BARBA(バルバ)のドレスシャツで美しく色気のある男を目指そう!

出典:BARBA(バルバ)

Pocket
LINEで送る

色気のある男性ってモテますよね!英語ではセクシーと評されるわけですが、人の目線を釘付けにすることができますし、ぜひ目指したいスタイルの一つとなっています。但し、上品に見せることができる一方で、少し間違った方向に向くと下品さが際立ってしまって逆効果となってしまいますので、取り入れ方には注意したいものです。その中で、気軽にセクシーさアピールすることができるのがドレスシャツです。

特に、BARBA(バルバ)のドレスシャツは着ているだけでも色気をアピールすることができます。BARBA(バルバ)は1964年、にAntonio Barba(アントニオ・バルバ)兄弟がイタリア、ナポリで創業したブランドです。現在は、その息子RaffaeleとMarioによってシャツ工場を経営しています。製品の洗練さと生地のよさ、彼らの熱意がありイタリア南部独特の手仕事を採用することで美しさと耐久性を同時に実現させたジャストフィットシャツを追及しています。

イタリアらしいどこか色気のあるシャツを提供するBARBA(バルバ)を着用するだけで、ダンディな大人の男になれることでしょう!そこで今回は、BARBA(バルバ)の魅力的なシャツを紹介していきます。

BARBA(バルバ)のドレスシャツでモテ男を目指そう!

柔らかさが魅力的なシャツ!

柔らかさが魅力的なシャツ!

出典:でらでら

シャツスタイルを極めたいなら、下着を付けないでシャツ一枚でサラッと着こなしたいですよね!確かにVネックの下着を着れば見えませんが、それでも下着のラインが気になるという方も多くいます。ただ、素肌にシャツを着るとシャツの素材感がダイレクトに伝わってくるので、肌触りのよいドレスシャツであることが必要条件となります。

その意味でおすすめしたいのが、こちらのCULTOというシャツです。袖付けのあたりが特に柔らかく動かしやすいのが特徴であり、爽快さを誇るコットンクロスを採用しています。ドビーのような縦に長い格子パターンの間がややシアー感を帯びている凹凸があるので、肌が当たる面積が狭く夏でもサラッと着こなしが可能です。衿羽開きが180度に近いホリゾンタル(カッタウェイ)というのもよいですね。

従来モデルと比較して、高さは前襟で2.5cm、後ろで3.5cm。襟羽根の長さは8.8cmと着丈の長さは十分にとっているので、タックインされた時のシャツ裾の収まりが最高です。このコーディネートのように、スーツの下にネクタイを締めて着用しても高い存在感がありますね!


タブクレリックカラーで爽やさも取り入れる

タブクレリックカラーで爽やさも取り入れる

出典:wear

単に色気だけを追求するのではなく、清涼感があるとより魅力的に見えるものです。その点で、是非オススメしたいシャツのデザインとしてタブクレリックカラーがあります。特に、腕と襟がホワイトで、他がブルー系のカラーリングですと、より爽やかさを強調することができ、人目を引くこと間違いありません!もちろん、BARBA(バルバ)でもタブクレリックカラーのシャツをラインナップしています。

こちらのシャツは従来モデルから襟の部分を若干リニューアルしたモデルとなっています。大丸カフスでソフト接着芯を採用していたり、5mmボタンで前立てあり、胸ポケット無しでスッキリした印象を与えています。背ダーツが入っているので、ただ着用しているだけでも様になるデザインの良さが魅力的ですね!

カラーリングも薄めのブルーとホワイトの細めのストライプ柄となっていて、クールビズスタイルでも活躍間違い無しのシャツとしておすすめです!

独特の丸い襟でキュートさもアピール!

独特の丸い襟でキュートさもアピール!

出典:wear

色気と共に取り入れたいのが、キュートさですよね。仕事もバリバリできて色気もある男性も魅力的ですが、その一方でまた違ったキュートな一面があるとぐっと魅力が増しますよね!そのギャップ効果をうまく取り入れることができるのが、こちらの独特な丸い襟のデザインが印象的なシャツです。こちらもタブクレリックカラーとなっていますが、襟のデザインが違うのでかなり印象が異なりますね!

丸みを帯びた襟と淡いカラーリングとなっているので、ジャケットやスーツスタイルに柔らかな印象を作り出してくれます。程よく高い台襟となっていて、昨今のトレンドでもあるラウンドカラーによって、時代を象徴するクラシックスタイルの代表的な襟型をアピールしています。熟練の職人技が光る美しいシルエットとなっていて、着心地の良さはBARBA(バルバ)の真骨頂です!

基本はノーネクタイでサラッと着こなすのがおすすめですが、しっかりとネクタイを締めてより爽やかさをアピールするのも良いでしょう。

デニムシャツも美シルエットでセクシーに!

独特の丸い襟でキュートさもアピール!

出典:wear

今シーズンも注目されているアイテムの一つに、デニムシャツがあります。デニムシャツと聞くと、少しカジュアル過ぎてなかなかドレスシャツスタイルにはマッチしない印象があります。もちろん、ガッツリデニム素材を取り入れるとカジュアル寄りになってしまいますが、ライトデニムシャツであればうまくコーディネートにも取り入れることができるのです。その点で、おすすめしたいのがこちらのシャツです。

ライトデニムシャツでありますが、BARBA(バルバ)らしい上品な仕立てと着心地の良さを取り入れた、ドレッシーなシャツに仕上がっています。低めの台襟を取り入れており、また小ぶりの襟型で首周りがすっきりとしてシャープな印象を与えることができます。ノンウォッシュで均一感あるカラーリングですが、当然デニムシャツですので使用したり洗濯することで色落ちしてまた違った魅力をアピールできます。

普段使いで休日のお出かけにさらっと着こなしても良いですし、ジャケパンスタイルでドレススタイルの外しにも幅広く着まわすことができる、持っていると便利なシャツです!


小紋柄シャツでカジュアルさもアピール!

小紋柄シャツでカジュアルさもアピール!

出典:wear

こちらのシャツは、古来からある小紋柄を取り入れたシャツとなります。柄のサイズ感や配置が絶妙で、基本はカジュアル寄りな柄でありますが、ジャケパンスタイルに適度なカジュアルさを取り入れる程度でコーディネートできるのが魅力的です。このバランス感覚の良さも、BARBA(バルバ)が得意とするジャンルですよね。

着心地の良さが魅力的なシャンブレーシャツであり、頑丈であるという点も評価できます。シャツの場合、ヘビーローテーションでオンオフ兼用で着用したいとなると、耐久性の高い素材であることが必須条件となりますが、そのニーズを満たしたシャツとなっています。それでいて、肌触りが柔らかいのですから驚くばかりです!

シンプルにシャツ一枚でタックインせず着こなすのも良いですし、春夏であればジレと合わせることできちっとしたスタイルも楽しめますよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?BARBA(バルバ)はまだまだ日本では知名度が抜群に高いブランドではなく、流通しているモデルも少ないのが実情です。ただ、これから日本でもブームになるのは間違いないので、先取りしてBARBA(バルバ)のシャツで色気のある男性を目指しましょう!

Pocket
LINEで送る