サマーニットを使った爽やかな夏のメンズスタイル5選

出典:fashionbeans

Pocket
LINEで送る

夏のメンズスタイルの決定的なテーマはやはり「爽やかさ」にありますよね。その中で、定番のトップスとしてはTシャツやカットソー、シャツがありますが、少し違いをもたせたいと思っている方も多いのが実情です。ただ、暑苦しい格好は他人も暑苦しく思えてきてしまうので避けたいですし、爽やかさがあるということは清潔感もアピールすることができ、まさにモテスタイルにおける大定番なので外せない要素です。

そんな夏のメンズスタイルにおすすしたいのがサマーニットです。ニットというと秋冬の印象があるわけですが、サマーニットは薄手のニットで暑くはなく、織り目が細やかでスッキリとした印象を与えてくれますよね。このスッキリとした印象が爽やかさに一役買っているので、サマーニットをコーディネートに取り入れることで、夏ファッションに違いを持たせつつも爽やかさをアピールできます。

そこで今回は、サマーニットを使った夏向けなコーディネートテクニックを紹介します。

サマーニットで違いをアピールしよう!

グリーンで華やかなプリントが描かれているサマーニット

グリーンで華やかなプリントが描かれているサマーニット

出典:でらでら

最初に紹介するのが、FRANKLIN & MARSHALL(フランクリン&マーシャル)のサマーニットを取り入れたコーディネートです。これ1枚で様になるサマーニットに、ボトムスとしてはPT01(ピーティーゼロウーノ)のビーチとして人気の高いハブロック島をモチーフにしたショートパンツ、PARABOOT(パラブーツ)のラグジュアリー感の高いサマーシューズを履いて、きちっとした印象も持たせています。さり気なく腕にアクセサリーを付けたり、バッグも軽やかなカラーリングのものを取り入れるなど、随所に夏っぽさをアピールしたコーディネートとなっています。
(FRANKLIN & MARSHALLの詳しい解説はこちら)
(PT01の詳しい解説はこちら)
(PARABOOTの詳しい解説はこちら)

このサマーニットは、一見するとスウェットのようにも見える不思議な素材を使用しています。また、スウェットのように首元にVパッチを取り入れたデザインニットとなっている点にも注目ですね。滑らかに薄手に編み上げられたコットンニットとなっていて、長袖ですが真夏でもUV防止として着用できる、爽やかな着心地とニット感が特徴です。リブも長さがあり幅広ですので、腕まくり等の小粋な着こなしも楽しむことができます。

リゾート感を演出できるサマーニットであり、着用できるシーンも多くヘビーローテーション間違い無しのサマーニットとしておすすめです。


半袖サマーニットで快適に着こなす!

半袖サマーニットで快適に着こなす!

出典:でらでら

サマーニットとしては、やはり長袖のアイテムが多くなるのですが、半袖のサマーニットも実は数多くあり、魅力的なアイテムが多く存在しています。その中で、特におすすめしたいのが、Filippo De Laurentiis(フィリッポ・デ・ローレンティス)のサマーニットを取り入れたこのコーディネートです。シャツブランドとして有名なGIANNETTO(ジャンネット)らしいシャツのような着こなしができるジャケットを羽織り、ボトムスにはBRIGLIA 1949(ブリリア)の軽い着こなしが可能なテーパードシルエットのコットンリネンパンツをロールアップして履いていて、リラックスした雰囲気をアピールしています。
(GIANNETTOの詳しい解説はこちら)
(BRIGLIA 1949の詳しい解説はこちら)

トレンドを取り入れたデザインとカラーで構築されているこのサマーニットは、詰まった襟元とパフっぽい柔らかで締め付けすぎない袖型、そして肩幅を狭く設計することによってコンパクトにまとめたミニマルスリムなデザインが印象的です。細番手ですのでインナー使いも楽しめる半袖ニットソーとなっています。編地の種類はポコポコと鹿の子編みに似たハイゲージニットクロスであり、薄手タイプですが編み目が細かいので上品な雰囲気を帯びており、透けにくい点も評価できます。

通気性も良く、ドライ質感ですので真夏でもサラッと着こなすことができます。自宅で水洗いも可能という点も嬉しいですね。

トレンドカラーを取り入れたサマーニット!

トレンドカラーを取り入れたサマーニット!

出典:でらでら

今シーズン注目したいカラーリングに、ネオンカラーがあります。夜のネオン街で見られるビビッドなカラーリングのことを指しますが、さほど派手でないものの、このサマーニットはピンクで目立ちますよね。そこに、ネイビーで落ち着きのあるカラーリングのパンツを履き、シューズにはPARABOOT(パラブーツ)のスニーカーを履いていますが、サマーニットに近い色味でうまくコンビネーションしている印象があります。HERNO Laminar(ヘルノ ラミナー)のロングコートを手に持っていて、寒いときや雨が降ったらこのコートで凌ぐこともできますね。
(HERNOの詳しい解説はこちら)

このサマーニットはやはりカラーリングに目が行きますが、ピンクと赤みが中和されたピリッと男気の効いたカラーリングが印象的です。滑らかで心地のよい、超薄手の33ゲージによるコットンクロス製ですが、世界のトップメーカーも使う世界最高峰のニット糸製造工場によって仕上げられているのが特徴で、非常に高品質で室の高さを実感できます。

着丈が短めで、アームなども全てがバランスよくコンパクトに設計されているスリムモダンフィットであり、これ1枚でサラッと着ても良いですし、ジャケットのインナーにも最適ですね。

あまりないホワイトのサマーニットを取り入れたコーディネート!

あまりないホワイトのサマーニットを取り入れたコーディネート!

出典:jedia

こちらは、あまり見られないホワイトのサマーニットを取り入れたコーディネートです。DRUMOHR(ドルモア)のサマーニットの首元にatto vannucci(アットヴァンヌッチ)の幾何学柄のネッカチーフを取り入れて、華やかさを強調しています。ボトムスにはCIRCOLO(チルコロ)のプリントジャージースラックスで見た目はきちっとしていても、履き心地は快適なパンツを履いて、アクティブさもあるスタイルになっています。
(DRUMOHRの詳しい解説はこちら)
(CIRCOLOの詳しい解説はこちら)

このサマーニットは、生地に清涼性のあるリネンとポリエステルをブレンドしたライトゲージ生地を採用しています。上質なリネンで仕上げたザックリと編まれていて、真夏でも快適に着こなすことができます。袖通しの滑らかさがあり、生地本来のシャリっとした清涼感ある風合によって、季節感も味わうことができます。

ボトムスにはブラックのパンツなどと合わせて、モノトーンでコーディネートしてもかっこいいですよ。


ちょいワル感もある着こなし!

ちょいワル感もある着こなし!

出典:nano universe

こちらは、大人の男性に是非チャレンジしてほしいちょいワルなスタイルです。WillLOUNGEの落ち着いたカラーリングのサマーニットにネイビーのジャージパンツを履いており、更にランニングシューズに近いデザインのスニーカーを履いており、スポーツミックススタイルを楽しんでいます。ニットキャップとサングラスによって、ちょいワル感もうまくアピールしているのがかっこいいですね。

このサマーニットは、王道デザインを上品に仕上げたニットとなっており、異なる配色による切り替えデザインが特徴のコマンドニットであり、そこにラグジュアリーなテイストを入れています。肌触りが良くなめらかな生地であり、更に上品な雰囲気をコーディネートにプラスしてくれること間違いありません。袖と裾のリブによって全体的に引き締まった印象を与えてくれます。

派手すぎないデザインですので、どんなスタイルにも合わせやすい万能ニットとしてもおすすめです。

最後に

いかがでしたでしょうか?サマーニットはTシャツなどのライトなトップスがメインとなる夏場で違いをもたせることができるアイテムです。ジャケットのインナーなどにも着用できるアイテムが多いので、上手くコーディネートに取り入れておしゃれを楽しみたいですね。

Pocket
LINEで送る