秋冬に意外とモテる男の着こなし !「青×白」コーディネート特集!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

秋冬のファッションは、見た目が重厚なものが中心となり、またカラーリングも重くなりがちです。季節に応じたカラーリングのアイテムでコーディネートするのも確かに良いのですが、そこに明るいテイストを入れることで映えるという側面もあるので、カラーコーディネートもよく考える必要があります。

秋冬にさりげなく青×白のコーディネートを取り入れることで、爽やかな印象を与えることができます。では、いったいどのように秋冬のファッションに青×白のコーディネートを取り入れてばよいのでしょうか?

そこで今回は、青×白のコーディネートを実践している例を参考として、秋冬のモテスタイルを紹介していきます。

青×白のコーディネートを秋冬に実践!

初級編としておすすめな白カットソーと青デニムパンツのコーディネート!

初級編としておすすめな白カットソーと青デニムパンツのコーディネート!

出典:オクテット

いきなり上級者向けのコーディネートを実践するよりも、手軽に青×白を取り入れることができるこちらのスタイルを試してみるのも良いでしょう。DSQUARED2(ディースクエアード)の派手にダメージが入ったデニムパンツが目立つスタイルで、アウターにはASPESI(アスペジ)の定番フィールドジャケットを合わせてミリタリー感を強調しています。そのインナーにはシンプルな白のカットソーを合わせることで、爽やかさも感じさせてくれますね。
(DSQUARED2の詳しい解説はこちら)
(ASPESIの詳しい解説はこちら)

このデニムパンツは、洗いが強くてデニムクロスの表面もザラッと質感まで変化しているウレタン混紡のデニムコットンクロス仕上げとなっています。また、派手にダメージを入れていたり、使い込んだ風合いやリアルで美しい色褪せた色と表情が実にかっこいいです。ミディアムウォッシュで仕上げたスリムジーンズとなっていますが、微ストレッチもあるので見た目以上に履きやすいデニムパンツであります。ダメージ部分はありますが、裏宛てにて、肌が見えることはありませんので上品なスタイルにも取り入れることが可能です。

股上はスリムジーンよりも浅くない代わりに、腿から裾へかけて細く膝下からのテーパードがタイトになるスタイルとなっています。バックスタイルではポケット位置も落ち気味となっており、バックパッチの存在が際立ちます。ジャケパンスタイルのパンツとしてもおすすめですよ。


爽やかさの中にも渋みを取り入れたコーディネート!

爽やかさの中にも渋みを取り入れたコーディネート!

出典:オクテット

こちらも、青デニムパンツとホワイトのカットソーの組み合わせとなりますが、ジャケットにL.B.M.1911(エルビーエム)のジャージウール素材を使用して着やすさを確保しつつ、グレーやオリーブ、ブラウン等の濃い色合いが交わって大柄なチェック柄が印象的なクラシカルなアイテムをチョイスしています。シューズにもPARABOOT(パラブーツ)のブラウンカラーで渋さのあるコインローファーを履くことで、爽やかさと落ち着いた雰囲気を両立させたコーディネートにまとめています。
(L.B.M.1911の詳しい解説はこちら)
(PARABOOTの詳しい解説はこちら)

このデニムパンツは、RED CARD(レッドカード)というブランドのアイテムです。デニムの巨匠として有名な本澤裕治氏がプロデューサーを務めるブランドですが、良い生地を使用して日本製にこだわり、良心的な価格であることをモットーとしてクオリティの高いアイテムを続々と誕生させています。腰回りにゆとりを持たせたスリムストレートなシルエットをベースにしており、膝下テーパードが効いてる美しいフォルムがかっこいいです。股上は平均23cm前後のローライズ仕様ですが、後ろからの包み込みを深めにすることで日本人に合った腰回りとなっています。

デニムパンツではありますが、上品さに溢れていて爽やかスタイルにピッタリ合う秀逸デニムとしておすすめです。

秋らしい白パンの履きこなし術!

秋らしい白パンの履きこなし術!

出典:オクテット

カラーパンツといえば、主に春に取り入れる機会が多いアイテムですよね。ただ、このコーディネートでは秋のコーデとしてうまく白パンツを取り入れた好例です。JACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)のコーデュロイパンツは、リミテッド的な貴重なオフホワイトカラー仕立手でほんのり黄色も入っている優しい感じに仕上がっています。そこに、Giannetto Portofino(ジャンネット ポルトフィーノ)のデニムシャツを合わせていますが、首元や袖口にチラリと見える淡い挿し花柄がエレガントさを増していますね。大人の色気を出したい時のコーディネートとしてもおすすめです。
(JACOB COHENの詳しい解説はこちら)
(Giannettoの詳しい解説はこちら)

このパンツは、生地の厚みもあって透けにくくありますが、秋冬に向けた寒々そうな白色ではないのがポイントです。白パンの清々しいスタイリングを、レザーシューズやブーツを合わせることでより魅力を増すことができそうです。ノータック仕様となりますが、1サイズあえてアップさせて、きれいめのオーバーサイズさを演出するのも良いでしょう。

平均股上22cm前後とかなりのローライズとなりますが、ヒップの包み込みの深さや渡りによって、持ち上がりやポケットの大きさや位置とヒップラインを美しく見せることができます。ただ履いているだけでもスタイルの良さをアピールできる、魅力的なパンツです。

深みのある青と白パンのコンビネーション!

深みのある青と白パンのコンビネーション!

出典:オクテット

こちらは、若干落ち着きがあるカラーリングですが、よく見るとギンガムチェックでカジュアルなスタイルとなっているGiannetto Portofino(ジャンネット ポルトフィーノ)のシャツに、 JACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)の白デニムパンツをコーディネートしています。ジャケットには、SOLIDO(ソリード)の秋らしいグレーのカラーリングのアイテムを取り入れて大人スタイルにまとめています。上品に渋くキメたスタイルはおしゃれですよね。
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)

このシャツは、洗いのかかった色褪せ感もミックスしたブルーをベースとして、ネイビーやブラウンの色みのチェックパターンとしてまとめています。テキスタイルは、秋冬新作らしく肌に優しくて少し毛羽立っている、暖かな質感が特徴となっているコットンネル地となります。がっつりと厚みのあるフランネルではなく、やや薄手でオックスフォードにも似た感触というのが特徴です。襟型は使い勝手の良いワイドカラー種である、ホリゾンタルカラー型を採用しています。

無理させない、体に沿うゆとり派のスリムフィットで構築されたスリムシャツで、ドレスシャツとしても着用できるオンオフ兼用コットンシャツというのが良いですね。


モダンな青とチラリと覗く白!

モダンな青とチラリと覗く白!

出典:オクテット

最後に紹介するのは、スポーティーなスタイルで真冬でも快適におでかけできるTATRAS(タトラス)のダウンジャケットが目を引くコーディネートです。胸元を若干開いてインナーの白が顔を覗かせていて若干派手なダウンジャケットに落ち着きを与えています。また、パンツにはJACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)のブラックデニムを合わせて、カットソーとモノトーンで統一しているところも見どころの一つです。スニーカーも含めて、ダウンジャケットの華やかなカラーリングを強調するぼかしカラーでまとめています。
(TATRASの詳しい解説はこちら)

このダウンジャケットで使用している青は、原色の青に近くてパテントやシャイニーのような光沢感こそありませんが、非常に艶やかなモダンなカラーリングとなっています。ジップポケットのデザインと、短丈でブルゾンのようにスリムなアウターであり、薄手のスタイリングにおいてダウンの保温性を満面なく楽しめるアイテムです。ラメにも似た、微粒なキラめきを感じるのは熱と圧力によるシレー加工を施し、しっとりとした独特な質感となっています。

モード系にもスポーティーにもコーディネートできる、マットなポリエステルクロスとなっているのでエレガンスなスタイルにも合わせることができますよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?青×白のコーディネートは、トップスだけで組み合わせるパターンと、白パンと青のトップスで実践するパターンが鉄板です。秋冬に白パンというのは結構勇気がいるかもしれませんが、季節感あるアイテムをチョイスすればモテスタイルを実践できるのでおすすめですよ!

Pocket
LINEで送る