Off-White(オフホワイト)のパーカーでお洒落ストリート!

出典:OFF WHITE

Pocket
LINEで送る

スポーティーなスタイルがまだまだトレンドとして継続していますが、その中で重要なウェイトを占めるアイテムとしてパーカーがあります。手軽にスポーティー感を取り入れることができますし、着心地も最高で軽く羽織って出かけるのに最適ですよね。また、冬場にはアウターのインナーとしても活用できて、カジュアルな雰囲気を取り入れるのにも最適です。

そんなパーカーですが、ストリートシーンでももちろん人気で特にラッパーに人気です。若干大きめのパーカーをダボッと着こなしてやんちゃな雰囲気を出すのが定番ですが、その中でも最近特に人気となっているのがOff-White(オフホワイト)です。ご存知、世界的なアーティストであるジャスティン・ビーバーも愛用していることで知られ、年々人気が高まっています。

そのOff-White(オフホワイト)の特に定番と言えるアイテムであるパーカーには、どんなものがあるのでしょうか?そこで今回は、Off-White(オフホワイト)のイケてるパーカーを紹介していきます。

Off-White(オフホワイト)の代名詞!パーカーでイケてる雰囲気をアピールしよう

トレンドのカモフラージュ柄を取り入れたパーカー

トレンドのカモフラージュ柄を取り入れたパーカー

出典:でらでら

最初に紹介するのは、ミリタリーテイストにあふれているパーカーです。ミリタリーの中でも、最近ではカモフラージュ柄が特に人気となっていますが、このパーカーもその流れをしっかりと取り入れています。配色的には暗めのトーンでまとめつつ、ウェスト周りに大きくOff-White(オフホワイト)のロゴを入れたりと個性が強いアイテムとなっています。そこに、STONE ISLAND(ストーンアイランド)のカットソー、そしてスリムデニムを履いてリラックスした雰囲気をアピールしています。
(STONE ISLANDの詳しい解説はこちら)

フロントからバックシャンへのブランド名をプリントしており、ひと目でOff-White(オフホワイト)のアイテムであることがわかります。生地の全体、散らすように「CAMOUFLAGE」の文字もあるなど、随所に拘りが見て取れます。腹部を覆う大きさのフロントポケットやジップ金具まわりの色落ちに、縁は激しいダメージを施すことで、カモフラージュ柄だけでなく細かなところまでミリタリー感を演出しています。

トリートメントを施した程度の、かなり柔らかなコットン・スウェットクロス仕立てであるので、インナーを着ずにこのまま肌に触れさせたくなります。ワイドパンツからスリムジーンズと、トップスの短丈&オーバーサイズ感を活かしてスタイリッシュなストリートファッションを楽しめそうです。


オーバーサイズでショート丈の絶妙なサイズ感!

オーバーサイズでショート丈の絶妙なサイズ感!

出典:でらでら

Off-White(オフホワイト)のパーカーは、オーバーサイズでだるっと着こなす事ができつつも、着丈を短くしてスマートに見せる効果を発揮できるものが多いのが特徴です。このコーディネートでも、ブラックのパーカーに同じくOff-White(オフホワイト)の自由をテーマとして自由の女神をプリンとしたカットソーを着こなしていますが、着丈が長めでパーカーから飛び出しています。ただ、これもおしゃれに見せることができるのがOff-White(オフホワイト)らしいと言えます。パンツにはSOLIDO(ソリード)の超度詰天竺パンツでスポーティーさもしっかりと取り入れています。
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)

こちらも、ブランドのモチーフであるダイアゴナルをバック面にプリントさせたジップパーカーとなっています。平面ではなく立体3D描写で描かれたプリントは、バックだけではなくて両袖にもあり、非常に目立っています。ベルトがようやく隠れる程の短め丈であり、ボディも程よく大きめとなるオーバーフィットとなります。素材には、トリートメントを施した程度のかなり柔らかなコットンスウェットを使用して、クロス仕立てとなっています。真夏でもUVカット目的として着用できる程よい裏毛感が魅力的です。軽くて滑らかなコットンスウェット地はブラックであり、フードドローコードも丸紐ブラックというこだわりが良いですね。

揺れて当たると痛い位のメタルキャップやジップヘッドは艶消しブラックにするなど、単なるパーカーとは一線を画するパーカーに仕上がっています。

幅広いシーンで使用できるパーカー!

幅広いシーンで使用できるパーカー!

出典:farfetch

こちらのパーカーは、胸に人物像がプリントされていて、非常に個性的なパーカーと言えます。また、背面にも大胆にプリントを施しており、派手さもある一方で、ブラックでまとめているのできちっとした印象を与えてくれます。このコーディネートでは、くすんだカラーリングが印象的なデニムパンツと合わせていますが、ぴったりマッチしていますね。

長袖でゆったりフィットのサイズ感なので、インナーに他のアイテムをしっかり着込んでアウターのように着ることができます。リブ編みのトリム、ドローストリング付きフードで、寒い日に頭部を保護することができますし、デザイン的にもおしゃれに見せることができる効果を発揮します。様々なシーンで大活躍間違いなしのカジュアルフーディーパーカーと言えますね。

保温力抜群で冷え込む季節にかかせないアイテムですし、合わせ技としてトレンドのシャツ+フードの組み合わせというコーディネートも楽しめそうです。

ペインティングでラフな印象をアピール!

幅広いシーンで使用できるパーカー!

出典:revolveMAN

こちらのコーディネートでは、Off-White(オフホワイト)のセットアップスタイルを取り入れています。Off-White(オフホワイト)の場合、パーカーとスウェットパンツで統一感をもたせることで、よりブランドのメッセージが伝わってきますので、単純ながらもぜひ実践したいですね。このアイテム自体も、かなりラフで特徴的なアイテムに仕上がっています。

まずは、腕部分にホワイトとブラックのゼブラ柄を取り入れている点に注目です。これがイエローですと虎柄となって注意喚起を促す模様となりますが、Off-White(オフホワイト)ではゼブラ柄も上手くデザインに取り入れているのが印象的です。そこに、雑な感じでペンキで汚したかのようなデザインによって、よりラフさをアピールしています。ただ、だらしない感じはなく芸術作品を思わせる雰囲気があります。

リアルなペイントではないので、洗濯機洗いができますし、フロントにジッパー留め具やサイドにスリットポケットを取り入れるなど、実用性が高いパーカーとなっています。


歴史上の名作や人物もモチーフに!

幅広いシーンで使用できるパーカー!

出典:ssense

Off-White(オフホワイト)の定番シリーズの一つに、歴史上の人物や名画などをモチーフとしたプリントパーカーがあります。こちらも、その一つで名画として名高いモナリザをプリンとしたパーカーとなっています。大きくモナリザをプリントしているだけでなく、ベースをレッドカラーとしてド派手な印象をアピールできます。

フードにも同系色のドローストリングとシルバートーンを配して、前面にマルチカラーのグラフィック プリントによって意外とこだわりが強いデザインとなっています。ウエストにカンガルー ポケットがありますので、ちょっとした小物を収納することができます。カフスと裾はリブ編みであり、前面と背面にベイビーブルーのボンデッド加工テキストを施し、ブラックのテキストプリントでくっきりした文字となっています。

秋冬にこれ一枚で着込んでも良いですし、ジャケットのインナーとしても活躍間違いありません。

最後に

いかがでしたでしょうか?Off-White(オフホワイト)のパーカーは、とにかく気軽に着ることができるサイズ感が魅力となっています。中には個性的なアイテムもありますが、しっかりとコーディネートに取り入れることでまた違った世界に足を踏み出すことができますよ!

Pocket
LINEで送る