カジュアル姿も最高にキマる!秋冬に履きたい黒ブーツの活用術!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

秋も深まりつつある中で、ブーツが恋しい季節になりましたよね!ブーツを履きたくなるシーンとしては、アウトドアや雪道など、ショートカットのシューズでは心もとないシーンで取り入れるケースがあります。また、単純にファッション性を重視して履きたいという人も多いことでしょう。そんなブーツ選びにおいて、重視したいのがデザイン性とカラーリングです。

ベーシックなイメージのあるブラックを用いると、ビジネスシーンでもスマートに履くことができますし、カジュアルなスタイルにもすんなり対応できます。この汎用性の高さで言えば、まずブラックを選んでおくと間違いはありません。さらに、ちょっと工夫してコーディネートするだけでもおしゃれ度を増すことができるのです!

そこで今回は、黒ブーツの活用術とともに、この秋冬におすすめのアイテムを紹介していきます。

黒ブーツを活用して秋冬ファッションを楽しむ!

ロールアップして魅力をより増す!

ロールアップして魅力をより増す!

出典:オクテット

ブーツを履く上で、パンツの履き方にも工夫しなければなりません。主にブーツインしたりロールアップしておしゃれ度をアップさせることができるのですが、このコーディネートではジャケパンスタイルにPARABOOT(パラブーツ)のサイドゴアブーツを取り入れて、適度なロールアップにて抜け感を演出したスタイルにまとめています。無駄を省いたシンプルでエレガントなデザインがドレスコーデに大人な風格を与えてくれますね!
(PARABOOTの詳しい解説はこちら)

このブーツは、側面のゴムの伸縮に頼りすぎず、シャフトとアッパーの形状で足の包みを調整した若干の脱ぎにくさはあるものの高い魅力を誇っているアイテムです。3cmもの高さがあるヒールで脚長効果も楽むことができます。つま先の薄くホッソリとした形状は、ドレスシューズのようにエレガントなビジュアルとなっています。パンツから覗くつま先だけ見ると、内羽根ドレスシューズの面持ちとなっていて秋冬シーンには足首をサポートする形をとるという、防寒靴としても機能を発揮してくれます。マテリアルには、ワクシー・オイルドレザーを使用しており、天然の撥水性で劣化の少ない人気レザーを使用しています。
艶を増していきますので、自分で育ててよりおしゃれなアイテムに作り上げるというのも良いでしょう。靴クリームで皮革に栄養と潤いを与えて靴を長持ちさせれば一生モノのブーツとなります。


アウトドア系ブーツも黒になると趣が変わる!

アウトドア系ブーツも黒になると趣が変わる!

出典:オクテット

こちらのコーディネートでは、REPLAY(リプレイ)のデニムとパーカーという、冬の鉄板レイヤードスタイルを取り入れています。このスタイルにスニーカーを合わせたくなるところですが、どうしても幼い印象を与えてしまいます。そこで、少しゴツめで無骨な印象のあるPARABOOT(パラブーツ)のマウンテンブーツを合わせて、男っぽさを強調しています。パンツにも珍しいコーティングのかかったアイテムを取り入れて、暗くなりすぎないように工夫しています。
(REPLAYの詳しい解説はこちら)

このブーツは、オールブラックで構成されているので軽めのモード系としても使用することができます。アウトドア靴という、トラ縞パターンの靴紐が目印でありますがブラックアッパーに合わせて、 レースも黒紐で真っ黒さを極めています。GARIVIERというモデルの流れを継承しつつ、パラブーツネームで復刻した現代にマッチングするタウンユーズのトレッキングシューズとして活用できます。

無骨な顔立ちとなっていますが履けば足入れしやすく、柔らかなインソールとアウトソールのおかげで歩きやすいのも利点です。

よりドレッシーさを際立たせるブーツ!

よりドレッシーさを際立たせるブーツ!

出典:jedia

こちらは、LARDINI(ラルディーニ)のジャケットにBagutta(バグッタ)のシャツを着て、さらにatto vannucci(アットヴァンヌッチ)のストールで大人のデートスタイルにまとめています。INCOTEX(インコテックス) のスラックスを履いて重厚になりそうなところに、DOUCAL’S(デュカルス)の装飾が多くついて華やかなイメージのあるブーツでドレッシーさの中に遊び心を取り入れています。
(LARDINIの詳しい解説はこちら)

このブーツは、フォーマルなテイストとカジュアルなムードを両方感じることができる、コーディネートに困りにくいアイテムです。無骨な印象の強いサイドゴアでありますが、モカステッチのキルトタッセルローファーのデザインをベースに仕上げてドレッシーさに溢れていて、履くだけで今っぽさを演出できるのが良いですね。マッケイ製法を採用して、コンフォータブルな履き心地が魅力となっています

革の裁断から縫製、吊り込み、底付け、仕上げに至るまで全工程を自社一貫で手掛けているので、独特の履き心地の良さを手に入れることができます。

アウトドアシーンでも光る存在感!

アウトドアシーンでも光る存在感!

出典:jedia

ブーツを履くシーンとして、アウトドアとともにツーリングに出かける際にも活躍します。このコーディネートは、まさしくツーリングに向いたスタイルで薄手ではありますが中綿がしっかり入っており保温性に優れているキルティングジャケットを着て、ボトムスにも機能性が高いカーゴパンツをチョイスして実用的なスタイルにまとめています。そこに、MaxFirtzのブーツでさらに保温性と見た目のおしゃれ度を強調しています。

このブーツは、上質なオイルドレザーをグッドイヤーウェルテッド製法で仕立てた強固な作りとなっています。ツーリング用に特化している側面もあり、シフトが当る部分の保護リベットの位置を工夫しているのも特徴的です。サイドジップを採用することにより、脱ぎ履きしやすくなっていますが編み上げ紐もしっかり付いておりデザイン的に引き締まっています。季節によって変わる靴下の厚みにも対応可能で、フィット感を調節できますよ。

ソールはオリジナルのタンクソールを採用したり、ベロは袋仕立てとなっているので浸水しにくい構造であり悪天候時にその威力を発揮します。


スタイリッシュなスタイルを強調するブーツ!

スタイリッシュなスタイルを強調するブーツ!

出典:zozo

最後に紹介するのは、全身を細身のアイテムでまとめてスタイリッシュさに溢れたコーディネートです。トップスはチェックのシャツを着ていて若干オーバーサイズでありますが、落ち着きのあるカラーリングでカジュアルになりすぎていないのが特徴です。また、オーバーサイズのアイテムをコーディネートする際に鉄則となる、細身のパンツを合わせることでより美脚を強調しているのが良いですね。8分丈のパンツからDr.Martens(ドクターマーチン)のブーツが出ていて、さらにかっこよく見せていますね。

このブーツは、ソールやウェルトのステッチ、履き口のプルタグライニングなど細部にまでこだわり抜かれています。その中でも、 Dr.Martens(ドクターマーチン)らしい太番手のイエローステッチは健在です。高級スムースレザーアッパーを採用し、ブランドロゴ付きヒールループや8-EYEの靴紐、ソールにはエアークッションソールを採用して履き心地も最高です。

冬の多様なファッションコーディネートを叶えてくれる、使い勝手の良いブーツです。

最後に

いかがでしたでしょうか?ブーツと言っても履きこなしによって、様々なスタイルを実現できることがご理解いただけたかと思います。特に黒ブーツは、ビジネスだけでなくカジュアルシーンでも幅広く存在感を示すことができますので、この秋冬にぜひ取り入れて欲しいアイテムです!

Pocket
LINEで送る