ゆったりな着心地がいい!夏のプルオーバーシャツのコーデ5選!

出典:menstights

Pocket
LINEで送る

ここ数シーズン、流行しているファッションアイテムとして、ビッグサイズシルエットのアイテムがあります。ワンサイズ大き目なサイズのアイテムを身に着けることで、ラフな感じをアピールできてリラックスした着こなしができます。また、お腹が出てしまっている方の場合、体型隠しとしてもビッグサイズシルエットのアイテムが用いられています。実は、見た目だけでなく夏場の場合は肌に密着する面積が少ないので快適に着こなすことができる点も魅力的です。

同じように、プルオーバーシャツもゆったりした着こなしが行えると最近人気です。カットソーとはまた違う存在感が魅力的で、単調になりがちな夏ファッションでよりおしゃれ感をアピールできます。素材についても、リネン系のアイテムが多くあるので夏向きで、インナーにピタッとしたアイテムを取り入れることで、ギャップ感を生んでよりおしゃれにみせることができます。では、今シーズンはどのようなプルオーバーシャツが人気なのでしょうか?

そこで今回は、プルオーバーシャツのおすすめアイテムと、着こなし術を紹介します。

ファッショニスタも注目!プルオーバーシャツを着こなそう

爽やかさをアピールできるリネンシャツ!

爽やかさをアピールできるリネンシャツ!
出典:でらでら

最初に紹介するのは、清涼感があって爽やかさ全開のコーディネートです。トップスにはASPESI(アスペジ)のプルオーバーシャツを取り入れていますが、ホワイトでリネン素材ということで涼しい雰囲気に溢れています。そこに、REPLAY(リプレイ)のエスト部分が伸びるなど履きやすさがあってカラーリングも清潔感があるデニムパンツを取り入れています。ブレスレットもブルー系のアイテムをさり気なく取り入れているのが印象的ですね。
(ASPESIの詳しい解説はこちら)
(REPLAYの詳しい解説はこちら)

リネンの素材感感じる爽やかなホワイトカラーの一着であり、春夏の風を感じながら、印象も明るく清潔感漂う印象も浮かびますね。朗らかさを表すリネンシャツは、身幅も大きくて袖幅も広く、ビッグサイズなストリートファッションスタイリングにも応用できます。肩ヨークがあって、サイズダウンして着用されても肩や腕まわりに負担がかかりません。ハリやコシが強めに表現されていて、季節感を表すだけではなく生地の特性を活かしているのが良いですね。リネンは自然のpHバランスを持っているために、西洋ではリネンの肌への効果が証明されています。

暑さが続く夏に、心のビタミンとなって、長袖スタイルの苦労も吹き飛ばしてくれること間違いありません!また、抗菌性があるという点も魅力的ですね。


インナーとしても存在感抜群なホワイトシャツ

インナーとしても存在感抜群なホワイトシャツ
出典:でらでら

こちらは、FILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー)のバスクシャツを着て、BRIGLIA 1949(ブリリア)のドレッシーなチノパンできちっとした印象を与えていますが、マリンテイストもうまく取り入れています。そこに、KIDUR(キドゥー)のシャツをインナーとして着用していますが、サイズ的に大きくても問題なく着込むことができている点に注目です。
(FILEUSE D’ARVORの詳しい解説はこちら)
(BRIGLIA 1949の詳しい解説はこちら)

プルオーバーシャツとして、大きな胸ポケットと着丈の長さとスタイルの優雅さが魅力的なシャツは、フワフワッと毛羽立ちを生地に与えて柔らかく仕上がっています。吸湿性、吸水性と期待できるフライス地調で仕立てている、珍しさもあります。身幅も大きく、袖幅も広くてビッグサイズなストリートファッションスタイリングにも応用できるのが良いですね。肩ヨークには左右でダーツを配し、胸周り肩まわりと突っ張らず、背面をむやみに広く見せません。

襟はワイドカラーであり、首回りをすっきりと見せてネクタイ着用も可能ですし、プルオーバーシャツに見慣れないフォーマル感もあるのが魅力的です。

インディゴ素材でカジュアル感も強い!

インディゴ素材でカジュアル感も強い!
出典:でらでら

今シーズンもデニム系アイテムが流行していますが、このコーディネートではKIDUR(キドゥー)のバンドカラーシャンブレーシャツを取り入れています。アウターにはGIANNETTO(ジャンネット)のホワイトが眩しいカジュアルジャケットをチョイスして、パンツにはSTONE ISLAND(ストーンアイランド)のスポーティーさも感じられるブルー系のカーゴパンツでスポーツミックススタイルを楽しんでいますね。
(GIANNETTOの詳しい解説はこちら)
(STONE ISLANDの詳しい解説はこちら)

4つ釦と大きな胸ポケットが印象的なシャツは、着丈の長さやスタイルの優雅さが特徴です。インディゴ染めの柔らかなブルーが、コクまろとも表現できる味わいがありますが、白いストライプが走ってヴィンテージシャツのような風味もあります。洗って年月が立つと、色の感触も個人差として味わい深くなること間違いありません。肩ヨークには左右でダーツを配しており、胸周り肩まわりと突っ張らず背面をみやみに広く見せません。襟の折り返しがないので、他のシャツよりも首回りがスッキリと見せる事ができます。

ポケット横には織りタグと、白くて透明感のある12mm直径のボタンがあります。運針が均等であり、縫いが美しいと言える丁寧さを感じさせてくれます。首元にスカーフを入れ込んだマリンスタイルや、ドレスダウンに変化を与えたい時に最適なシャツです。

ショート丈でもゆったり感を持たせるシャツ

ショート丈でもゆったり感を持たせるシャツ
出典:HUMIDiT

こちらのコーディネートでは、KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン)のスタンドカラーが印象的なプルオーバーシャツを取り入れています。そこに、GRAMICCI(グラミチ)の絶妙なサイズ感が印象的なショートパンツを履いてアクティブな印象があります。そこに、ホワイトのシューズを履くことで爽やかさを強調しています。

このシャツは、KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン)が得意としている上質なエジプトの超長綿のギザコットンの中でも、選りすぐりのフィンクスコットン原料を使用しています。そのフィンクスコットンを100双の糸として、旧式のシャトル織機でじっくり時間をかけて編み上げて作り出しています。ナチュラルな風合いを出すために、あえて薬品を使用せず洗い晒しで仕上げているのが特徴です。ゆったりと余裕のあるボックスシルエットで、深く入ったサイドスリットとロングテールのボックスカットのコントラストが実にかっこいいですね。

あえてショート丈となっていますが、オーバーサイズなのでゆったりとした着心地を楽しめます。


ポロシャツのような着こなしが可能!

ポロシャツのような着こなしが可能!
出典:zozo

こちらのコーディネートでは、wjkのブラック系のカラーリングが印象的なプルオーバーシャツをサラッと着こなし、ダメージジーンズでラフさをアピールしています。シューズにもブラックのスニーカーを履いてシャツとのコンビネーションを見せており、腕にもアクセサリーを付けてリラックスしたスタイルの中にも手を抜いていない感じをアピールしています。

このシャツでは、襟元から開いたデザインを採用して、開けてる感じがいやらしくなり過ぎないようになっています。また、左脇にYKKのジップを取り付けて、よりビッグシルエットにする事ができアクセントにもなっています。胸に配したポケットのフラップは、タックを付けて陰影を出すことによって、奥行を出すことに成功しています。

wjkオリジナルの刻印が入った釦や、天然の貝から削られるシェルボタンの中でも高級な3mm厚の釦によって、ラグジュアリーな雰囲気もアピールできます。

最後に

いかがでしたでしょうか?プルオーバーシャツは数こそ決して多くないのですが、各ブランドで工夫を施して個性的なアイテムが揃っています。上手くコーディネートに取り入れて、夏のファッションをより快適に楽しみましょう!

Pocket
LINEで送る