秋の着こなしで外さない!王道のプルオーバーパーカースタイル!

出典:safarionline

Pocket
LINEで送る

スポーツミックススタイルが定着しつつある中で、スウェット生地を用いたアイテムの需要が高まっています。また、それ以前からパーカーの人気は絶大で、より重要度が増している印象があります。パーカーの場合、子供っぽさも与えてしまう場合もありますが、アイテム自体のデザインやコーディネート方法によって大人スタイルにも適合させることができます。

パーカーにもいくつかの種類がありますが、スタンダードなデザインとしてプルオーバーパーカーがあります。プルオーバーとは、ジップやボタンなどなく頭から被るようにして着るアイテムのことを指します。容易に脱着できるようにストレッチ性の素材が用いられることが多く、ラグランスリーブが入っているかどうかも重要なポイントとなることが多いです。

秋の着こなしで外せないプルオーバーパーカーですが、一体どのようなコーディネートをするとかっこよく見せることができるのでしょうか?そこで今回は、プルオーバーパーカーを取り入れたコーディネート術と、おすすめのアイテムを紹介していきます。

プルオーバーパーカーでスポーティーさを取り入れよう!

Gジャンとのレイヤードスタイル!

Gジャンとのレイヤードスタイル!

出典:オクテット

ここ数シーズン流行しているのが、デニム系のトップです。デニムシャツが特に注目されていますが、Gジャンも根強い人気を誇っています。そのGジャンとプルオーバーパーカーをレイヤードスタイルでまとめたコーディネートです。REPLAY(リプレイ)の独特な渋みのあるカラーリングが目を引くGジャンに、同じくREPLAY(リプレイ)の裏起毛で暖かいパーカーを合わせています。イエローのプリントが良いアクセントとなっていて、全体的に落ち着いたトーンのカラーリングでまとめている中で目立っていますね。
(REPLAYの詳しい解説はこちら)

裏起毛でホコホコと暖かさを確保していますが、程よい厚みでインナーとして着用することができるパーカーとなっています。独自のスポーツエッセンスを配合して、眩いカラーリングとイエローのフロッキープリントにてロゴメッセージを加えています。フードドローコードは胸下まで垂れる長さであってインパクト大ですね。フロントポケットを配して身幅はやや細めでスマートな着こなしができます。

守りになりがちな秋冬のホッコリ暖かなスタイルリングに、スマートさを演出できるパーカーとしておすすめです。


独特なドローコードが目を引く!

独特なドローコードが目を引く!

出典:オクテット

このコーディネートでは、STONE ISLAND(ストーンアイランド)の渋みのあるダストグレーデザインのダウンジャケットに、ウールニットで構成されているパーカーを合わせています。パンツは、スキニーフィットで腿には少しのゆとりがあり、膝下から裾にかけて細く仕立てているフォルムがかっこいいカーゴパンツを履いて動きやすさも兼ね備えたスタイルにまとめています。秋冬ファッションに欠かせない暖色系カラーにより、カジュアルさを強調しているのも良いですね。
(STONE ISLANDの詳しい解説はこちら)

このパーカーは、ニットセーターよりもスウェットのような印象のプルオーバーパーカーとなっています。細番手で編み上げられたピュアウール製のフード付が付いているのも特徴です。ガーメントダイやエアブラッシュなどの染色工程を経て、杢を演出しているブルーグレーのコントラストカラーに仕上がっています。ミックスされているのはブラックカラーで、大人っぽさも感じられますね。ネックはフードの高さもあるので、ボリューム感がありくしゅくしゅっとしたネックラインを表現できます。

付けられたドローコードは、ギュッと絞ることでポンチョやネックレス風に飾ることができます。ラグランスリーブですので、肩回りも腕周りも細身ですが締め付けるような感触はなく着心地も最高です。

明るめのオレンジカラーを全面にアピールしたパーカースタイル!

明るめのオレンジカラーを全面にアピールしたパーカースタイル!

出典:オクテット

こちらのコーディネートでは、STONE ISLAND(ストーンアイランド)のオレンジカラーがインパクトに残るプルオーバーパーカーを着ています。パンツにもSTONE ISLAND(ストーンアイランド)のミリタリー感溢れるカーゴパンツを履いて、PHILIPPE MODEL(フィリップ モデル)のスニーカーで少しやんちゃ感を取り入れたスタイルとなっています。

このパーカーは、柔らかく加工されたコットンスウェット生地仕上げとなっています。裏起毛とはなっていなので、オールシーズンで愛用することができます。フード部はふっくらした質感は少しだけ毛羽立っているような優しい表情を見せており、裏面はふわふわっとした裏起毛仕様となっています。春夏の淡さとは一段違う、ガツンと赤みが効いているオレンジがベースとなっていて、若々しさをアピールできます。また、トレンドであるベイクドカラーである点も注目ですね。

程良いサイズ感で、スリムシャツを中に着こむ事ができるので、レイヤードスタイルも楽しめますよ。

爽やかな印象があるパーカースタイル!

爽やかな印象があるパーカースタイル!

出典:オクテット

こちらは、Seagreen(シーグリーン)の代名詞であるオニワッフル素材を用いたパーカーを中心としたコーディネートです。パンツには、tramarossa(トラマロッサ)のドレッシーなデニムパンツを履いてスタイルの良さが感じられます。DIESEL(ディーゼル)のローカットスニーカーはワントーンカラーデザインでモードな雰囲気を演出しており、パーカーとの相乗効果で爽やかさを強調しています。
(tramarossaの詳しい解説はこちら)
(DIESELの詳しい解説はこちら)

このパーカーは、網目の大きいワッフル素材で最高に気持ちの良い着心地を楽しめます。厚みがあって吸水性に優れた生地により、一般的なワッフルクロスよりもへたれにくくなっています。表面の凸凹により肌への接触面が軽減され、肌触りも最高です。着崩れしない事によって、ボディラインを美しく見せてくれて、ニットウェアでありますがしっかりと体型をカバーしてくれます。コットン75%、ポリエステル25%の混率で、発色の美しさも特徴となっています。

ロントにはカンガルーポケットに加えて、左サイドにはジップ式のポケットも設置してあるので、実用性も高いです。被り型パーカーならではのスリムフィットさを贅沢に遊ばせた大人のトップスとしておすすめです。


より暖かさを追求したパーカー!

より暖かさを追求したパーカー!

出典:TOKYO WHEELS

最後に紹介するのは、従来のパーカーとは一線を画する独特なデザインを取り入れた、dosenotmanufact(ダズノットマニファクト)のプルオーバーパーカーです。非常にスッキリしたデザインとなっていて、独特な光沢も魅力的です。TOKYO WHEELSの全方位系ストレッチスリムパンツによって、動きやすさと同時にラインの美しさも感じられるスタイルとなっています。裾から少し覗くシャツのカラーリングが、絶妙なアクセントなっていてかっこいいですね。

このパーカーは、首元の合わせが深くて防風性を高めるネックウォーマーのような機能をもたらしてくれます。フード自体はハーフドーム状でスリムなデザインとなっているので、下げた状態でも風の侵入を防止してくれます。3レイヤーのソフトシェルを採用して、肌に触れる部分はソフトな肌触りのフリースを使用することで、保温性と同時に絶妙な肌触りを楽しめます。

表地の高い撥水性を持つニットシェル素材によって、微撥水性を確保しているのも良いですね。スポーティーなスタイルだけでなく、きれいめなコーディネートにも取り入れることができる万能パーカーとしておすすめです。

最後に

いかがでしたでしょうか?プルオーバーパーカーは、厚くてインナーには取り入れにくい印象があるのですが、素材を工夫することで薄手でどんなスタイルにも合わせることができるものが増えています。アウターとしても有能ですし、きれいめコーディネートのハズシとしても是非活用したいですね。

Pocket
LINEで送る