時にも最適!

多くの荷物を運びたい時にも最適!

出典:オクテット

こちらは、MONCLER(モンクレール)の高級感のある厚手ナイロンをベースにしている、スクエア型のバックパックです。メンズに人気のあるフォルムを採用して、トップは蓋式デザインとなっています。高さがあるので、上部まで詰め込んでもスクエアの形が崩れにくい、ファイル等を収めてもデッドスペースができません。収納物が見やすく取り出しやすいという、スッキリさを特徴としたモデルとなっています。蓋となるトップ部分は前傾斜しており、ジップポケットとしても活躍しますよ。

センターには、MONCLER(モンクレール)のアイコンであるワッペンをシルバーフレームとレザーで備えています。煌びやかなシルバージップの意匠もリッチなアクセントなっていて、大人のスタイリングにもピッタリ合いますよ。パソコンを収納することを想定して、中には緩衝剤を詰め込んだ仕切りがあって背面と合わせて背中のゴツゴツした感触をサポートしています。

両サイドに付けられたコードやストラップ装飾など、ナイロンの高級感をアップさせるラムレザーを使用しています。ジップに付けられた大きなストラップは耐久性のあるラバー製で、実用性の高さとともに上品な印象を与えてくれます。

最後に

いかがでしたでしょうか?ビジネスシーンでも使える都市型リュックは、どれもスタイリッシュでクールな印象を与えるアイテムが多くあります。ただ、現代社会におけるビジネススタイルを反映して、パソコンやタブレットを持ち運ぶのに最適な機能を兼ね備えているのも良いですね。都市型リュックを手に入れて、より快適な通勤を実現しましょう!

Pocket
LINEで送る