今年の夏は柄Tシャツにチャレンジ!2019年夏にオススメのメンズ柄Tシャツ特集

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

柄もののアイテムは、手軽におしゃれに見せることができる反面、使い方を誤るとダサさが強調されてしまう場合があります。また、ダサくなくても子供っぽさが強調されてしまい、年甲斐もなく…と思わてしまう可能性があります。よって、何も考えずに取り入れるのではなくバランスやアイテム自体が持つ存在感をしっかりと考えてコーディネートする必要があります。

夏に柄を取り入れようと思った時に、真っ先に思い浮かべるのがTシャツです。ただ、Tシャツこそ柄次第ではダサいイメージを強調してしまうので、どんなアイテムで良いというわけではありません。ただ、いつまでも柄物を避けていては何も始まらず、この夏から柄物のTシャツにチャレンジして、新しい一歩を踏み出すことも重要です。

そこで今回は、夏向きの柄Tシャツのおすすめアイテムや、コーディネート方法を紹介していきます。

柄物Tシャツで新しい一歩を踏み出そう

ワンポイントのロゴでも十分なインパクトがあるTシャツ!

ワンポイントのロゴでも十分なインパクトがあるTシャツ!

出典:でらでら

こちらのコーディネートでは、TATRAS(タトラス)の度詰め天竺ジャージクロス素材を用いた、色気のあるパーカーを羽織るように着用して、そのインナーにDSQUARED2(ディースクエアード)のインパクトの強いTシャツを着ています。SOLIDO(ソリード)のパンツとTATRAS(タトラス)のブラックスニーカーで全身をダークトーンでまとめつつ、このTシャツがより際立ってみえますね。
(TATRASの詳しい解説はこちら)
(DSQUARED2の詳しい解説はこちら)
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)

DSQUARED2(ディースクエアード)の2019SSコレクションテーマとして、ミリタリーにフォーカスしたスポーツファッションを取り上げています。ネオンカラーの合わせ型が巧みで、実用性とポップさに幻想的な部分もミックスして、そこにお得意のパンキッシュさも包み隠さず表現しています。このTシャツでも、スタンプのようににじませたロゴデザインが特徴的な半袖カットソーとなっています。詰まった感じの襟元でスリムフィットタイプとなっていて袖丈も短めです。

カラーは、ポップさとマリンさを感じさせるブルーカラーに、ペトッと湿感のラバープリントはレッドカラーを配しています。インナーとしても最適ですし、柄物のTシャツにチャレンジしたい方の入門編としてもおすすめです。


圧倒的な存在感があるTシャツ!

圧倒的な存在感があるTシャツ!

出典:でらでら

こちらのアイテムは、HYDROGEN(ハイドロゲン)のTシャツです。HYDROGEN(ハイドロゲン)らしい派手目なデザインですが、SOLIDO(ソリード)のナチュラルなカラーリングが魅力的なパンツにHYDROGEN(ハイドロゲン)のスニーカーで、アクティブな印象があります。サングラスも渋みを増す効果を発揮していますし、やんちゃ感を強調していますね。
(HYDROGENの詳しい解説はこちら)

このTシャツは太いラインと胸元の「77」ナンバリングが印象的な半袖Tシャツとなっています。裾側に書かれたサインのプリントはデザイナーで
あり、ハイドロゲンのCEOでもあるAlberto Bresci氏の筆跡です。世界の国名と重ねたロゴプリントは、ブラックをベースにした赤、白のハイドロゲン三原色を採用しています。袖丈は腕に解放感を与える広めとなっていて、胸囲もゆとりがあるトレンドサイズを用いていますので、首元も広く詰まる感じがありません。

スポーツウェア精神を忘れることなく、放たれるビジュアルはタウンユーズ共通のメンズウェアとして重宝すること間違いありません。

キュートな印象がある柄が良い!

こちらもHYDROGEN(ハイドロゲン)のTシャツなのですが、様々なキャラクターが描かれています。エイリアンをモチーフとして、子供受けも良いデザインが印象的ですが、そこに適度に色落ちしたデニムパンツと、ホワイトのスニーカーを合わせています。シンプルすぎる中にも、やはりTシャツの持つ存在感が際立っています。

コットン100%の肌馴染みの良い生地感が魅力的なTシャツは、他にないアーティスティックでキャッチーなプリントが印象的です。ホワイトをベースとして、ブラックで柄が描かれていて、確かに柄こそは派手ですが意外とすんなりとコーディネートしやすいものになっています。最上級の素材を余すところなく使用しているので、頑丈でヘビーローテーションにも耐えてくれます。

このTシャツ1枚で着用しても良いですし、きちっとしたジャケパンスタイルの中でハズシの要素として取り入れるのも良いでしょう。

アメカジにおすすめなTシャツ!

アメカジにおすすめなTシャツ!

出典:zozo

Tシャツをベースとしたファッションと言えば、アメカジをすぐに思い浮かべることができます。アメカジでは、Tシャツにデニムパンツ、スニーカーがセットになったコーディネートがメインですが、その中でこのTシャツはよりアメカジファッションで映えること間違い無しの柄が施されているのが印象的です。

1 piu 1 uguale 3とPENDLETONとのコラボレーションによって生まれたこのTシャツは、ネイティブアメリカンの衣服として使用されて、アメカジに外せない定番柄として広まった PENDLETONパターンを採用しています。PENDLETON自体は非常に歴史が長く、オレゴン州やサウスウェストのネイティブアメリカンに向けた色やデザインの好みを研究して、その結果から鮮やかな色と複雑なパターンを採用したアイテムを多く提供しています。

このTシャツ1枚でも十分インパクトがありますし、レイヤードスタイルで着用することで秋冬でも活用できそうです。


さり気なく背中にボタニカルを配したTシャツ!

さり気なく背中にボタニカルを配したTシャツ!

出典:zozo

こちらは、SOPHNET.のTシャツです。SOPHNET.といえば、サッカーウェアに近いスポーティーなアイテムが多くあリ、ストリートでは高い人気を誇っています。その中で、このTシャツは腰のあたりだけにボタニカル柄やストライプ柄を入れて、独特の存在感があるものに仕上がっています。切り返しが絶妙で、配色もバランスが良い点が評価できます。

左胸にポケットを配したのみのソリッドなフロントとのコントラストがポイントであり、一見派手に見えても実は着用しやすいのが魅力的です。フィットは程よくゆとりをもたせたレギュラーフィットで、ストレスなく着用できますし、素材もコットン 100%で抜群の肌触りの良さがあります。

ジャケットのインナーとして着用すると、裾からさり気なくボタニカル柄をアピールできそうですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?ド派手な柄は流石に取り入れにくいですが、今回紹介したアイテムならば取り入れたくなるのは間違いありません。早速取り入れて、今年の夏は違ったファッションを楽しみましょう。

Pocket
LINEで送る