秋冬で使える!フリースジャケットで存在感と変化をプラス!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

寒い日に暖かさをもたらしてくれるアイテムとして、フリースジャケットがあります。フリースジャケットはストリート系のブランドで特に用いられることが多いアイテムであり、軽量であり動きやすさがキープできるのが特徴です。また、薄手なのでインナーとして着用できたり、室内ではアウターとして寒さしのぎすることができます。

フリースジャケットは基本的にフルジップアップ仕様のアイテムが多いため、風を通しにくくフリース内部で暖かさをしっかりと密閉できます。見た目もモコモコしたものが多く暖かみがありますし、カジュアルなスタイルとなっていて様々なコーディネートに応用可能です。各ブランドで様々な機能を持たせているアイテムが多数あり、選択肢が多いのも良いですね。

そこで今回は、秋冬に活用できるフリースジャケットの中でおすすめのアイテムを紹介します。

フリースジャケットで秋冬ファッションを快適に楽しもう

スポーティーな雰囲気が最高なフリースジャケット

スポーティーな雰囲気が最高なフリースジャケット

出典:zozo

フリースジャケットは、一般的にはカジュアルで動きやすいスタイルの物が多いですが、スポーツ系ブランドの別注モデルも存在しています。このアイテムはChampionにFREAK’S STORE LIMITEDが別注をかけたモデルであり、ボアが強調されていてより暖かさを重視しているものとなります。一瞬癖があるように見えるのですが、このコーディネートのようにシンプルにカットソーとパンツと合わせても特に違和感がありません。幅広いシーンで活躍するベーシックかつシンプルに長く使える飽きの来ないデザインが良いですね。

ポケット部分にはシンプルにChampionの刺繍ロゴが入っていて、カジュアルを中心としてアウトドアシーンまで利用することができます。機能性とファッション性の両軸を抑えた万能アイテムであり、様々なニーズに対応可能です。肩幅は綺麗なラインが出ることを目的として大幅に型落ちさせて、レイヤードスタイルにも快適に使えるリラックス仕様となっています。身幅もオーバーサイズとなっていて、着丈は程よい丈感にまとめています。

流行しているビッグシルエットが苦手な方でも着やすいサイズ感となっています。


落ち着いたカラーリングで大人っぽさをアピール

落ち着いたカラーリングで大人っぽさをアピール

出典:zozo

こちらのコーディネートでは、ヴィンテージなスタイルとカラーリングが印象的なGOLDのフリースジャケットに、秋冬の定番であるトレーナーを合わせています。パンツには、フリースジャケットとマッチするカラーリングとなっているコーデュロイパンツを取り入れて一見やんちゃに見えるスタイルに大人のテイストを入れることに成功しています。

このフリースジャケットは、ヴィンテージのボアフリースをGOLDが上品にまとめたアイテムです。登山用フリースを使用していますが、雪山で命を守るための高い保温性や速乾性、耐久性、軽さを確保しています。一般的なフリースと比較すると、その違いは一目瞭然ですよ!保温性が高い一方で、袖通しのよい裏地であるので厚手のインナーを着用しても動きやすくなっています。ヴィンテージ市場でも珍しいボアフリースは、希少性の高さも注目すべきポイントです。

ヌケ感ある独特なデザインとなっており、レトロな雰囲気をうまく取り入れて上品なコーディネートにしたい時にもおすすめです。

切り返しによってアクセントが付いたフリースジャケット

切り返しによってアクセントが付いたフリースジャケット

出典:zozo

このアイテムは、66゜NORTHのテクニカルシェアリングジャケットと命名されているフリースジャケットです。その名の通り、様々な技術を取り入れた魅力的なアイテムですが、まず目を引くのが異素材の切り返しが入っている点です。カラーリングは落ち着いたものとなっていて、ホワイトのカットソーやダークトーンなパンツとコーディネートすると、秋冬らしいスタイルを楽しむことができます。

66゜NORTHというブランドは、北大西洋の過酷な環境に立ち向かう勇敢なアイスランドの漁師と作業員を守るウェアを作ることを目的として、1926年に誕生しています。単にデザインにこだわっているだけでなく、デザインしたアイテムは厳重な管理の下で、熟練した登山家とアウトドアのプロや救助隊等が生産前の製品をテストして適合性を確認した上でリリースしています。このアイテムも同様に、全体に保温力のある毛先がカールした厚めのフリースを使用することで、圧倒的な保温性を確保しています。

単に温かいだけでなく、稼働部にはストレッチ性のあるフリースを配置しているので、動きやすさも兼ね備えています。胸ポケットがあって実用性の高さも評価できます。

カーディガンのようなデザインが印象的!

カーディガンのようなデザインが印象的!

出典:zozo

こちらは、まるでカーディガンのようなデザインが目を引くBattenwear(バテンウエア)のフリースジャケットです。インナーにはリラックス感があるカットソーを合わせ、パンツには今シーズンも欠かせないカモフラージュ柄のアイテムを履いています。トレンドを強く意識しながら、過度に堅苦しくなり過ぎずにちょっとした外出に最適なコーディネートとなっています。

Battenwear(バテンウエア)は、オーセンティックなデザインでありつつもアウトドアやサーフウェアからインスパイアされた本格的な機能を兼ね備えた良質な日常着を作るのに長けたブランドです。ニューヨーク産にこだわっているのも特徴で、このアイテムでもフリース素材なので軽く保温性が高く仕上がっています。ノーカラーデザインとなっていて、首元をスッキリとさせることができます。胸ポケットにあるブランドロゴジップがワンポイントで入っていたり、パイピングデザインもさりげないアクセントとなっています。

渋みすら感じられるオリーブのカラーリングも秀逸で、コートのインナーとしても活用できそうです。


極寒の中でも活躍するフリースジャケット

極寒の中でも活躍するフリースジャケット

出典:zozo

このコーディネートでは、CIAOPANICがCAPE HEIGHTS(ケープハイツ)に別注をかけたフリースとボアの混合ジャケットに、シンプルなブラックパンツを合わせています。多少着丈が短めなジャケットですので、インナーのカットソーが裾から顔を覗かせていますが、だらしなさは皆無でリラックスしたスタイルとなっています。

CAPE HEIGHTS(ケープハイツ)は、アメリカの名だたるアウターウェアブランドの生産を長年手掛けてきた事によって蓄積されたノウハウとアイデア、環境に考慮した素材をベースとしたアイテムを多く製造しています。このアイテムにおいても、布帛やステッチカラー、ジップ、シルエットをにこだわっていて、可愛さもあるボアデザインによって秋から冬にかけての羽織りに大活躍します。粒高のボアとフリースのコンビネーションが最高で、アウトドアシーンでも使用することができます。

ベージュのカラーリングで清涼感があり、爽やかさもアピールできる点も評価できます。

最後に

いかがでしたでしょうか?フリースジャケットはストリート系ブランドが中心となって展開していますが、中には落ち着いたスタイルでも身に着けることができるアイテムもあります。肩肘張らずにファッションを楽しみたい方は、秋冬のアウターとしてぜひフリースジャケットを取り入れましょう!

Pocket
LINEで送る