大人の秋服に好相性!明日から履けるメンズ秋靴特集!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

シューズ選びとして、夏はサンダルなどの軽くて通気性の良いアイテムがメインとなりますし、冬になるとブーツなどの厚手で悪天候でも履けるシューズが多く用いられます。一方で、秋は中途半端でどんなシューズを選べばよいか悩むものですよね。そこでおすすめしたいのが、秋服にピッタリ合うシューズを選びという考え方です。

秋は比較的落ち着いたカラーリングのアイテムとなりますし、冬ほどではないにせよ厚手のアウターなどが欠かせません。そのスタイルにマッチするシューズ選びをすることで、全体的なコーディネートもびしっとまとまります。また、あえてシューズでハズシの要素を入れるというのも良いでしょう。では、具体的にどのようなシューズを履くと良いのでしょうか?

今回は、秋ファッションで活躍間違い無しのシューズを厳選して紹介します。

コーディネートに差をつける!魅力的な秋向きのシューズを紹介

ショートブーツで季節を先取りする!

ショートブーツで季節を先取りする!

出典:オクテット

こちらは、秋に着る爽やかカラーのホワイトニットをメインにコーディネートしています。秋冬のコーデと言えば暗くなりがちですが、シンプルに明るいカジュアルストリート系ファッションを楽しむのもおすすめです。足元とバッグをブラウン系で合わせて、秋らしさも表現しています。シューズにはParaboot(パラブーツ)のマウンテンブーツをタウン向けに作られた短丈のブーツで、男らしさをアピールしています。
(Parabootの詳しい解説はこちら)

このシューズは無骨な顔立ちですが、履けばスッと足入れしやすく、柔らかなインソールとアウトソールでタウンユーズにしておくには勿体無いほどです。歩きやすく足が疲れにくい、最高の一足で誉高き靴となっています。Dリング4列でフックピンのレースアップタイプを用い、長さが足首丈となっています。スノーフラップという、羽根上に分かれたタンが重なり防風性と防雪性を兼ね備えています。また、ソールも厚くアッパーとソールの境目ストームウェルトが、防水や防塵性を高めているのが良いですね。

赤みの高いブラウンカラーに、部分的に色の濃さが異なる表現仕上げとなっているので、大人っぽさを強調することができます。


コインローファーを素足履きで重くなり過ぎていないスタイルを楽しむ!

コインローファーを素足履きで重くなり過ぎていないスタイルを楽しむ!

出典:オクテット

秋はまだまだ暖かい日もあるので、軽さがあるスタイルを楽しみたくなります。そんな時におすすめしたいのがこのコーディネートで、GIANNETTO(ジャンネット)のドレッシーなストライプシャツに、SANTANIELLO(サンタニエッロ)のコーデュロイジレを合わせています。そこに、DSQUARED2(ディースクエアード)の派手にダメージが入ったデニムパンツを履いて、PARABOOT(パラブーツ)のコインローファーを素足履きしています。やんちゃにも見えるスタイルですが、このシューズでラフになりすぎないようにまとめています。
(GIANNETTOの詳しい解説はこちら)
(DSQUARED2の詳しい解説はこちら)

このシューズは、シンプルながらもかっこいいブラウンカラーとなっています。同色異素材で構成されているのですが、同色で素材違いを組み合わせて大人のスタイリングを実現させる、塩梅のよいマロン&モカ のブラウンコンビに仕上げています。ラバーソールには、やや透明感のあるカフェブラウンをチョイスしており、ブラックよりも重たくなくボテッと重たいラバーっぽさが軽減されています。

滑りやすい甲板でも問題なく歩行できるようにデザインとなっているので、どんなシーンでも安心して履くことができます。オフシーンはもちろんのこと、ビジネスシーンでもさり気なく履きたいですね。

ありそうでないブラックのスエードレザーシューズ!

ありそうでないブラックのスエードレザーシューズ!

出典:オクテット

こちらのコーディネートでは、Pierre-Louis Mascia(ピエール・ルイ・マシア)の斬新且つデザイン性に溢れたカーディガンを着ています。優雅なシルエットに上品な控えめトーンが魅力的ですが、背中にはPierre-Louis Mascia(ピエール・ルイ・マシア)らしい派手な刺繍を施しています。ドレッシーのライトチノと合わせることで、キレイめカジュアルなコーディネートとなっています。足元には、PARABOOT(パラブーツ)の大人なスエード革のダブルモンクでビシッとキメていますが、そもそもブラックのスエードというのが珍しいですね。
(Pierre-Louis Masciaの詳しい解説はこちら)

このシューズでは、オイルドレザーであり起毛されているオイルドショートベロア革を使用しています。オイル含有率を高くすることによって、天然の撥水性を発揮しています。毛足の短いベロアスエードにする事によって、無骨さよりエレガントさを重視しています。雨に強くて頑丈で劣化が少ない特徴があるので、あ秋の長雨でも安心して履くことができます。フォルムはキャップトゥのポッテリとした形状で尖りすぎず、ワークすぎずな絶妙なバランスとなっています。

クラシカルなダブルモンクであすが、カジュアル使いでも様になるコーディネート万能な1足ですので、持っておくととても便利ですよ。

ダークトーンなスニーカーで大人っぽさをアピール!

ダークトーンなスニーカーで大人っぽさをアピール!

出典:オクテット

このコーディネートでは、日本でも注目を集めているOff-White(オフホワイト)の存在感あるシャツジャケットをメインとしたコーディネートです。ミドルアウターとして、秋に活躍するシャツジャケットに派手さのあるダメージデニムを合わせたカジュアルにまとめています。足元はシャツジャケットと色を合わせて、ブラックとレッドをかけ合わせたPHILIPPE MODEL(フィリップ モデル)のスニーカーも存在感がありかっこいいですね。
(Off-Whiteの詳しい解説はこちら)

このスニーカーは、ナイロンをベースとしてスエードレザーを合わせた秋にピッタリのシューズです。きれいめのジャケパンスタイルに取り入れることができて、シーズン問わず活躍するローカットスニーカーです。ランニングシューズをベースにしていながら、踵は4cmほど高い設定になっているので、脚長効果が期待できます。ソール形状もつま先が上にあがり、踵が分厚く捲れ挙がった仕様で野暮ったくなくスマートに履けますよ。

異素材をかけ合わせてデザインされていますが、色味を統一したブラックカラーデザインで、ヒールカップ上とアイコンとなるレザーパッチは鮮烈なレッドカラーで演出しており過度に重くなりすぎていません。ジャケパンスタイルにもピッタリ合うスニーカーとしておすすめです。


渋すぎるカラーリングのスニーカー!

渋すぎるカラーリングのスニーカー!

出典:オクテット

こちらでは、カジュアルなスタイリングを華やかに、珍しいカラーで周りと差を付けるコーディネートを実践しています。まず目立つのがSTONE ISLAND(ストーンアイランド)のライムグリーンカラーがインパクトに残るカーディガンです。暗くなりがちな秋冬ファッションを鮮やかに華を持たせてくれますよ。派手さのあるDSQUARED2(ディースクエアード)のデニムパンツは、緑と青のペイント加工が施されており、赤のロゴタグもいつもより大きく目立ってくれます。程よくテーパードに効いたデニムは大人シルエットを手軽に演出できます。そこに、DSQUARED2(ディースクエアード)のレザースニーカーでよりドレッシーな雰囲気を際立たせています。
(STONE ISLANDの詳しい解説はこちら)

このスニーカーは、ブラックレザーがベースとなっており、トゥまわりのみスエードレザーでカバーしています。6つのDカンとリングでのレースアップを施し、紐もブラックで統一されています。側面にブランドネームと「1964」のステッチがあり、レースには黒エナメルに塗装されたメタルプレートが通されています。まるでドレスシューズのような、引き締まったロングノーズで細身のシューズであり、スマートカジュアル用の黒靴として迫力ときれいめなスタイリングを楽しめます。

もちろん、スニーカーらしいライトな履き心地やクッション性の高さもあり、長時間歩くシーンで使用するのも良いでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?秋のシューズ選びでは、やはりダークトーンが中心となりますがレザーシューズだけでなくレザースニーカーも選択肢の一つとして取り入れたいですね。早めに秋シューズを確保して、秋ファッションを楽しみましょう。

Pocket
LINEで送る