イタリア生まれのDiadora Heritageで大人のスニーカースタイルを!

出典:Diadora(ディアドラ)

Pocket
LINEで送る

他のファッションアイテム以上に、スニーカーは進化するスピードが早いように思えます。その理由としては、スニーカーはファッションだけでなくスポーツ界から派生してきたアイテムであると考えられます。アスリートが少しでも速く負担なく走れるように、日進月歩で進化が進んでいて、そのノウハウが街履きされるスニーカーにもフィードバックされているのです。かつて、F1マシンが市販車に多くの恩恵をもたらしたのと同じイメージですね。

一方で、ハイテクさとはまた違ったヴィンテージ感溢れるスニーカーも人気となっています。その流れを作ったブランドとして、主にサッカーのスパイクや短距離走者のスニーカーを手がけているDiadora(ディアドラ)が有名です。Diadora(ディアドラ)の中で、Diadora Heritage(ディアドラ ヘリテージ)というラインが特に人気です。ヘリテージとは、直訳すると遺産、継承物、また伝統、伝承などの意味があり、そのライン名通りヴィンテージ感あふれる雰囲気が最高にかっこいいのです!

そこで今回は、大人のスニーカースタイルを楽しめるDiadora Heritage(ディアドラ ヘリテージ)のアイテムを中心に紹介していきます。

Diadora Heritage(ディアドラ ヘリテージ)でスニーカースタイルに新風を!

爽やかさ全開のスポーティースタイル!

爽やかさ全開のスポーティースタイル!

出典:でらでら

最初に紹介するのが、これから夏にかけて絶対にチャレンジしたい、全体的に明るめのカラーリングでスポーティーテイストをうまく取り入れたスタイルです。トップスにはGIANNETTO(ジャンネット)のシャンブレーシャツでカジュアルさをアピールしつつ、SOLIDO(ソリード)の若干太めのシルエットで綿クレープコットン生地で履きやすく、それでいてドレッシーさに溢れるパンツをチョイスしています。更に、そこにDiadora Heritage(ディアドラ ヘリテージ)のキャンバス主体のローカットスニーカーによって、軽やかさをより強調しています。
(GIANNETTOの詳しい解説はこちら)
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)

こちらはEQUIPE STONE WASH(エキップ)というモデルですが、今までにない明るめのカラーリングが印象的です。珍しいルーマニア製であり、キャンバスコットンがメインであり価格的にリーズナブルなものとなっています。くったりと潰れていたり、色の変わっている汚れや革の擦り傷などは、全てハンドフィニッシュによって演出されています。スエードレザーの水色によって、アッパーのキャンバス地に色移りさせて全体的にうっすらとした水色となっていて、爽やかさも感じられます。

明るめのパンツに合わせても良いですし、デニムパンツとの相性も抜群な点も良いですね!


ブラックをベースとしつつもカラフルな配色で良いアクセントに!

ブラックをベースとしつつもカラフルな配色で良いアクセントに!

出典:でらでら

こちらのコーディネートは、SOLIDO(ソリード)らしい一見するときちっとした印象がありつつも、実際には度詰め天竺素材でびっくりするほどストレス無く着用できるセットアップスタイルを楽しんでいます。これだけでは若干面白みがないので、インナーにはFILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー)のオリーブグリーンとマスタードイエローとのボーダー柄が印象的なバスクシャツを着込んでいます。更に、Diadora Heritage(ディアドラ ヘリテージ)のポップなスニーカーで良いアクセントを付けていますね。
(FILEUSE D’ARVORの詳しい解説はこちら)

何十年も経過して完全に染み付いているような雰囲気がありますが、ストーンウォッシュ用の特殊な染料で染めて、 軽石と一緒に洗いをかけることで、自然と溢れ出る色落ち感を演出させています。実は、よく見ると金具も色落ちさせていて、バランスの良いヴィンテージ演出となっています。あえてラスト(木型)やソールの型も古いものを使用していることもあり、尚更ヴィンテージ感を強く感じることができます。

メインはパンチングレザーとなるオリーブグリーンのカラーリングで、見た目だけでなくこのパンチングによって通気性がよく蒸れにくいのが良いですね。

シンプルなTシャツとデニムパンツのコーディネートに凄みを与える!

シンプルなTシャツとデニムパンツのコーディネートに凄みを与える!

出典:でらでら

こちらのコーディネートでは、REPLAY(リプレイ)の赤い横長ボックスの中にブランドロゴを収めたトレンディなプリントデザインが印象的なTシャツを着ています。そこに、DIESEL(ディーゼル)のレギュラーよりも余裕のあるワイド系ストレートのデニムパンツを履いて、ゆったりした印象を与えています。そこに、渋みが強く存在感抜群のDiadora Heritage(ディアドラ ヘリテージ)のスニーカーによって、他とは違う雰囲気を強くアピールしています。
(REPLAYの詳しい解説はこちら)
(DIESELの詳しい解説はこちら)

プレミアムスウェードレザーを、豪快にスペシャルストーンウォッシュ加工することで、より存在感が強いスニーカーに仕上がっています。 灼けて褪せた様なオリーブグリーンであり、ビターなコーヒーのような印象を与えています。インライニングもパンチング裏では、キャンバスコットンを使用したり、グレーのサイドラインは皺の酔ったカーフレザーを取り入れています。薄い履き心地ですが、フィット感が高く優しい感触です。

シューレースを通すDカンにおいては、内側に向かい合わさるようにデザインされていて、金具感が少なく軽装に似合うシューズである事を強調しています。

シンプルさを追求したいならベージュカラーもおすすめ!

シンプルさを追求したいならベージュカラーもおすすめ!

出典:でらでら

ここまでは、かなり個性的なシューズのみを紹介してきましたが、こちらは落ち着いた大人をより強調するスタイルとなっています。トップスには、Filippo De Laurentiis(フィリッポ・デ・ローレンティス)の良質コットンニットを使用して肌触り抜群なサマーニットに、PT01(ピーティーゼロウーノ)のサマーウールクロス仕様で軽やかさのあるパンツを履いています。そこに、diadora HERITAGE(ディアドラ ヘリテージ)のベージュカラーのスニーカーを履いています。
(PT01の詳しい解説はこちら)

GREY COBBLESTONE(グレーカブル)と呼ばれる、玉石などという意味合いのあるナチュラル系のグレ―ジュカラーが印象的です。これによって、ぐっと大人っぽさを強調できていますね。肌に近いナチュラルカラーですので、素足履きしても様になるのも魅力的です。全てがスウェードレザーで構成されていて、アッパーの一部にはパンチングを施しているので、真夏にもサラッと履きたいですね。

カップ式インソールで肉厚でクッショニングの良いリムーバブルインソールを採用していることで、クッション性が高いのも最高です!


ホワイト系のスニーカーでも個性あり!

ホワイト系のスニーカーでも個性あり!

出典:でらでら

こちらは、ジャケットにSOLIDO(ソリード)のブラックジャケットを着て、そのインナーにはNO COMMENT PARIS (ノーコメントパリ)のカットソーを合わせて、更にダメージデニムを合わせることでやんちゃさも感じさせるスタイルとなっています。そこに、ジャケットのカラーリングとマッチさせるようにdiadora HERITAGE(ディアドラ ヘリテージ)のホワイトをベースとしたスニーカーを履いています。
(NO COMMENT PARISの詳しい解説はこちら)

ホワイト&グレーという、コントラストを薄めてサッパリ夏向きに演出しており、モードさも感じさせるスニーカーに仕上がっています。アイコンとなっているサイドにあるロゴは、マットグレーを取り入れている点にも強いこだわりが見られます。まるでドライビングシューズとランニングシューズをミックスさせたかのような、オリジナルデザインも良いですね。

ホワイトの靴紐ですが、若干明るめのカラーリングのものに替えて履くのも面白いですよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?diadora HERITAGE(ディアドラ ヘリテージ)のスニーカーはとても個性的ですが、実際に履いてみるとジャケパンスタイルにも合わせることができますし、持っていて便利なスニーカーです。早速取り入れて、スニーカースタイルを極めましょう!

Pocket
LINEで送る