夏ファッションはアクセサリーが命!オシャレなメンズアクセはD’AMICO(ダミコ)にお任せ 

出典:D'AMICO(ダミコ) インスタグラム

Pocket
LINEで送る

夏ファッションにはアクセサリーが欠かせませんよね!確かにウェアだけでもおしゃれに見せることはできるのですが、よりオシャレ度をアップさせるためにはアクセサリーを身につけることも視野に入れたいところです。ただ、あまり派手なものですと逆にダサく見えてしまうこともあるので、あくまでもさり気なく取り入れることが重要です。

多くのアクセサリーを専門的に扱うブランドがありますが、その中でおすすめしたいブランドとしてD’AMICO(ダミコ)があります。D’AMICO(ダミコ)は、ハイセンスなアクセサリーが多く、しかもリーズナブルな価格で購入できるのが魅力的なブランドです。普段はあまりアクセサリーに縁がない方でも、D’AMICO(ダミコ)のアクセサリーを見ればつい手にしたくなること間違いありません!

そこで今回は、D’AMICO(ダミコ)というブランドの歴史や、夏に特におすすめしたいアイテムを中心にお届けします。

D’AMICO(ダミコ)のアクセサリーで夏ファッションを楽しもう!

D’AMICO(ダミコ)とはどんなブランド?

まずはじめに、D’AMICO(ダミコ)とはどんなブランドであるかについて解説します。D’AMICO(ダミコ)が誕生したのは1991年のことで、イタリアのボローニャで創業しました。創業当初はレザー製品を中心にラインナップしていて、特にベルトが初期の名作として知られています。その後、財布やバッグなども手掛けるようになったのですが、目を惹く素材使いとしっかりとした技術が特徴的です。また、常にトレンドを取り入れたデザインを行うことで、多くの若者に支持されています。

創業者は靴職人である祖父の影響を多分に受け、27歳の時にベルトのデザインに着手して、職人との協力でオリジナルベルトを作り始めたことによって、しっかりとした技術力を込めることができるのです。パッチワークや製品洗い、スタッズ、ハンドペイントなど様々な技法を持ち込んでメンズのベルトに新たな手法を持ち込みました。そして、その技術はアクセサリー作りにも活かされており、シルバーなどの金属系をベースとはせず、レザーを上手に取り入れたデザインが目を引きます。

また、非常にリーズナブルな価格設定となっているのが特徴的で、購入しやすいブランドとして多くのフォロワーを得ています。


ベルト作りの技術が活きるウォレットチェーン!

ベルト作りの技術が活きるウォレットチェーン!

出典:でらでら

最初に紹介するのは、D’AMICO(ダミコ)が伝統的に強いベルト作りのノウハウを余すところなく注入しているウォレットチェーンです。夏ファッションでも映えること間違い無しのウォレットチェーンですが、あまりに金属感があると派手すぎて逆効果を生む可能性がありますが、このウォレットチェーンは実にハイセンスでかっこいいものに仕上がっています。それも、半分をレザーで構成しているからなし得るのです。

見映え、洗練さがポイントとなるアクセサリーチェーンは、中心から前後で表情の全く異なるデザインとなっています。一本で2つの表情を楽しめる、素材遣いもパーツの使い方もマルチなアクセサリーというのが良いですね。羽根と7mmのビーズが中心に装飾されて、一方ではレザーの編み込みコードの存在感が抜群です。もう一方では、楕円形で支柱が挟まれた、見慣れないリング形状で構成された太いチェーンが顔を覗かせています。ブラウンの革紐は幅8mmの太さで変色しにくく、ほぼ錆びないと言われる画期的なZAMメッキを用いている点にも注目です。

ヴィンテージ加工が施され、所々に傷などの演出が見てとれます。専用パースバッグも付いているので、使用していないときには収納しておくことも可能です。

多面カッティングで独特の存在感!

多面カッティングで独特の存在感!

出典:でらでら

こちらのアイテムは、ミサンガを思わせるようなカジュアルなブレスレットです。コットンコードと半貴石7mm幅ビーズを包み込んだようなデザインとなるブレスレットは、ハンドメイドに長けている方なら自作できそうな編み込み式ですが、これは簡単そうで実は緻密な計算のもとにデザインされているのです。ビシッと締め付けられているので、簡単に解けることはありませんよ。

ストーンビーズは、球体ではなく多面カッティングを施していて、面と面、造形の個性を黒で縁取ってその個性を更に高めています。ツルリとした質感でありながらも、立体感の高さが魅力的でプラモデルでいうところのリアリティを追求する墨入れのような手法が光っています。間にはシルバーが不規則にミックスされているのも印象的です。留め具の大きさもあるので、全体的にはD’AMICO(ダミコ)のアクセサリーらしいボリュームがあります。

Tクロージャー金具ですので装着のしやすさも確保されています。腕時計やブレスレットのダブル遣いする事も可能で、使用するシーンも広いのが良いですね。

男らしさをアピールできるブレスレット!

男らしさをアピールできるブレスレット!

出典:でらでら

こちらのブレスレットは、より男っぽさをアピールできるワイルドなアイテムです。革使いの巧みさや雄々しさをベースとしていますが、D’AMICO(ダミコ)らしくレザーの質感を主体としており、男性の身体とバランスなどを鑑みて巻いて馴染むサイズ感のブレスレットとなっております。

猫目カットのパワーストーンやレザー紐の厚みも申し分ないアクセサリーとなっていて、銀細工された金具も細かく、石の留め具もレザー紐を通してしっかりと装備されているのが印象的です。ダブルラップとなっているので、腕時計との重ね付けにも使用でき、ボリューム感を楽しむことができます。レザーはライトグレーに赤みをさしたような手首に馴染むカラーリング462番色を採用し、ストーンには白の濁りが色味を強めたマットタイプのハウライトと思われるものを取り付けています。

石の土台の真鍮素材は、変色しにくく錆びないと言われる画期的なZAMメッキで加工されており、留め具にはネーム刻印いりコインプレートも付いています。シンプルですが味わい深い大人のアクセサリーとしておすすめです。


センスが光るリング!

センスが光るリング!

出典:jedia

こちらのコーディネートでは、人差し指に存在感があるリングをはめています。リングの中では、シンプルなアイテムと同時にインディアンジュエリーも人気ですが、D’AMICO(ダミコ)ではインディアンジュエリーも多く手がけており、その評価も非常に高いものがあります。その中でも、このリングはまた違った趣を感じさせてくれます。

サイズ的に武骨な印象がありますが、よく見るともスマートな印象もあり、とても不思議なデザインが印象的です。その相反するイメージを体現することで、他にはない存在感を示しています。シルバーとブラックのカラーリングも絶妙ですし、よく見るとシルバー部分が剥がれている演出を施している点にも注目です。

ジャケットスタイルにちょっと遊びが欲しいと感じた時に最適なリングですね。はめる指も人差し指にして知的なイメージを思う存分アピールしましょう!

最後に

いかがでしたでしょうか?D’AMICO(ダミコ)のアクセサリーは、一見すると派手ですが身につけてみると意外としっくりくるものが多いのが特徴です。あくまでも、さり気なくD’AMICO(ダミコ)のアクセサリーを身に着けて、ワンランク上のファッションを楽しみましょう。

Pocket
LINEで送る