ビジネスにもチェック柄スーツコーデでイタリアンセンスをアピール!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

そろそろ秋になると、クールビズが終了してスーツスタイルに戻るという企業が多いですよね。クールビズでノーネクタイで、ジャケットを羽織ることなく外出するのに慣れると、スーツを着こなすのが少し煩わしくなってしまいますが、ビジネスシーンでは致し方ないことと言えます。ただ、スーツの中でも動きやすさを取り入れたものであったり、薄手の素材で形成されているものもあるので想像しているほど煩わしさを感じないのも実情です。

ビジネスシーンで取り入れるスーツとしては、多くが無地でシンプルなものが大半です。その中で、チェック柄を取り入れたスーツも存在しており、また違った印象を与えることができます。決して派手というわけではなく、しっかりとビジネスシーンでも身につけることができるアイテムも多いので、選択肢の一つとしたいですよね。

そこで今回は、ビジネスシーンでも着用できるチェック柄スーツを取り入れたコーディネート術を紹介します。

チェック柄スーツでビジネスシーンで差をつけよう!

ライトグレーのカラーリングが良い!

ライトグレーのカラーリングが良い!

出典:でらでら

このコーディネートでは、Luigi Bianchi Mantova (ルイジ ビアンキ マントヴァ)のライトグレーのスーツをビシッと着こなしています。太陽が燦々と照りつける中でも、その明るい雰囲気が最高にかっこいいですね。BONSER(ボンサー)のシャツとULTURALE(ウルトゥラーレ)のネクタイとのコンビネーションも絶妙で、爽やかさも感じることができます。
(BONSERの詳しい解説はこちら)
(ULTURALEの詳しい解説はこちら)

このスーツは、ライトグレー&ホワイトによるウインドウペンチェック柄で英国トラディショナルな雰囲気が感じられます。英国クラシックを堪能できる、渋みと新しさを取り入れたシャドーラインを重ねた大判格子パターンが印象的です。マテリアルには、ソフトなだけではなく非常にハリがあって丈夫な素材を使用しています。縦と横方向への伸びに強く、非常に安定感があり型崩れしにくいタイプのサマーウール生地であり、どこかトロピカルな雰囲気もあります。

春から秋口までの長期間着用が可能で。背抜き裏地仕様ですので身軽さを楽しむことができます。男らしいメリハリを作り出している高いゴージラインと、9.5cm幅の広いラペルも絶妙でスラックスも同様に細身でミドルライズ、ノータックのデザインで美脚効果を発揮できます。


出典:でらでら

こちらは、Superlativoの清涼感があるスーツです。比較的明るい印象があるスーツに対し、SOLIDO(ソリード)の度詰めカノコでエアリーな着心地を楽しめるシャツをチョイスして、更に清涼感を高めている印象があります。ネクタイにはULTURALE(ウルトゥラーレ)のシルクにウールをブレンドした薄手のタイプで、見た目以上に軽やかな着心地を楽しめます。PARABOOT(パラブーツ)のシューズでカジュアルさも適度に取り入れているのが良いですね。
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)
(PARABOOTの詳しい解説はこちら)

このスーツは、トラベラーという素材を用いたスペシャルスーツです。忙しいビジネスマン応援スーツといえる存在で、ライコンフォートさをただ薄く軽いというだけではなくシワに強い特殊素材で仕立てられています。また、そのネーミングの通り、高い耐久性を誇る旅行時に嬉しいファブリックでもあります。極細繊維に強撚をかけ、糸の張りと反発力を強め皺を防いでくれます。やや明るさをアップさせたブルーネイビーをベースとして、同じくブルーのコントラストにてウインドペン柄を織り上げたテキスタイルが魅力的です。

柄が中判的で線は細く線が薄いために、大判のウインドペンで線が太く鮮明な柄よりも英国クラシックを堪能できる、渋みと新しさを取り入れたパターンとなっています。白シャツの鉄板なスタイリングだけでなく、ピンクや線の色を取り入れたライトブルーなシャツとも合わせやすく一気に洒落さをプラスできるスーツに仕上がっています。

秋冬にも映えるグレーのスーツ!

秋冬にも映えるグレーのスーツ!

出典:でらでら

秋冬のスーツスタイルは、ダークトーンで落ち着いたものが多くなる中で上品さを残しつつよく見るとチェック柄となっているSuperlativoのこのスーツもおすすめです。このコーディネートでは、HERNO(ヘルノ)のダウンコートで完全防寒していますが、秋口であれば上着無しでこのスーツだけでも十分存在感を示すことができます。Daniel&Bob(ダニエル&ボブ)のブリーフケースもうまくマッチしていて非常にかっこいいです。
(HERNOの詳しい解説はこちら)

このスーツはライトグレーのチェック柄タイプで、洒落乙度の高い色と細かいグレンチェックパターンの組み合わせが絶妙です。チェック柄は細かいタイプとなり、身体の少し大きめの方でもスラリとした雰囲気を与えることができます。ビジネスシーンでも問題なく使えるのがポイントのクラシカルなチェックパターンが良いですね。意外にペイズリーなどの柄ネクタイとも相性が良いので、積極的に取り入れて欲しいものです。

日本人の体形を考えて、スリムさに無理のかからないオリジナル型紙を採用しています。ハイゴージのノッチドラペルとラペル幅9cmにて、細身の中にも胸元に貫禄と色香を内包している素晴らしいスーツとなっています。

クラシカルテイストを前面に押し出したスーツ!

クラシカルテイストを前面に押し出したスーツ!

出典:jedia

今シーズンも、クラシック回帰の流れが継続しておりイギリステイストのスーツに注目が集まっています。このコーディネートでは、TAGLIATORE(タリアトーレ)の旬な英国テイストを存分に味わえるスーツをメインとして、TAGLIATORE(タリアトーレ)のシャツとatto vannucci(アットヴァンヌッチ) のネクタイでビジネスシーンでも映えるスタイルを楽しんでいます。

このスーツは、2Bシングル1プリーツのデザインを取り入れたスーツで見た目も仕立てもサルトリアを意識しています。クラシカルな趣を残しながらも、現代的にアレンジされたスリムラインとなっていて一目で仕立ての良さが分かります。ジャケットは、肩から胸回りにかけて薄く芯材を入れたハーフキャンバス仕立てですので着心地は軽やかながら男らしいショルダーラインを楽しめます。胸元からウエストにかけての立体感も素晴らしく、技術力の高さが魅力的です。

スラックスは旬なプリーツ入りとなっていますが、野暮ったさは皆無で適度なゆとりを感じる大人の腰回りとなっています。裾に向けてグッとテーパードするスリムでタイトなフィッティングも最高です。


15milmil15を採用した上質なスーツ!

15milmil15を採用した上質なスーツ!

出典:zozo

こちらは、TOMORROWLANDの最上級のマテリアルを取り入れたスーツを身に着けて、インナーには至ってシンプルなシャツとネクタイでよりスーツの存在感を示しています。メガネで遊び心を入れていますが、ビジネスシーンで許容できる範囲内でありおしゃれを楽しみたい方におすすめなスタイルです。

このスーツは、マテリアルメーカーとして有名なErmenegildo Zegnaの中でも最高峰である15milmil15を使用した段返り3Bスーツです。既製品はおろかビスポークでも採用されることが少ないSuper170’sウール原料の素材という位置付けだけ聞いてもそそられるものがあります!糸の分量が多くなるツイル組織でありながらも、220g/mという圧倒的に軽い目付を誇っています。細身のシルエットですが現代人の体型に合わせたパターンと職人の卓越した技術によって、立体的で快適なシルエットとなっています。

上質な生地のポテンシャルを活かし切るためのパターンメイキングや縫製など、良質なスーツに必要な要件をすべて兼ね備えています。

最後に

いかがでしたでしょうか?チェック柄のスーツと聞いただけでビジネスシーンではなかなか取り入れにくい印象があるのですが、今回紹介したコーディネートのようにワンランク上のファッションを楽しむことができます。早速チェック柄スーツを取り入れて、気分もリフレッシュして仕事に臨みたいですね。

Pocket
LINEで送る