多忙な大人の万能アイテム!夏のセットアップコーデと着こなし!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

夏はシンプルなコーディネートが多いからこそ、どのような組み合わせでおしゃれに見せるのかを考えなければなりません。意外とそれが手間に感じてしまい、いつも同じコーディネートを取り入れている方も多いのではないでしょうか?ただ、毎日同じスタイルというのはいただけませんし、夏は汗をかくことが多いので物理的に不可能でもあります。

毎日忙しい方にとって、コーディネートをあまり深く考えることなくコーディネートできるスタイルとして、セットアップコーディネートがあります。セットアップとは、簡単に説明すると上下揃いの服という意味があり代表例としてスーツがあります。また、スポーツ系のアイテムでも頻繁にセットアップアイテムが展開されており、何も考えることなく上下で統一感あるコーディネートを楽しめるのが魅力的です。では、夏向きのアイテムでどのようなセットアップが楽しめるのでしょうか?

今回は、夏に向いているセットアップスタイルを厳選して紹介します。

セットアップスタイルで手軽にファッションを楽しもう!

スタンダードながらもスポーティーなジャケットスタイル!

スタンダードながらもスポーティーなジャケットスタイル!

出典:でらでら

このコーディネートでは、セットアップとしてはスタンダードなスーツ系のスタイルとなっています。SOLIDO(ソリード)のジャケットとパンツですが、イタリア製2WAYストレッチクロスで非常に着心地がよく動きやすいアイテムをチョイスして、夏でもアクティブに動くことができます。また、FILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー)のバスクシャツでマリンテイストも取り入れている点に注目です。
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)
(FILEUSE D’ARVORの詳しい解説はこちら)

このスーツは、ウインドブレーカーに似た雰囲気があって、ハイパーストレッチシリーズの生地感よりも更に薄く、ナイロンジャケットにあるハードさ、スポーティーさを演出できます。素晴らしい伸縮性だけではなく、どの角度からも伸びる2wayストレッチとなっています。微撥水性あり、吸放湿性も確保され、皺になりにく仕立てられています。ジャケットは2つ釦シングルジャケット型となっていて、2つ釦で本切羽仕立てとなった袖口はロールアップもしやすく、伸縮性にて腕にフィットしやすいデザインとなっています。

ハード過ぎず、色香も備わったナイロンジャケットとスラックスのコンビネーションであり、ダウンウェアもスウェットパーカーもマッチングして、白シャツを併せた上下スーツスタイルで伊達にも決めることができます。


夏に大活躍するパーカー!

夏に大活躍するパーカー!

出典:でらでら

パーカーと聞くと、秋冬に活躍するアイテムでありますが、こちらのEA7(エ・ア・セッテ)のスウェットタイプのパーカーは夏でもサラッと着こなすことができるアイテムに仕上がっています。そこに、V::room(ヴィ ルーム)の至ってシンプルなTシャツを合わせていますが、パーカーのスポーティー感をより強調するものとなっています。シューズにはEA7(エ・ア・セッテ)の超軽量スニーカーを取り入れていますが、メッシュが入っていて夏でも快適に履くことが可能です。

スウェットパーカーのセットアップでありますが、厚すぎず薄すぎない生地感であり、夏でも取り入れることができるコットン主体の柔らかな着心地の一着です。パンツはあくまでスポーティーらしく、微弱なゴムとドローコードでラフな穿き心地を楽しめます。リブ裾で足首がシュっとなるスタイル構築であり、伸びる素材エラスティンも混合されているため、動き易さも自由自在です。デザインは、フロントの左胸とパンツのバッグポケットにロゴプリントを施しており、スリーブと膝下のサイド部分にEA7(エ・ア・セッテ)ならではのラバープリントのセッテラインをプラスされた都会的な印象のスポーツウェアとなっております。

7本のセッテラインがシンプルなデザインにアクセントが加わったストリートテイストとも呼べるジャージセットとなっていて、洒落感な部屋着としても楽しめる休日の一着は、アウトドアだけでなくインドアのカジュアル着として活躍するでしょう。

イージーパンツで夏のお出かけも楽しめる!

イージーパンツで夏のお出かけも楽しめる!

出典:でらでら

こちらも、パーカーを中心としたSOLIDO(ソリード)のセットアップスタイルとなっています。そこに、NO COMMENT PARIS (ノーコメント パリ)の様々なギミックを取り入れたTシャツがちらりと覗かせているのが印象的です。シューズには、DIESEL(ディーゼル)の今シーズンも流行が継続しているカモフラージュ柄を取り入れたスニーカーを履いていて、しっかりとトレンドを押さえています。
(NO COMMENT PARISの詳しい解説はこちら)
(DIESELの詳しい解説はこちら)

このパーカーは、見た目はスウェットクロス風ですが、カジュアル味が強すぎない新しいマテリアルを採用しています。ダブルで開閉ができるファスナー開閉フロントで、金具もシルバーの輝きが美しい信頼のYKK社製を使用していてカジュアル味をダウンさせています。気候に合わせて羽織ったり脱いだりできる便利なアイテムに仕上がっています。パンツは、前開きのないゴム&ドローコードウエストデザインとなっていて、サイドポケットは底の縫い目に沿う様なジップ式です。ヒップと膝には、熱で凹凸を付けた様な特殊な編み模様を浮かばせ、付いた皺をフォロー&目隠しする効果を発揮します。

2019年のトレンドワードとなっているドレープ感もうまく取り入れていて、よりオシャレ感を際立たせているのが良いですね。

インディゴブルーのジレとパンツのセットアップ!

インディゴブルーのジレとパンツのセットアップ!

出典:でらでら

デニム系アイテムが今シーズンもトレンドになっている中で、このコーディネートではCIRCOLO 1901(チルコロ1901)のジレとパンツのセットアップを楽しんでいます。そこに、JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のブラック系のポロシャツを着ていますが、これだけだとカラーリング的に重いのでPARABOOT(パラブーツ)のホワイトシューズで上手くバランスを保っています。
(CIRCOLO 1901の詳しい解説はこちら)
(JOHN SMEDLEYの詳しい解説はこちら)
(PARABOOTの詳しい解説はこちら)

このジレは、着丈は短めであり、全体的なシルエットもコンパクトに設定されて、特に肩周りをタイトに仕上げているモダンクラシックな構築となっています。体に馴染んでフィットするよう着心地の良さがあり、同時にシャンと背筋の伸びるアイテムです。端には、やや太めのハンドステッチライクさを使用し、背面はシャツに似たストライプ柄のコットンクロスを用いています。

パンツは、ウエスマンが細幅でありベルトループも3.5cmと、ナローベルト専用の股上の浅いスリムシルエットとなっています。ノータックとなり、伸びる鹿の子クロスという事で、スリムを通り越してスキニーに近い履きこなしが可能です。


きちっとした印象も与えることができるセットアップ!

きちっとした印象も与えることができるセットアップ!

出典:でらでら

夏のジャケットスタイルは、素材的にもカジュアルなアイテムが多いのですが、こちらのSOLIDO(ソリード)のアイテムはビジネスでも使用できるほどのきちっとした印象がありますね。そこに、インナーとしてFilippo De Laurentiis(フィリッポ・デ・ローレンティス)の詰まった襟元とパフっぽい柔らかで締め付けすぎない袖型が印象的なニットを着て、リラックスした雰囲気をアピールしていますね。

このジャケットは、シンプルさにソフトさをミックスさせた、トレンドであるユーティリティースタイルに適合するアイテムとなっています。シャツとネクタイで、気合いを入れる休日スタイルに、ビジカジにとオススメのジャケットは、Super100’S ウールクロスで仕立てられた一着です。パッと見はウール素材だとはわかりにくく、触れたらすぐに理解できるサマーウールを採用しています。あえてオフシーンで着用する、体を解き放つアンコンジャケットというスタンスが良いですね。皺になりにくい特性を活かして、コンパクトに折り畳んで長期外泊にも取り入れやすくなっています。

パンツも同素材を取り入れて、皺になりにくいのでヘビーローテーションしたくなる魅力的なアイテムです。

最後に

いかがでしたでしょうか?セットアップスタイルと聞くとスーツをすぐに思い浮かべますが、スポーティーなアイテムもありますし、ジレでセットアップも楽しめます。手を抜くわけではありませんが、セットアップスタイルで楽ちんに夏ファッションを楽しみましょう。

Pocket
LINEで送る