涼しさも大事!でも見た目にもこだわりたい大人なメンズ夏向けパンツはこれだ!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

夏ファッションでは半袖のトップスを着用することが多いですが、それと同時にパンツもショートパンツなどの涼しいイメージのパンツを履きたくなりますよね。これは理にかなっている話であり、いくらトップスが通気性が良くても、下半身が暑いと体感的に結局暑くて汗が流れてしまいます。よって、パンツ選びも重要なポイントとして手を抜くことができないのです。

確かにショートパンツも魅力的ですが、フルレギンスのパンツでも素材によってはとても快適に履きこなすことができるものがあります。また、ロールアップして足首を出すだけでも、涼しい印象を与えることができますよね。他にも、カラーリングも重要なポイントであり、明るめのカラーリングのパンツでアクティブな印象も与えるのも良いでしょう。

そこで今回は、涼しい印象をアピールできる夏向けのパンツを紹介すると共に、コーディネート術も余すところなく紹介します。

夏向きのパンツで涼しさをアピール!

さっぱりとした印象があるパンツ!

さっぱりとした印象があるパンツ!

出典:でらでら

このコーディネートでは、CIRCOLO 1901(チルコロ1901)のさっぱりという言葉がピッタリ合うパンツを履いています。そこに、GIANNETTO(ジャンネット)の小粋でカジュアルなシャツをサラッと着こなすことで、かなりリラックスした印象をアピールしています。腰回りにPierre-Louis Mascia(ピエール・ルイ・マシア)のハンカチーフをアクセントとして取り入れて色気を出しつつ、PREDIBINO(プレディビーノ)のレザーサンダルできちっとした印象もあります。
(CIRCOLO 1901の詳しい解説はこちら)
(Pierre-Louis Masciaの詳しい解説はこちら)
(PREDIBINOの詳しい解説はこちら)

このパンツは、スウェットジャケットにも合わせやすい、動きやすさを意識したイージーパンツであります。鹿の子織りが特徴の涼しさ感じられ、スウェットのように柔らかく伸び、ストレスなく快適にさっぱりと着用できるので、オンスタイルでも用いることができます。緩やかなテーパードラインにてスリムさも優しいスウェットパンツのような穿き心地が楽しめ、ストレッチもプラスされているのでスポーティーさも覗かせてくれます。裾幅も46サイズで16センチという細身のラインはロールアップもしたくなるスリムなシルエットとなっています。

皺にもなりにくく、驚きの軽さのあるパンツは、旅行や出張にも気兼ねなく持ち運びができます。ドローコードを隠してスラックスのように楽しめる有能なパンツです!


モノトーンコーデも楽しめるホワイトパンツ!

モノトーンコーデも楽しめるホワイトパンツ!

出典:でらでら

こちらは、春にも映えそうなSOLIDO(ソリード)のホワイトデニムパンツが目立ちますね。そこに、MONCLER(モンクレール)のドレス感すら感じさせるラグジュアリーなポロシャツを着てモノトーンコーディネートを楽しんでいます。これにDSQUARED2(ディースクエアード)の深い赤みがあるキャップを着用して、アダルトな雰囲気がありつつもアクティブさをうまく取り入れています。
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)
(DSQUARED2の詳しい解説はこちら)

こちらのデニムパンツはコットンストレッチデニムシリーズの継承されたTAGLIO(タリオ)というモデルになります。ツイルストレッチ生地にて仕上がった5ポケットパンツでありますが、T400-ツイルストレッチで仕上げています。眩しいばかりのホワイトはエレガントさを醸し出していますし、彩度の高い色合いであり上品なこの上ない雰囲気ありますよね。コットンをベースとして、ポリエステルをミックスさており、張りが生まれてストレッチのキックバックに優れた素材ですので、細身でありながらも快適に履くことができますよ。

コットンスウェット天竺クロスとは違って、ツイルやチノパンに近い丈夫な素材感と、適度なストレッチ性で美しい脚のラインを維持します。厚みがあり膝ヌケしにくく、タフである点がスポーツウェアっぽさも感じさせますね。

リラックスさと上品さが混在したパンツ!

リラックスさと上品さが混在したパンツ!

出典:でらでら

リラックスした雰囲気と上品さを両立するのは実は難しいものですが、このコーディネートではBRIGLIA 1949(ブリリア)のモダンなテーパードシルエットのコットンリネンパンツを取り入れることでうまく両立させています。ジャケットにはCIRCOLO 1901(チルコロ1901)のジャージ素材のジャケットをサファリルックスに仕立てた個性的なアイテムを合わせ、シューズにもPARABOOT(パラブーツ)のコインローファーであるCORAUX(コロー)を履いて、爽やかさに溢れています!
(BRIGLIA 1949の詳しい解説はこちら)
(PARABOOTの詳しい解説はこちら)

このパンツでは、縫製後にウォッシュ加工を施してことによって、生地の柔らかさと程よいこなれ感を感じられるスラックスパンツに仕上がっています。コットンリネンの素材を使用しているので、じめじめする春夏の季節も穿き心地軽く快適に涼しく過ごすことができますよ。見た目の上品な佇まいでありつつも、ドローコードを採用していてバック部分にはリラックスして穿けるシャーリング仕様が印象的です。キレイめパンツであり、穿いた人にしかわからないリラックス感のイージーパンツというのが最高です!

ラフにパーカー等のカジュアルアイテムと合わしても良し、きちっとしたジャケットを着てパンツで抜け感を演出することもできる万能パンツとしてもおすすめです。

ウォッシュブルーで爽やかさをアピール!

ウォッシュブルーで爽やかさをアピール!

出典:でらでら

夏場に濃いインディゴブルーのデニムを履いていると暑苦しさを感じてしまいますが、このコーディネートのようにウォッシュブルーで明るさのあるアイテムをうまく取り入れることで、ぐっと涼しげな印象がありますね。ジャケットにもSANTANIELLO(サンタニエッロ)のダブルブレストでピークドラペルのジャケットを着て休日のリラックスしたファッションを楽しんでいます。インナーにはASPESI(アスペジ)のオリーブグリーンでうまくカラーバランスを保っているのが良いですね。
(ASPESIの詳しい解説はこちら)

このデニムパンツはtramarossa(トラマロッサ)のアイテムですが、攻めのローライズで映えるディテールがインパクト大なパンツとなっています。股上が浅くてモードブランド顔負けのローライズさと美スリムフィットのシルエットがとてもかっこいいですね。高いストレッチ性と立体的パターン構築によって、見た目はタイトに見えてもかなり履きやすいパンツとなっています。また、ベース色の魅力だけでなく、ステッチ装飾で用いられているターコイズ色の縫い糸と、インディゴデニム地と黒のスタッズ接着で24.7のコレクション名をデコレーションしている点にも注目です。
(tramarossaの詳しい解説はこちら)

24.7(トゥウェンティーフォー.セブン)モデルですので、24時間履き続けたくなるような魅力的なパンツとしておすすめできます。


清涼感があるスラックス!

清涼感があるスラックス!

出典:でらでら

こちらは、クールビズスタイルとしても用いることができそうな、軽やかさのあるトップスとスラックスの組み合わせです。JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のインディゴカラーがかっこいいポロシャツに、SOLIDO(ソリード)のSuper100’S ウールクロスで仕上げてドレープ感が上品さを際立たせるパンツで大人っぽさを強調しています。
(JOHN SMEDLEYの詳しい解説はこちら)

このパンツは、クールビズ以外でもビジネスシーンで何の違和感もなく履くことができるデザインが印象的です。一見するとウール素材だとはわかりにくいですが、触れた瞬間にウールである事がわかる静かに納得させられます。ウールと言っても夏向きに薄手で仕立てられているので、快適に履くことができますよ。贅沢な高級生地だから可能にする、布のたるみが生むドレープ感があり、しなやかでどこか優美な印象を受けます。

ドレープ感が楽しめつつ、皺になりにくいのでコンパクトに折り畳んで長期外泊に持ち運びもできる便利パンツです!

最後に

いかがでしたでしょうか?パンツ一つにこだわるだけでも、かなり涼しい印象がでてきますね。ハーフパンツも悪くありませんが、今回紹介したパンツなども取り入れて、快適に夏ファッションを楽しみましょうね。

Pocket
LINEで送る