一足先に秋コーデの準備!今年の秋に向けて揃えておくべきアイテム5選

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

まだ梅雨明けしている地域が少ない中で、これから本格的な夏を迎えるわけですが、既に夏のバーゲンも終わって秋ファッションが中心になってくる時期となりました。秋は暑い日もあれば、秋めいて涼しい日もあるのでファッション的に難しいシーズンと言えます。わざわざ秋だけに特化したファッションアイテムを買い揃えるのは非常に大変ですが、ファッショニスタを目指すならこのような細かなこだわりも大事にする必要があります

2019年の秋ファッションのトレンドとしては、デニムセットアップや変形ジャケットスタイルが流行すると見られています。デニムはここ数シーズン流行しているのですが、セットアップで着用するのがポイントとなります。また、カラーリングとしてもインディゴがトレンドになりそうなので、尚更デニムに着目する事が重要です。他にも、リラックス&カジュアルも引き続き流行すると見られているので、うまく取り入れたいものです。

そこで今回は、この秋に向けて取り揃えておきたいアイテムを厳選して紹介します。

このアイテムで秋ファッションを楽しもう!

アスレジャーに差し色でファッショナブルな印象に!

アスレジャーに差し色でファッショナブルな印象に!

出典:でらでら

アスレジャースタイルについても、引き続き流行することは間違いありませんので、秋ファッションでもしっかりと取り入れたいものです。このコーディネートでは、SOLIDO(ソリード)のリッチな出で立ちのあるパーカーと、前開きがなくゴム&ドローコードウエストデザインでスポーティーさを強調しているパンツとのセットアップスタイルが印象的です。そこに、EA7(エ・ア・セッテ)のカジュアルながらもモダンな印象のあるTシャツを着ているのですが、更に注目はH.I.P.(エイチアイピー)のトートバッグで、うまく差し色効果を発揮しています。
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)
(H.I.P.の詳しい解説はこちら)

このパーカーは、リブ編みのしっかりした凹凸からも、生地そのものに、かなりの張りがある事を感じさせてくれます。これもあって、フードの形状も存在も漏れなくアピールすることができます。肘と側面には蛇腹ともとれる凹凸のあるリブ織りをミックスさせてもたつきを軽減させることができます。究極にまでフィットさせたスクイーズ絞りフィットで、リラックスした着心地を楽しめます。

見た目はスウェットクロス風ですが、カジュアル味が強すぎない新しいマテリアルを取り入れています。ダブルで開閉が出来るファスナー開閉フロントや金具もシルバーの輝きが美しい信頼のYKK社製を使用していて、カジュアル味をダウンさせています。気候に合わせて羽織ったり脱いだりできる便利なアイテムであり、秋に活躍すること間違いありません。


ゴージャス感のあるダウンベスト

ゴージャス感のあるダウンベスト

出典:でらでら

秋にちょっとした寒さ凌ぎに使用したいアイテムとして、ダウンベストがあります。最近ではボリュームを抑えて着こなしやすいデザインのものがトレンドとなっていますが、このコーディネートでもTATRAS(タトラス)のベージュカラーが印象的なダウンベストを着ています。そこに、Giannetto(ジャンネット)の深みのあるカラーリングが印象的なシャツを着て、tramarossa(トラマロッサ)のレトロ感溢れるデニムパンツでトレンドであるインディゴカラーを上手に取り入れています。
(TATRASの詳しい解説はこちら
(Giannettoの詳しい解説はこちら)
(tramarossaの詳しい解説はこちら)

こちらのダウンベストは、ヒップを半分隠れるように後ろ丈のみ長く、シャツの形を意識した短丈なミドルアウターとなっています。ダウン充填による膨らみはボリュームが出過ぎておらず、適度なふっくら感と優雅さを感じられるフィッティングが楽しめます。赤みをほんのりと浮かべた華やかなベージュは、特質な素材性を物語っておりブラウン等の秋冬に欠かせないカラーの1つとして重視されています。くすみカラーとも呼ばれる鮮やかなカラーに、少しグレーがかったくすんだ色に落とし込んだカラーリングになっているのが印象的です。

裾のアイコンワッペンはツイルコットン調のテープ素材を使用して、金具はラバーでコーティングされているかのように演出している、軽くて丈夫なYKK社製VISLON樹脂ファスナーを使用しています。細部にまでこだわりを見せているダウンベストは、着ているだけでも自慢できそうです!

暖色系のジャケットで秋らしさを強調!

暖色系のジャケットで秋らしさを強調!

出典:でらでら

秋から冬にかけて暖色系のアイテムが流行するわけですが、そこにより深みのあるカラーリングが印象的なジャケットを取り入れると、ぐっと大人っぽさをアピールできます。こちらのコーディネートでは、 L.B.M.1911(エルビーエム)のこなれ感のあるジャケットにGiannetto(ジャンネット)のコットンネル地でマロンブラウンのカラーリングがイケてるシャツを取り入れています。また、 BRIGLIA 1949(ブリリア)のパンツも実にかっこいいですね。
(L.B.M.1911の詳しい解説はこちら)
(BRIGLIA 1949の詳しい解説はこちら)

このジャケットは、ポリエステルの軽くシャギッとした質感をメインとして、毛羽立ちのウールを混紡させてブークレ種の起毛クロスに仕立てています。厚みと軽さ、柔らかさはフリースに近い感触を得ることができます。これだけの織り、厚みがある羽織りによってずっしりとくる物も多いのですが、スウェットに近い質感のオリジナル生地で独特のリラックスできるジャケットを作り出しているのがすごいですね。柔らかく芯のない、裏地もない1枚地仕立てですが、どうしてこんなにもキリッとしたフォルムを作れるのかが不思議ですよね。

ボルドーレッドはローズ系の青みを持っており、霜降りのようにピンク、ベージュなどの他色がミックスされて、独特の風合いを持ち合わせています。

クラシックモダンなダブルジャケットにもチャレンジ!

クラシックモダンなダブルジャケットにもチャレンジ!

出典:でらでら

こちらのコーディネートでは、クラシックモダンなダブルジャケットをビシッと着こなしています。そこにLARDINI(ラルディーニ) のデニムクロスのジレを取り入れて、BONSER (ボンサー)のワッフル調クロスが着心地抜群なシャツを着ています。PT01(ピーティーゼロウーノ)のTRAVEL & RELAX(トラベル&リラックス)で、快適かつスタイリッシュなスタイルにまとめているのも印象的です。
(LARDINIの詳しい解説はこちら)
(BONSERの詳しい解説はこちら)
(PT01の詳しい解説はこちら)

このダブルジャケットはCIRCOLO 1901(チルコロ1901)のアイテムですが、セミワイドのピークドラベルに高めのゴージライン、6つボタンダブルのエレガントさ際立つジャケットは赤味の有るブラウンカラーで大人の渋さや上品クラシック・モダンさを演出してくれるジャケットとなっています。クラシックさ漂うダブルジャケットとなっていますが、生地感は通気性感じるポロシャツなどによく使われる鹿の子素材を使用しているので、スポーティーさも兼ね備えており、見た目はクラシックに、着用時はリラックスした軽さを楽しめます。鹿の子素材のぐんぐん伸びるスウェットジャージの一種であり、動きやすさに溢れています。
(CIRCOLO 1901の詳しい解説はこちら)

製品染め(ガーメントダイ)が施されているので、自然な風合いを楽しみ、大人の渋さ・こなれ感も作り上げることができます。シルエットは、ダブルジャケットですがウエストシェイプされておりこなれ感も演出できます。


鮮やかさを取り入れたい時に使用できるストールが便利!

鮮やかさを取り入れたい時に使用できるストールが便利!

出典:でらでら

秋辺りから暖色系のカラーリングが中心となると説明しましたが、それだけでは面白くない!と思っている方にとっておすすめしたいスタイルがこちらです。CIRCOLO 1901(チルコロ1901)の超高精度の転写プリントでツイードっぽさを演出したスウェットジャケットに、グレーのパンツでドレスカジュアルなスタイルにまとめています。更に、そこにPierre-Louis Mascia(ピエール・ルイ・マシア)のストールで明るい印象を与えています。
(Pierre-Louis Masciaの詳しい解説はこちら)

このストールは、135cm幅に195cmの2メートル近い長さのワイドストールとなっていますが、二つ折り幅にして巻けば、元が透ける程度の薄手となるので、ボリュームが出過ぎることがなく柔らかなレーヨンとカシミア混紡クロスによってオールシーズンで使用できます。グレーとライトベージュをメインとして、格式高い英国チェックをモチーフにリアルに別の布柄のチェック地を、パッチワークで仕上げています

実際にウールやフランネルなどの生地を写真撮影して、それを布地にプリントしているので毛羽立ちや布地の奥行等も絵柄に浮かんでいるのが印象的です。

最後に

いかがでしたでしょうか?まだ意識は夏ファッションに向いているかもしれませんが、既に秋ファッションの幕は下ろされています。一手先を読んで、早めに秋ファッションの準備に取り掛かっておきましょう!

Pocket
LINEで送る