イタリアのニット専業ブランド!フィリッポ デ ローレンティス!

出典:フィリッポ デ ローレンティス

Pocket
LINEで送る

そろそろ秋めいた気候になってきたので、秋ファッションを意識している方も多いのではないでしょうか?秋から冬にかけておすすめなトップスとしてニットがあります。ニットはインナーに取り入れてもアウターで着ても決まるアイテムの一つで、使用する糸や縫い方によっては薄手であっても保温性を確保することができます。また、大人っぽさをアピールすることができる点も良いですよね。

そんなニットを専業としているブランドもありますが、その中でフィリッポ デ ローレンティスの持つ魅力は計り知れないものがあります。フィリッポ デ ローレンティスとは、アドリア海に面したイタリア中部の街であるペスカーラで2012年に生まれたニット専業ブランドです。

コレクションは創始者であるカルミネ・フェランテの70年代から今日に至るまで培われた多くの知識や経験と、その息子フィリッポのモダンなテクニックと素材の研究を融合させているのが特徴です。古典的なニットウェアの伝統を際立たせながら、現代的でスタイリッシュなニットウエアを提案していて、多くのファンを獲得しています。

今回は、フィリッポ デ ローレンティスの魅力的なニットアイテムを厳選して紹介します。

フィリッポ デ ローレンティスのニットでワンランク上のファッションを楽しむ!

スポーティーさが魅力的なポロシャツ!

マリンブルーでより海を連想させる!

出典:でらでら

最初に紹介するのは、特に夏に活躍しているポロシャツです。ネイビーで落ち着いた雰囲気のあるポロシャツに、JACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)のはっきりしたホワイトカラーでスタイリッシュなデニムパンツを履いています。美脚効果もあって、ドレッシーさも感じさせますよね。シューズにはdiadora(ディアドラ)らしいレトロ感溢れるスニーカーを履いて、よりアクティブな印象を与えているのが印象的です。
(JACOB COHENの詳しい解説はこちら)
(diadoraの詳しい解説はこちら)

このポロシャツは、襟羽根が長めで落ち着いた印象を作り出す3つ釦フロントの鹿の子ニットポロシャツです。サマーセーター寄りの滑らかで柔らかなコットンニット質となっていて、スポーティーさを持つ鹿の子編みですが目が細かく上質感のあるニットポロシャツとなっています。ジャケットと合わせてもかっこいいですし、一枚で着ても品の良さを楽しめます。柄スカーフなどを首元に巻いて、リゾート風マリンスタイルを堪能するのもおすすめです。

薄手のハイゲージニットクロスで、色が濃いめとなっていて透けにくくなっています。通気性も良くてドライ質感、更にご自宅で水洗いも可能な高品質のコットンニットウェアという位置づけも最高です。

ポロシャツの清涼感をタイトなカットソーで味わうといった感じで着こなすのもおすすめです。


細番手で肌触りの良いニットソー!

細番手で肌触りの良いニットソー!

出典:でらでら

こちらは、編地の種類はポコポコと鹿の子編みに似たハイゲージニットクロスを採用したニットソーです。ブラウンカラーで秋らしさをアピールできるニットソーに、SOLIDO(ソリード)のSuper 110’S WOOLシリーズのスーツを合わせています。スーツ自体が堅苦しくないイメージですが、更にインナーにこのニットソーを合わせることでよりリラックスした印象を与えています。PARABOOT(パラブーツ)のコインローファーを素足履きしている点にも注目ですね。
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)
(PARABOOTの詳しい解説はこちら)

このニットソーは、薄手タイプですが編み目が細かくて、上品な雰囲気を帯びていて透けにくくなっています。カラーは赤みがほんのりとミックスされたブラウンカラーで、どこか古着ライクなレトロさを漂わせています。トレンドを取り入れたデザインとカラーで構築されていて、詰まった襟元とパフっぽい柔らかで締め付けすぎない袖型、肩幅を狭くデザインしてコンパクトにまとめたミニマルスリムさが魅力的です。細番手によってインナー使いも楽しめるのも評価できます。

ネイビー系のアイテムとコーディネートして、鉄板コンビネーションであるアズーロエマローネを楽しむのも良いでしょう。

長袖だけどサマーセーターなので軽やかに着こなし可能!

長袖だけどサマーセーターなので軽やかに着こなし可能!

出典:でらでら

こちらのコーディネートでは、長袖のサマーニットを身に着けていますが、サマーニットなので想像以上に快適で着こなしやすいものとなっています。そこに、PT01(ピーティーゼロウーノ)のサマーウールクロス仕様で春夏バージョンの紺色スラックスを履いています。休日にちょっとしたお出かけで、手を抜かずにコーディネートしたいときに特におすすめです。そこに、IL BISONTE(イルビゾンテ)のコサッシュで小物をスマートに持ち運びも可能です。
(PT01の詳しい解説はこちら)
(IL BISONTEの詳しい解説はこちら)

このニットは、編みはガータでブツブツした表情が印象的なアイテムです。ループが横一列に並んでいるので、鹿の子に似た感じでサッパリとした印象を漂わせています。首元は詰まっていますが、リブではなく外にロールするように柔らかく伸びていてそれ以上に伸びっぱなしでロールが強く出過ぎないように、伸び止めの段が設けられています。

袖幅や胸囲と、全体的に細身サイズとなっておりボディラインが出やすいのですが、薄く体に密着するような感じはありません。優雅なドレープを作り出すことができ、ラグランショルダーにて動きやすさも適えてくれる点も評価できます。

1本1本の綿糸が細くて、レースの様な独特のシャリ感もあります。長袖ですが蒸れにくく、夏着用としてもピッタリですしジャケットのインナーにも活用可能です。

爽やかさをアピールできるブルーのニット!

爽やかさをアピールできるブルーのニット!

出典:でらでら

このコーディネートでは、ややくすませたブルーが印象的なニットです。そこに、GIANNETTO(ジャンネット)の存在感抜群なホワイトのジャケットを合わせていますが、うまくカラーバランスが取れています。ブルーとホワイトは爽やかさを連想させるカラーリングですので、お互いを引き立てて清涼感溢れるスタイルにまとめています。

パンツにはBRIGLIA 1949(ブリリア)のミリタリーテイストも感じられるクラシックパンツを履いています。リネン素材で快適に着こなすことができますよ。
(GIANNETTOの詳しい解説はこちら)
(BRIGLIA 1949の詳しい解説はこちら)

トレンドを強く意識したデザインとカラーリングが印象的なこのニットは、ネイビーよりも青さが強くて原色に近いながら、ややくすませた80番のブルーとなっています。夏らしいテイストとポップさを楽しむことができるトップスであり、インナーとして取り入れても良いですし、このニット一枚でサラッと着こなしが可能です。

細身のシルエットですので、スマートに着こなすことでよりかっこいい男性をアピールできますよ。


胸ポケットもあるポロシャツ!

胸ポケットもあるポロシャツ!

出典:でらでら

このコーディネートにおいて、ポケットが付いたポロシャツを取り入れています。そこに、L.B.M.1911(エルビーエム)のスウェットとは違った重厚なままで快適性をプラスさせている、ハイブリッドなジャケットをチョイスしています。PT01(ピーティーゼロウーノ)のサマーウールで構成されているスラックスで、オフシーンであっても手を抜いていない感じをアピールしています。Felisi(フェリージ)のセカンドバッグも小洒落ていてかっこいいですね。
(L.B.M.1911の詳しい解説はこちら)
(Felisiの詳しい解説はこちら)

このニットは、胸元にボタンのないスキッパーと呼ばれるアイテムとなります。胸元を開けるのに抵抗が少なく、袖がやや長めであってクラシカルさを堪能するのに最適なレトロ調ウェアです。左胸ポケットの上端がベロンとロールしている箇所からも、ニット地の薄さや滑らかさを実感できます。コットンニットは鹿の子ではなく、極細番手によるニットソーで仕立てられておりジャケットとの相性も抜群です。

シーズンやシーンを問わず、揺るぎのない定番カラーであるベージュなので幅広いシーンで活躍間違いありません。

最後に

いかがでしたでしょうか?フィリッポ デ ローレンティスは、ニット専業ということでどこかバリエーションが少ないのでは?と思うかもしれません。ただ、実際にはフィリッポ デ ローレンティスはニットの可能性を最大限引き出した魅力的なアイテムを数多く提供しています。これからの季節、フィリッポ デ ローレンティスのニットでワンランク上のファッションを楽しみましょう!

Pocket
LINEで送る