ハイセンスなサングラスはetnia BARCELONA!太陽の国スペインが産んだ新進気鋭のサングラスブランド

出典:Etnia Barcelona

Pocket
LINEで送る

夏の日差しに目を眩ませてしまうという方は多いのではないでしょうか?流石に太陽を直視すれば目が眩みますし、また普通に歩いているだけでも角度によっては眩しくて仕方ない時があります。特に、自動車を運転している時には危険であり、日差しよけの方法を考えなければなりません。そんな時に便利なのがサングラスです。サングラスは様々なブランドで手がけているアイテムの一つですが、その中で特におすすめしたいのがetnia BARCELONA(エトニアバルセロナ)です。

etnia BARCELONA(エトニアバルセロナ)は、David Pellicer氏がスペインのバルセロナで2003年に創業したブランドです。カラフルでクリエイティブなアイウェアブランドとして、400色以上のカラーと700以上のフォルムを創り出してコレクションを発表しています。現在では40以上の国に展開しており、もちろん日本でも高い人気を誇っています。アクセサリーとしても輝きを放ち、アートとファッションの間を意識させるコレクションに仕上がっているのが特徴的です。

そこで今回は、etnia BARCELONA(エトニアバルセロナ)の個性的なサングラスを余すところなく紹介します。

etnia BARCELONA(エトニアバルセロナ)のサングラスで夏を快適に過ごそう!

サングラス初心者でも取り入れやすいアイテム!

サングラス初心者でも取り入れやすいアイテム!

出典:でらでら

外国人はサングラスを躊躇なく身につけていますが、日本人の場合はサングラスがおしゃれで便利なアイテムであるとわかっていても、身につけるのに躊躇してしまうという方も多いのが実情です。そんな方でも、身につけやすいサングラスがこちらです。その理由として、ミラーレンズタイプなのですが鏡のように反射するようなタイプではなく、色みを楽しめる特殊さにあります。

現代アートの世界を切り開いた画家として有名な、Jean-Michel Basquiatの芸術品の3点をピックアップしたアイテムとなっています。過去、「黄金よりも高貴な青・インターナショナル・クライン・ブルー」を生み出したイヴ・クライン氏、日本のフォトグラファー荒木経惟氏との共同作品がシリーズとして発表しています。本作も、エトニアとの世界観に通じるパワフルさやグラフィティという楽しさ、音楽というカルチャーを表現する者同士として、サングラスとして現代に再び誕生させ彼へのオマージュとなっています。

バスキアの特徴とも言える落書き描写や代表作品をテンプルの内側に詳細に転写しており、蝶貝部の内側にはチラリと側面から覗くゴールドカラーが印象的です。アイコンの王冠マークを左目フレームに上部に施しています。イエローのミラーレンズにブラックカラーのセルフレームで、非常にバランスが取れているサングラスとしておすすめです。


荒木経惟氏のテイストを色濃く感じるサングラス!

荒木経惟氏のテイストを色濃く感じるサングラス!

出典:でらでら

こちらのサングラスは、荒木経惟氏の持つセンスが随所に感じられるサングラスです。透明感がありべっ甲に似たブラウンカラーフレームは妖艶さやモッズさを感じられ、ミッドセンチュリー系の薫りもしますね。グリーンレンズは、眩さをカットしながら視界をクリアにすることができ、グレーほど色みが強くないのでボストン型が持つ知的なイメージをそのまま感じられます。ほんのりとレトロさも感じられるのが良いですね。

フレームには、江戸時代に坂本龍馬が江戸へ修行に出る前の幕末の頃にイタリアで創業を始めた MAZZUCCHELLI(マツケリ)社製のものを採用しています。レンズは、傷が付きにくいイタリアの名門”Barberini(バルベリーニ)社製のものを取り入れていますが、プラスチックレンズの70倍の強度と熱への変形に強くて400℃までの耐火性が特徴です。視界もクリアであり、傷にも強く耐水性にて汚れにくいので、使用する際に過度に気にする必要はありません。

UVカットはもちろんの事、サングラスの内側から入り込む光線の反射に寄ってレンズの内側にもコーディングを施すこだわりのデザインが特徴的です。可動部分の丁番(ヒンジ)のバネであるFLEXヒンジでフェイスに優しく密着させることもできる点も評価できます。

さりげないべっ甲デザインがかっこいい!

さりげないべっ甲デザインがかっこいい!

出典:でらでら

こちらのサングラスは、装着も使用イメージも軽いセルフレームに、唯一無二な高品質さがあり特別な存在感を放つLAIETANA(ライエターナ)スクエア型サングラスモデルです。セルフレームのクリア感やべっ甲パターンの素材感をフェイクさせて、洒落っけをアピールすることができます。べっ甲の個性に、更に癖を強くしたデザインが実にかっこいいです。

ピンクカラーが、レンズや上リムなど、どの角度からも見せるように付けられています。知的さを演出したスクエア型セルフレームサングラスに、遊び心を取り入れているのが印象的です。レンズ素材には、バルベリーニ社製のナチュラルミネラルガラス製を使用しています。400度以上の高温に耐えることができ、傷にも強く衝撃性に抗体がある高い機能性を備えた素材であり、しかもエコバイオ素材というのですから驚きです。

Photochromicレンズと呼ばれる、紫外線量に応じてレンズの濃さが変わる調光レンズを取り入れているので、視界がどのシーンでも一定に見やすいという環境を確保できます。

べっ甲を全面に押し出した派手なサングラス!

べっ甲を全面に押し出した派手なサングラス!

出典:でらでら

このコーディネートでは、SOLIDO(ソリード)のハイパーストレッチ素材を採用したセットアップスタイルに、etnia BARCELONA(エトニアバルセロナ)のべっ甲が強めのデザインが印象的なサングラスをかけて、オフスタイルを堪能しているように見えます。このサングラスはSENECA(セネカ)というモデルで、ボストン型サングラスです。
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)

やや小振りグリーンレンズに、べっ甲やレオパードの絶妙なデザインとなっているので、これまでにない印象を与えてくれるセルフレームタイプに仕上がってます。べっ甲はブラッドストーンとも呼ばれており、カッコいい響きですよね。グリーンレンズと呼ばれる、知的さを演出することができる、お洒落っぽい雰囲気をかもし出すアイテムであります。テンプルには角切りのような厚みがあるのに、耳への乗っかかりの優しいのも良いですね。

軽さが半端なく、厚みがあるのに軽いというのは衝撃であり、装着してる時の快適さは格別なものがあります。


派手さを追求するならこのサングラス!

派手さを追求するならこのサングラス!

出典:でらでら

こちらは、とにかく派手さを追求したい際におすすめなサングラスです。ややレンズ幅の小さなオーバル型タイプで、正面と側面からは別の表情を見せてくれます。色遣いを駆使して異種的なデザインを1つにまとめて無限の可能性があり、ファッションの広さを感じさせるサングラスとして誕生した”Wild Love in Africa Collection”の一つです。

モノクロでプリントされたゼブラ柄を採用して、毛並の奥行きも感じさせるリアリティのあるアニマル柄が印象的です。レンズはミラーっぽさが少ないHDタイプを採用しており、色調変化が少なくドライブにも最適な自然な景色が楽しめグレー色であるのが良いですね。幅広いカラーや一時のトレンドにとらわれないデザインが特徴的です。

着け心地の軽さが抜群であり、軽さ、傷に付きにくさという利点を活用して、胸元やポケットに忍ばせておいたり、ネックレスに変わるアクセサリーとして取り入れるのも良いでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?etnia BARCELONA(エトニアバルセロナ)は、ラテン系であるスペインらしさに溢れている、とても強い個性を感じさせてくれるブランドです。サングラスとしてだけでなく、アクセサリーとしても活用できるのが嬉しいですね!

Pocket
LINEで送る