春のレジャーはアスレジャースタイルで軽やかにキメる!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

お花見シーズンは過ぎ去りましたが、春といえばレジャーも楽しみ始める季節です。暖かな陽気に誘われて外に出掛ける機会も増えますし、冬の鬱屈した空気からの開放感を味わうことでしょう。そんなアクティブになり始めの春のレジャーにオススメなファッションがアスレジャーがあります。

アスレジャーとは、アスレチックレジャーの造語でアクティブに過ごすのに適したスタイルとなっています。数シーズン前に流行したノームコアからの進化という側面もあり、コーディネートしやすいのもポイントです。きちっとしたファッションではおしゃれに見せることができますが、堅苦しさがあって…と思っている方に最適なスタイルであると言えます。

そこで今回は、春にピッタリ合うアスレジャースタイルを取り入れたコーディネート例を厳選して紹介します。

アスレジャーで楽チンかつ軽やかさをアピール!

グレー系カラーのスウェットでスポーティーさを強調!

グレー系カラーのスウェットでスポーティーさを強調!

出典:でらでら

レジャーで特に活躍するのがスウェット系アイテムですよね。スウェット素材の中でも特にカラーリングとしてグレーが挙げられますが、こちらのコーディネートでは上下で異なるブランドのアイテムですが、どこかセットアップスタイルのような相性の良さを示しています。トップスとボトムスで同系統のカラーリングを取り入れている中で、DIESEL(ディーゼル)のデニムのようなカラーが印象的なキャンバススニーカーを履いて、うまくアクセントを付けています。
(DIESELの詳しい解説はこちら)

アウターに着用しているのがSeagreen (シーグリーン)の代名詞であるオニワッフルのジップアップパーカーです。厚みがあって吸水性に優れた生地であり、一般的なワッフルクロスよりもへたれにくいのが特徴です。また、表面の凸凹により肌への接触面が軽減されており、肌触りは抜群です。着崩れしない事でボディラインを美しく見せることができ、ニットウェアですが体型をカバーすることも可能です。

パンツにはMAJESTIC HOMME (マジェスティック オム)のスウェットパンツを履いています。後ろヨークを加えて、立体感を出したデザインによって、部屋着からワンランクアップしたパンツに仕上がっています。
(MAJESTIC HOMMEの詳しい解説はこちら)


トレーナー一枚でもおしゃれに見せる!

トレーナー一枚でもおしゃれに見せる!

出典:でらでら

部屋着でも頻繁に用いられるアイテムとして、トレーナーがあります。アイテムやコーディネート次第では、部屋着のまま外出しているのでは?と思わせてしまうこともありますが、このコーディネートではシンプルな中にもおしゃれな雰囲気を強くアピールしています。適度に余裕のあるサイズのトレーナーにJACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)の若干スリムなデニムパンツを合わせ、diadora(ディアドラ)の上品さすら感じさせるスニーカーで爽やかさをアピールしています。
(JACOB COHENの詳しい解説はこちら)
(diadoraの詳しい解説はこちら)

トレーナーはMONCLER GENIUS(モンクレール ジーニアス)のアイテムですが、トレーナーらしさを発動するコットンスウェット仕様が光っています。適度に厚みがあってもルーズフィットとなっており、中にシャツの重ね着なども楽しめますので。3シーズンで愛用することができます。バックの、盛りあがった刺繍によるロゴを入れたり、左袖には薄いロゴプリント、右裾後ろにはモンクレールのアイコンカラー、トリコロールに見立てた紺と赤のハトメリングなど、様々な点に工夫が見られます。
(MONCLER GENIUSの詳しい解説はこちら)

あの藤原ヒロシ氏が作り出す世界観そのものに、希少価値が高いアイテムでもあります。

レッドカラーのバスクシャツとリュックサックが相性抜群!

レッドカラーのバスクシャツとリュックサックが相性抜群!

出典:でらでら

このコーディネートでは、春らしいカラーリングが印象的なバスクシャツ一枚でコーディネートして、そこにSIVIGLIA(シビリア)のデニムパンツを合わせて楽チンスタイルを取り入れています。スニーカーも色味を抑えたものでバランスを取っていますが、このコーディネートの肝はあえてブラックでレザーとナイロンをミックスしたリュックサックを背負っていることです。これで、スポーティーさと実用性の高さを手に入れています。
(SIVIGLIAの詳しい解説はこちら)

FILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー)のバスクシャツはニットソーと呼ばれている、オリジナルのヴィンテージリブクロス仕上げを採用しています。用いられているリブ編みニットは、柔らかく肌を包んでくれます。ニットの弱点として着続けると伸びてしまう点がありますが、このアイテムは横編み機械を用いて作られているので、糸を使う量が多くニットでストレッチ性も高いのが特徴です。
(FILEUSE D’ARVORの詳しい解説はこちら)

リュックサックはFelisi(フェリージ)のアイテムですが、ナイロンをベースにしていて、レザーフラップ&ジップラウンドのデザインは、蓋と収納袋が一体化しているような印象があり、スマートでやや小ぶりなタイプとなっています。想像以上に収納力がある点が良いですね。
(Felisiの詳しい解説はこちら)

アスレジャーでもミリタリーテイストが重要!

アスレジャーでもミリタリーテイストが重要!

出典:でらでら

もうすっかり定着したイメージがあるのが、ミリタリーテイストのアイテムです。今シーズンも、カモフラ柄が引き続き流行する気配がありますが、実はアスレジャーではミリタリーテイストのアイテムも取り入れることが可能です。というのも、ミリタリー自体がアスレチックな雰囲気が強いアイテムですので、イメージにピッタリ合うのです。

このコーディネートでは、カモフラ柄のウィンドブレーカーを着て、ボトムスにはSTONE ISLAND(ストーンアイランド)の高い人気を誇るリブパンツを合わせています。一見するとウィンドブレーカーが浮いて見えそうですが、MONCLER(モンクレール)のこのアイテムは迷彩柄もタウンユーズで映える、色味を抑え、斑マークを小さくアレンジしたシティカモフラとなっていますので、街着にしても溶け込ませやすいのが特徴です。
(STONE ISLANDの詳しい解説はこちら)

また、この迷彩にはMONCLER(モンクレール)のシンボルマーク「M」字のコックマークがカモフラの中に潜んでいます。袖ワッペンも付いていますが、袖ポケットまわりのトリコロール色テープの囲いもまた、MONCLER(モンクレール)らしさに溢れていますね。


あえてブラックでシックに着こなす!

あえてブラックでシックに着こなす!

出典:でらでら

春は色鮮やかなアイテムが映えるシーズンですが、あえてブラックでシックなイメージにもチャレンジしてみたいところです。このコーディネートでは、上下でブラック系のアイテムを取り入れていますが、よく見るとナイロンパーカーとコットンパンツの異素材で組み合わせていて、どこかラグジュアリーなイメージも強調しています。そこに、diadora(ディアドラ)のアイスグレーのスニーカーによって、軽やかさもうまく取り入れています。

アウターに着用しているのは、STONE ISLAND(ストーンアイランド)のプルオーバーナイロンメタル地パーカーです。裾を捲り上げるのではなく、右横から伸びているジップを使用しており、着たままのスタイルを保持することが可能です。被り型タイプのパーカーであり、フードの形も、首元からも美しく構築されていて、着ているだけでも様になります。裏面は全てがメッシュ地であり、表もメッシュの流動性に合わせて波打ち、柔らかく薄い様で、ボディに適度にフィットしますし、見た目以上に快適に着こなすことができます。

バックパックのようにコンパクトに収納することができるので、これからの季節に重宝すること間違い無しの逸品です。

最後に

いかがでしたでしょうか?アスレジャーなスタイルででかけたくなる日が増えてきていますが、実は意外と身近なアイテム同士での組み合わせでアスレジャースタイルを構築できます。早速コーディネートに取り入れて、楽チンかつおしゃれに外出を楽しみましょう。

Pocket
LINEで送る