夏向けシューズを取り入れよう!夏シューズを使ったイケてるコーデ5選

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

夏の定番お出かけスタイルと言えば、半袖シャツにショートパンツ、そしてサンダル履きというものがあります。ちょっとしたお出かけであれば確かに有効的なスタイルですし、気軽さが魅力的ですが流石にラフすぎて嫌だ!と思っている方が多いのではないでしょうか?特に、サンダルはビーチサンダルなどのカジュアルすぎるものはファッションとしてはなかなかおしゃれに見せるのは難しいですし、足場が悪い場所を歩くのには向いていません。

ただ、シューズを履くのも億劫に感じるのは間違いありません。そこでおすすめしたいのは、夏っぽさがあるシューズを用いることです。シューズにも季節感があるのは間違いなく、夏向きのシューズは通気性がよく蒸れにくいものが中心となります。また、軽くて履きやすいものが多くなり、カラーリングも爽やかさをアピールできるのが魅力的です。

そこで今回は、夏のお出かけにピッタリ合う夏シューズを用いたコーディネートテクニックを紹介します。

夏シューズを上手に用いたコーディネート!

見た目とは裏腹の快適シューズ!

見た目とは裏腹の快適シューズ!

出典:でらでら

このコーディネートでは、このままゴルフにも行くことができそうなスポーティーなスタイルとなっています。トップスにはJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のエレガントさのあるサマーニットを着用して、パンツにはSOLIDO(ソリード)のストレッチパンツを履くことで、動きやすさをキープしています。そこに、PREMIATA(プレミアータ)のダークトーンなスニーカーを履いていますが、見た目は重厚で夏っぽくない雰囲気があります。
(JOHN SMEDLEYの詳しい解説はこちら)
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)
(PTEMIATAの詳しい解説はこちら)

実際に、異素材を用いつつも同じブラックで構成されて、しかもレースもラバ―ソールも全てブラックというこだわりようです!革の部分では味出しも加えており、綺麗なだけじゃなくエイジングの初期を投じた大人シューズに仕上がっています。ナイロンと硬さのあるカーフレザーの包み込み感が高く、軽量でありますがラグジュアリーさ溢れる雰囲気を味わえます。ソールの素材としては、柔軟で弾力性があり、環境に優しい EVAとラバーのサンドイッチとなっています。ウレタンのような経年劣化のない素材を使用していますので、耐久性も高いのが良いですね。

取り外せるカップ式インソールは、弾力性と安定性があり、水拭きして天日干しすれば清潔感がいつでも続く仕様ですので、素足履きして洗って使用することも可能です。


ホワイトで清潔感に溢れたスニーカー!

ホワイトで清潔感に溢れたスニーカー!

出典:でらでら

こちらのコーディネートでは、SOLIDO(ソリード)の着心地がポロシャツと同等の爽快さを実感できる2つボタンシングルタイプのジャケットに、インナーにFRANKLIN & MARSHALL(フランクリン&マーシャル)の存在感抜群のボタニカル柄のカットソーを着ています。トロピカル感あふれるイメージの中で、diadora(ディアドラ)のホワイトスニーカーが清潔感を与えているのが印象的です。
(FRANKLIN & MARSHALLの詳しい解説はこちら)
(diadoraの詳しい解説はこちら)

このスニーカーは、しぼの浮かぶレザーをメインにしたシンプルなデザインとなっています。程良くシャープで丸すぎないトゥの絶妙なバランスが洗練さをアピールしています。ワックス仕上げのシューレースと、EVAテクノロジーの3cmという厚みのあるラバーソールによって、ローカットながらゴージャス感を強調しています。全体にしぼが浮かんだレザーには、ヘリテージラインの特徴であるサイドラインにスクエアのパンチング穴によって形成しているのが特徴となっています。

本格的なテニスをプレイできるほどのスニーカーですが、ショッピングなどに出かける際にも最適な逸品です。ポロシャツとスウェットパンツなど、スポーティさ重視したコーディネートに用いると良いでしょう。

ローファーでもホワイトだと夏っぽさ全開!

ローファーでもホワイトだと夏っぽさ全開!

出典:でらでら

こちらは、シャツで有名なGIANNETTO(ジャンネット)のリネン100%コートを着用して、ファッショナブルな印象を与えています。Seagreen (シーグリーン)のボーダーカットソーでカジュアルさも取り入れつつ、REPLAY(リプレイ)のHYPERFLEX+(ハイパーフレックスプラス)で快適さも取り入れています。ロールアップした上で、PARABOOT(パラブーツ)のコインローファーが実に強い存在感を示しています。
(GIANNETTOの詳しい解説はこちら)
(REPLAYの詳しい解説はこちら)
(PARABOOTの詳しい解説はこちら)

レッタモカシンと言われるコインローファーモデルであり、CORAUX(コロー)というモデル名は珊瑚と訳されています。珊瑚とはイソギンチャクなどと同じ海の動物であり、外側はとても固いのですが、内側はとても柔らかいのが特徴です。そのイメージそのものに、柔らかに足を包みこんでくれる一足となっています。夏ならば爽快に、オールシーズン綺麗めスタイルの締めとなる足元を演出できるタウンリゾート感に溢れた一足として、実に多くのシーンで活躍間違いありません。

ハンドメイドによるU型モカシンは被せのない仕様であり、アッパー、ステッチ、アウトソール共にオールソールで仕上がっています。その純白は、春夏のコーディネートに圧倒的な存在感をもたらしてくれます。

深みはあるけどリゾートチックなマリンブルーのスニーカー!

深みはあるけどリゾートチックなマリンブルーのスニーカー!

出典:でらでら

こちらは、Cruciani(クルチアーニ)のポロシャツにREPLAY(リプレイ)のベージュカラーが珍しいデニムパンツを履いています。このスタイルならば、比較的フォーマルなシーンでも用いることができそうですね。また、シューズにもPARABOOT (パラブーツ)のJEUX(ジュー)というドレスシューズ風のスニーカーを履いていますが、十分ビジネスシーンでも活用できそうなアイテムとなっています。
(Crucianiの詳しい解説はこちら)

このオイルドレザー製のスニーカーは、ゲームという意味があるJEUX(ジュー)と命名されています。その名の通り、チャレンジ精神や新しい境地の開拓、楽しさをミックスさせたモデルとなっています。実は、GAMEというモデルのスニーカーも存在していますが、このスニーカーはつま先を細く低くして、ドレスシューズのように足元をかなりタイトに包み込むタイプとなっています。雨に強く、頑丈で劣化が少なく、レザーの中に含まれる油分が自然な艶を発するLISレザを採用して、安定感に溢れています。

マリーンブルーのカラーリングはレース紐までも濃紺色となっています。サイドから見ると、ホワイトとブラウンのラバーソールの断層が鮮やかにデザインされており、ラバーとレザーを組み合わせたATHELラバーソールのセメンテッド製法や、アウトソールの細かな滑り止め模様など、細かな点にまで強いこだわりが見て取れます。


クールな印象の強いデッキシューズ!

クールな印象の強いデッキシューズ!

出典:でらでら

最後に紹介するのは、今シーズンらしい比較的派手目なカラーリングが印象的な Filippo De Laurentiis(フィリッポ・デ・ローレンティス)のポロシャツに、BRIGLIA 1949(ブリリア)の快適に履くことができるパンツを合わせたコーディネートです。比較的ゆったりしたシルエットのパンツですが、そこにParaboot(パラブーツ)のデッキシューズを合わせて、夏っぽい印象を強調しています。
(BRIGLIA 1949の詳しい解説はこちら)

このデッキシューズは、スニーカーのように楽なフィッティングで、足裏も疲れにくい歩きたくなるスリッポン型を採用しています。2Eワイズに近いサイジングで、手作り感のあるアッパー&ステッチとなっており、柔らかく包み込まれるようなフォルムが印象的です。素足で履いても、肌に当たって擦れても痛くなりにくく厚みがありながら、すこぶる柔らかく優しいレザーとなっています。

夏のマリンスタイルといえばこの色!と言っても過言ではないネイビーとホワイトのコンビタイプです。ポロシャツとショーツと爽快なスタイリングの隠し味として活躍間違いありません。

最後に

いかがでしたでしょうか?夏シューズは意外と数が多く、目移りすること間違いありません。もちろん、夏以外にも履くことができますし、素足履きできるものが中心となります。清潔感だけには十分に注意して、夏シューズスタイルを極めましょう!

Pocket
LINEで送る