ちょい悪オヤジだけじゃない!夏の日差しにはサングラスを活かしたコーデがおすすめ

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

海外セレブのスナップショットなどを見ていると、ほぼ確実にサングラスをかけていますよね。他にも、日本で観光している外国人の多くが、サングラスをかけてビシッと決めている印象があります。ただ、日本人にとってはサングラスはカッコつけているという印象があって、どうしても抵抗があるという方が多いのではないでしょうか?

ただ、例えば車の運転時においてはサングラスがないと眩しくて運転できないという場合がありますし、ファッションにおいてもサングラスをかけることでぐっと存在感を増すことができます。ちょい悪オヤジファッションには欠かせないイメージのあるサングラスですが、意外とジャケットをベースとしたきちっとしたコーディネートでも活用することが出来るので、是非取り入れたいアイテムの一つです。

そこで今回は、夏の日差しにおいてサングラスを活かしたコーディネートテクニックと、おすすめのアイテムを紹介していきます。

サングラスで夏のお出かけも快適に!

モノトーン系のコーディネートの中に明るめのサングラス!

モノトーン系のコーディネートの中に明るめのサングラス!

出典:でらでら

このコーディネートでは、トップスからシューズまでをHYDROGEN(ハイドロゲン)のアイテムで固めています。ポロシャツは左胸元に小さなスカル模様を刺繍したデザインであり、HYDROGEN(ハイドロゲン)にしてはシンプルですが、襟先には凹凸のあるサインが織り刻まれている点に注目です。パンツは総柄プリントを施したスウェットパンツで一見すると派手ですが、カラーリングもあって落ち着いた印象を与えることができます。これだけではモノトーンで暗いイメージがあるのですが、etnia BARCELONA(エトニアバルセロナ)のアニマル柄が印象的なサングラスで彩りを与えています。
(HYDROGENの詳しい解説はこちら)

このサングラスは、広大なアフリカをデザインモチーフにとしている”Wild Love in Africa Collection”であり、オーバル型のサングラスとなっています。アメリカのジャーナリストであるスティーブ・マッカリーとのコラボレートしたアイテムであり、アフリカとそこにある自然のテクスチャーを表現しています。白黒のゼブラをフィーチャーして、アニマル柄コレクターの心を響かせます。

偏光ミラーは赤みを帯びたタイプとなっていて、ヒンジ部分は外側にも曲がるように設計されているので、顔の幅が広くても対応可能です。一体型ノーズパッドは優しい設計で、メガネをかけた時にどうしても気になる部分をしっかりとカバーしているのが良いですね。


エッジを効かせたアスレジャースタイルの仕上げにサングラス!

エッジを効かせたアスレジャースタイルの仕上げにサングラス!

出典:でらでら

こちらは、REPLAY(リプレイ)のど派手なカラーリングが印象的なナイロンウィンドブレーカーを羽織るようにして着用し、インナーにも同じくREPLAY(リプレイ)のベーシックTシャツを着ています。パンツにはSOLIDO(ソリード)の動きやすさ抜群のニットジャージパンツを取り入れて、アスレジャースタイルをうまく強調しているのが良いですね。そこに、ブルー系のレンズが印象的なサングラスをかけて、リゾート感も取り入れていてかっこいいですね!
(REPLAYの詳しい解説はこちら)
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)

サングラスは、一般的には特にベースのカラーが濃いほど鏡の効果が高まります。これは、光を吸収することで、まぶしさを和らげる効果があるのですが、一方でミラーサングラスの場合は、レンズに当たる光を反射することでより効果的に目を保護すると共に、独特の光沢があったりカラーリングも明るくて良いアクセントとなるのでうまく取り入れる事ができるかが重要となります。

ただ、ミラーレンズの場合はダサく見えてしまうことがあるので、あくまでも自分に似合ったものであるか、あまりに場違い感が出ることがないかを重視して選ぶようにしましょう。

明るめのコーディネートに渋みを与える!

明るめのコーディネートに渋みを与える!

出典:でらでら

こちらのコーディネートにおいては、リラックスデニムの代名詞であるREPLAY(リプレイ)のデニムシャツを着て、そのインナーにMAISON HONORE(メゾンオノレ)の上品さに溢れているTシャツを合わせています。パンツにはREPLAY(リプレイ)のホワイトカラーで清潔感があるショートパンツを、そしてレザーサンダルでビシッと決めていますね。これだけでは比較的カジュアルになりすぎている印象がありますが、etnia Barcelona(エトニア バルセロナ)のサングラスでビシッと決めて渋みを与えています!

このサングラスは、ややレンズ幅の小さなオーバル型タイプであり非常に軽量なアイテムです。幅広いカラーや一時の流行に左右されないデザインが特徴であり、絵画的であり写真的でもありますね。ファッションとアートの繋がりを意識しているアイウェアコレクションとしても活用可能です。フレームは世界最大のアセテートメーカーとして有名な MAZZUCCHELLI(マツケリ)社製ですが、軽い上に丈夫で硬く、肌にも優しいのが魅力的です。

おしゃれなだけでなく、頑丈で長持ちするサングラスとしてもおすすめです。

マリンテイストにぴったりのブルーサングラス!

マリンテイストにぴったりのブルーサングラス!

出典:でらでら

日本において最もサングラスが似合うシーンとして、海などのリゾート地が挙げられます。このコーディネートではFILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー)の定番バスクシャツにPT01(ピーティーゼロウーノ)のショートパンツでマリンテイストのスタイルを取り入れています。更に、このスタイルをより高いレベルとするために、手に持っていてかけていませんがSPEKTRE(スペクトレー) のサングラスを取り入れています。
(FILEUSE D’ARVORの詳しい解説はこちら)
(PT01の詳しい解説はこちら)

世界的に有名なファッションエディターやブロガーたちがこぞって愛用し、その良さを拡散しているSPEKTRE(スペクトレー) のサングラスは、どれも個性的です。このアイテムも、やや小振りなレンズの大きさと、オーバルに近い丸みを持つボストン種となっています。セルフレームの中でもワイド幅ですが、レンズはキュッと小さいのが印象的です。尖ったイメージのする、眩いブルーカラー鏡面ミラーレンズ仕様であり、このサングラスをかけてリゾート地で写真撮影すると、インスタ映えしそうです!

スポーツ用としても使いやすく、肌身離さず使用したいサングラスとしておすすめです。


ツーリングにも最適なサングラス!

ツーリングにも最適なサングラス!

出典:Tokyo Motorist

サングラスは、主にドライブ時に身につけるという方も多いと思いますが、こちらのeau de vieのサングラスは、バイクや自転車などに乗る際に最適なスタイリッシュなサングラスとなっています。もちろん、単にライダーズグラスとしてだけでなく、このコーディネートのようにSTONE ISLAND(ストーンアイランド) のTシャツと SIVIGLIA(シビリア) のホワイトが眩しいパンツ、そして FERRANTE(フェランテ)のドレスシューズと合わせても違和感が全くありません。
(SIVIGLIAの詳しい解説はこちら)
(STONE ISLANDの詳しい解説はこちら)

このサングラスは、航空機のシールドに使用されている耐衝撃NXTレンズを採用しており、MOTO NAVIとeau de vieがコラボレーションしたアイテムです。顔にフィットするカーブした形状であり、デザイン上の特徴ともなっているサイド部のレンズ部は、ヘルメットを被ったままでも身に着けやすいように、テンプル部分はカーブを調整できるのが魅力的です。

サングラスとしての性能も高く、あらゆるシーンで活躍間違い無しのアイテムです。

最後に

いかがでしたでしょうか?サングラスに抵抗があるという方でも、今回紹介したようなアイテムやコーディネート方法であれば、すんなりと取り入れることが出来るのではないでしょうか?ちょっと勇気を振り絞って、ワンランク上のサングラススタイルを楽しみましょう!

Pocket
LINEで送る