暑い日にはとにかく白シャツ!夏を自分のものにするには白シャツコーデを身につけよう!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

夏にシャツも着るケースが多いと思いますが、シャツと言えばどのようなカラーリングを思い浮かべますでしょうか?代表的なカラーリングとしてホワイトがありますが、他にもブルー系のシャツも人気です。夏の海を連想させるカラーリングは、華やかな衣装もあって清潔感もアピールできますよね。他では、クリーム系のイエローカラーも映えるカラーリングの一つです。

ただ、やはり白シャツがシーズン問わず一番人気です!夏場も、清涼感があるホワイトのシャツを着ているだけで、好感度アップは間違いありません。また、Tシャツなどのアイテムがメインとなる夏に、あえてシャツを着こなすことによって、他の人との違いをアピールできます。ただ、単純に白シャツを着こなしても面白くなく、コーディネートにもこだわりを見せる必要があります。

そこで今回は、夏に白シャツを上手に取り入れたコーディネート術を紹介するとともに、おすすめのアイテムを紹介します。

夏の白シャツでモテ男を目指そう!

ジレを合わせてクールビズを楽しむ!

ジレを合わせてクールビズを楽しむ!裏面にはセクシーな女性を描いた個性的なネクタイ!

出典:でらでら

こちらのコーディネートでは、GIANNETTO(ジャンネット)のホワイトシャツでボタンを開けて着用して、そこにLARDINI(ラルディーニ)のドット柄ニットクロス地で仕立てたジレを着ています。HUGO BOSS(ヒューゴボス)のスリムなスラックスでスタイルの良さをアピールしつつ、PARABOOT (パラブーツ)のスリッポンでカジュアルさと歩きやすさをキープしています。そんなコーディネートの中で、清潔感をアピールできる白シャツの存在感が際立ちます。
(GIANNETTOのの詳しい解説はこちら)
(LARDINIの詳しい解説はこちら)
(PARABOOTの詳しい解説はこちら)

リネンの清涼感に身を包まれて、ジャケットとの重ね着の苦難もどことなく減らしてくれそうな逸品です。清涼さが武器となる長袖シャツは、ネップさを存分に浮かばせている麻クロスタイプとなっていて、洗いもたっぷり加わった、生地には満面なこなれ感が浮かんだモデルに仕上がっています。そのこなれ、味わいがドレスシャツに近いようで遠く、カジュアルにも変貌しやすい隙を含んでいます。

リネンだからこそ遊び過ぎ感もでていません。質も当然ですが、美しく逞しく見せられるサイズ感で仕立てが鍵となる逸品です。


ネクタイを締めてもビシッと決まるシャツ!

ネクタイを締めてもビシッと決まるシャツ!

出典:でらでら

こちらは、Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア)のトロピカル素材を使用したスーツに、BONSER (ボンサー)のドレスシャツを合わせています。夏場でもスーツを着こなさなければならないシーンはありますが、どのアイテムも夏向きに通気性の良さを確保したものばかりですので、見た目以上に快適です。 ALAN SMITHEE(アラン・スミシー)のドット柄シルクネクタイを締めていますが、襟元がビシッとしているのが特徴的です。
(Ermenegildo Zegnaの詳しい解説はこちら)
(BONSERの詳しい解説はこちら)

このシャツは、衿羽開きと衿羽が広くて大きい 洗練された形が特徴的です。NETTUNOレギュラースリム型を採用して衿羽開きが180度に近いホリゾンタルとなっています。肩や身幅だけでなく、アームまでもホッソリと絞ってパンツにタックインしやすいフォルムに仕上げているので、お腹まわりをスッキリと見せてくれます。加えて、ホリゾンタルは襟羽が9.5cmと長めにしているので、顔を小さく見せる効果も期待できます。

マテリアルの質感は、滑らかで発色が美しく、ツルッとしています。コストパフォーマンスの高さも魅力的で、ヘビーローテーションの一角にラインナップさせたくなるシャツとなっています。

シンプルなコーディネートの中にも遊び心あり!

シンプルなコーディネートの中にも遊び心あり!

出典:jedia

こちらのコーディネートでは、CIRCOLO(チルコロ)のシャツに同ブランドの鹿の子ジャージー素材を使用したドローコードスリムフィットパンツを履いています。とても履きやすいパンツで、しかもドローコードによって遊び心にも溢れているのが特徴的です。また、FERRANTEのコインローファーを素足履きして涼しげな印象もあります。
(CIRCOLOの詳しい解説はこちら)

このシャツは、ナチュラルストレッチを効かせて着心地を確保した半袖開襟シャツです。デザインは、CIRCOLO(チルコロ)としては完全なニューモデルとなる開襟シャツスタイルとなっていて、半袖の軽快なスタイリングで着丈はタックインしてもアウトしても様になります。第二ボタンを開けたときの美しく開く襟型が絶妙で、シャツ一枚でスタイリングした際に存在感をアピールできます。

さらに開襟シャツとして、一番重要なジャケットとの相性も抜群です。半袖と開襟、どちらも苦手な方でも着やすいシャツとしても推奨できます。

モノトーンで仕上げつつやんちゃさも感じさせる!

モノトーンで仕上げつつやんちゃさも感じさせる!

出典:でらでら

こちらは、トップスをHYDROGEN(ハイドロゲン)のアイテムで固めています。シャツにはトロミのある生地が高級感を演出している白シャツを着て、そのインナーにはスカルマークが存在感抜群のロングスリーブTシャツを着ています。モノトーンで構成しながらも、やんちゃさを感じさせるスタイルが印象的です。そこに、DSQUARED2(ディースクエアード)のダメージジーンズを履き、同じくDSQUARED2(ディースクエアード)のスニーカーでスポーティーさもアピールできています。
(HYDROGENの詳しい解説はこちら)
(DSQUARED2の詳しい解説はこちら)

このシャツは、凛とした表情を作り出すアイテムとして仕上がっています。程よくフィットして素肌の上に直に着用して楽しみたいカジュアルシャツは、透けにくいですしジャケットのインナーにしても中でもたつかない、スタイリングの幅を広げることができます。主体となるテキスタイルは、天然繊維であるリヨセルを使用していますが、ユーカリが原料として栽培の際に大量の水を使わない事で、地球に優しいエコ素材としても着目されています。レーヨンに似たトロミやドレープ感があり、織りはしっかりと厚みもありチノクロス風な仕上がりとなっています。

スナップボタンフロントでウエスタンシャツベース、両胸ポケットのデザインが印象的です。小粋な白シャツですので、シーズン問わず愛用できますよ。


しっかりとした質感を味わいたいならシャツジャケットもおおすすめ!

しっかりとした質感を味わいたいならシャツジャケットもおおすすめ!

出典:でらでら

最後に紹介するのは、シャツだけでは物足りないと感じている方に向けておすすめな、シャツジャケットです。こちらはGIANNETTO(ジャンネット)のシャツジャケットをメインとして、JACOB COHEN(ヤコブコーエン)のデニムパンツを合わせて、リラックスした印象を与えています。diadora(ディアドラ)の名作N9000の存在感も抜群で、実際に歩きやすさも確保したコーディネートになっています。
(JACOB COHENの詳しい解説はこちら)
(diadoraの詳しい解説はこちら)

このシャツジャケットからは、GIANNETTO(ジャンネット)が得意とする洗い技術が細部や全体に現れています。デニムクロスに匹敵するヘビーウエイトの長袖シャツは、裾の形も美しくテール仕上げしておりますので、タックアウトしても見映えが劣る事はありません。細身のままではスリムすぎていない、構築そのものが異なっているのが印象的です。ミリタリーテイストも取り入れており、ユーティリティーシャツとも呼ばれているだけあって、様々なシーンで活用可能です。

ちょっと暑いときには、腕まくりして着用しても様になるアイテムとしてもおすすめです。

最後に

いかがでしたでしょうか?白シャツは定番ではありますが、それでもコーディネート次第でまた違った存在感を示すことができます。今お持ちのアイテムでもすぐに実践できますので、早速チャレンジしてほしいですね!

Pocket
LINEで送る