「かっこいい×親しみやすさ」きちんとキマるリブカーディガンコーデ

出典:ZOZO

Pocket
LINEで送る

普段の服装にカーディガンを羽織るだけで手軽にスタイリッシュさを表現することができます。カーディガンの代表的なスタイルとしては、1990年前後に流行した袖に手を通さず肩にかけて背負うようにコーディネートする方法がありますよね。ニット素材を取り入れていて、薄くても意外と保温性が高いので秋にぜひ取り入れたいアイテムとしても人気です。

そのカーディガンの中でも、伸縮性が高いリブカーディガンは着こなしやすくてしっかりした作りとなっている場合が多く、より幅広いシーンで用いることができます。リブと聞くと袖などに取り入れることが多いのですが、中には全体的にリブを取り入れたリブカーディガンもあって、柄にも見えるのでまた違った印象を与えることもできます。

そこで今回は、かっこよさと親しみやすさを取り入れた、リブカーディガンを使ったコーディネートを紹介します。

リブカーディガンでまた違ったスタイルにチャレンジ

ガッチリしたカーディガン!

ガッチリしたカーディガン!

出典:オクテット

最初に紹介するのが、カーディガンでありながらも厚みがありガッチリした印象のあるSTONE ISLAND(ストーンアイランド)のアイテムを取り入れたコーディネートです。ライムグリーンで明るさが感じられますが、そこにDSQUARED2(ディースクエアード)の派手さがあるデニムパンツをあわせています。緑と青のペイント加工が施されていて、赤のロゴタグもアクセントとなっています。程よくテーパードに効いたデニムは大人シルエットとなっていて、スッキリした印象を持たせています。
(STONE ISLANDの詳しい解説はこちら)
(DSQUARED2の詳しい解説はこちら)

このカーディガンは、襟元はスタンドネックから襟を寝かせての着こなしを2通り楽しめます。襟裏には肌当たり暖かなフェルト地を合わせており、襟をしっかり立たせるためにチンフラップも付属しています。程よくミニマルで、スリムなシャツなら重ね着も楽しめるサイズ感となっています。ミドルアウターと言えるような頼もしい厚みがありますが、ウールにピリアミドを混紡して伸縮性が豊かでありアクティブに動きたいシーンにも対応できます。

カラーリングは、蛍光色で発光するほどではありませんがサーフウェア的な眩い明るさがポイントとなっています。ダークカラーのパンツやアウターの中の紅一点的な色使いとして取り入れることができますよ。


斬新なデザインが魅力的なカーディガン!

斬新なデザインが魅力的なカーディガン!

出典:オクテット

このコーディネートでは、Pierre-Louis Mascia(ピエール・ルイ・マシア)の袖がリブ仕様になっているカーディガンにBRIGLIA 1949(ブリリア)のライトグレーでドレッシーなチノパンを合わせています。PARABOOT(パラブーツ)のダブルモンクシューズは落ち着きがあるカラーリングで、秋冬にぴったりなものとなっています。これだけ見るとありきたりな印象を受けるのですが、実はカーディガンはかなり攻めたデザインのアイテムなのです。

(Pierre-Louis Masciaの詳しい解説はこちら)
(PARABOOTの詳しい解説はこちら)

Pierre-Louis Mascia(ピエール・ルイ・マシア)と言えば、パッチワークとアートを連想させる柄が特徴ですが、このカーディガンでもシルク100%ストールをバックパネルに組み込んでいます。華々しいプリント総柄は、ゴールドのチェーンやレースの実物を写真撮りしてプリントしたダマスク柄を取り入れています。発色がよく高級感がある柄はついつい見惚れてしまいます。

カーディガン全体を見ると、優雅なシルエットに上品な控えめトーンでまとめているので、デートスタイルに取り入れるのも良いでしょう。

薄手のカーディガンでもジャケットのような雰囲気があり!

薄手のカーディガンでもジャケットのような雰囲気があり!

出典:オクテット

こちらは、真冬のちょっとしたお出かけ時に取り入れたいコーディネートとなります。TATRAS(タトラス)のナイロンダウンジャケットに、Cruciani(クルチアーニ)のリブもしっかりしていてまるでジャケットのような存在感があるカーディガンを合わせています。PARABOOT(パラブーツ)のCHAMBORD(シャンボード)を素足履きして足元をすっきり見せている点も見どころの一つですね。優しい寒色のカーディガンによって、カラーリング的に重くなりすぎていないコーディネートにまとめており、バランスを上手く取っています。

(TATRASの詳しい解説はこちら)
(Crucianiの詳しい解説はこちら)

このカーディガンは、平たくてネーム刻印された6つのボタンによってフロント部分を閉じる、ポケット付きのアイテムです。Vネックも浅く狭く、縦にシュッとして開いているので顔まわりをシャープに見せる効果も期待できます。あえて薄く細い前立てにすることでスリムなタイトフィットさを際立てているので、ジャ ケットの中にも重ね着することができそうです。

アームホールもサイズ平均22cmと狭いデザインで、ニットによる編みの伸縮性や強度によって快適性も持ち合わせています。持ち運びしても皺になりにくいので、ちょっとした時に羽織りたい時にはバッグの中に入れておくと重宝することでしょう。

柄が印象的なリブニット!

柄が印象的なリブニット!

出典:zozo

このコーディネートでは、wjkのまるでデニムのような雰囲気がある厚手のリブカーディガンを着ています。インナーには、秋らしい深みのあるカラーリングが印象的なカットソーを合わせて、デニムパンツもインディゴブルーで落ち着きが感じられるものとなっています。カーディガンのリブが全体的に大きめで、存在感があり良いアクセントとなっていますね。

このカーディガンは、ストーンウォッシュをしているのでニットなのにデニムのような表情に仕上がっています。編地も特殊なものとなっていて、裾はリブなのに縄編みで遊び心があるデザインであります。ボタンには本水牛の角より削り出した最高級のホーンボタンとなっているなど、随所に拘りが見て取れます。

スリムなフォルムですが、リブがあるだけに伸縮性が高くボタンを留めても優しく体にフィットしてくれます。カラーバリエーションとして、ライトインディゴブルーもあるのでよりデニム的な雰囲気を楽しめますよ。


太リブがインパクト大なカーディガン

太リブがインパクト大なカーディガン

出典:zozo

最後に紹介するのは、kiitの太リブが印象的なニットカーディガンをメインとしたコーディネートです。キャメルのカラーリングが明るくアクティブさをアピールしていますが、そのインナーに着用しているものやパンツ、そしてキャップまでもモノトーンでまとめており、よりカーディガンのカラーリングが際立って見えますね。

Kiitというブランドは、常に流れ動くこの現状に的を絞って、独自の視点からジャンルにとらわれず新しい洋服の価値観を深く追求しています。ディテールにまでこだわったデザインが魅力的ですが、このカーディガンも襟を大きめにデザインし、ウェストにかけてキュッと締まったフォルムを採用しています。シンプルでありながらも実によく計算されている点も評価できます。オリジナルのウール素材を使用することで、保温性も高く真冬にも大活躍することでしょう。

ちょっと羽織るようにしてコーディネートするのがおすすめで、パーカーなどに合わせてもかっこいいですよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?リブカーディガンは、単にデザイン的にアクセントを付けてくれるだけでなく、伸縮性を高めることができて着心地も良いアイテムが多いです。これから冬にかけて、お気に入りのリブカーディガンを見つけてかっこよさを追求してください!

Pocket
LINEで送る