そろそろお花見!会場で一目置かれるデキる大人のお花見コーデ5選!

出典:pixabay

Pocket
LINEで送る

春の風物詩にお花見がありますよね。日本は四季がはっきりしていて、春は気候が暖かくなって芽吹き出すシーズンですし、桜も咲いて華やかさが満点です!昨今、呑みニケーションという言葉はあまり聞かなくなりましたが、それでも会社の同僚などとお花見をするのは楽しく、コミュニケーションを図るにも最適ですし、新入社員の場合は早速の大仕事でもあります!

お花見を行うケースとして、会社帰りに夜桜を楽しむケースと、休日に集合して昼間からお酒を飲んで桜を鑑賞するというケースもあります。また、会社だけでなくプライベートでもお花見を楽しむケースも多いのですが、きれいな桜にも匹敵するようなイケてるコーディネートをしていると、周りの見る目も変わってくること間違いありません。

そこで今回は、お花見シーンでも一目置かれる大人っぽさを感じさせるコーディネートを厳選して紹介します。

桜にも負けない!?イケてるお花見コーディネート術

リッチなイメージがあるコーディネート!

リッチなイメージがあるコーディネート!

出典:でらでら

最初に紹介するのは、落ち着いた大人を連想させるスタイリッシュなコーディネートです。リッチさを印象つけているものとしては、アウターに着用したHERNO(ヘルノ)のレザーブルゾンが目を引きます。そこに、PT01(ピーティーゼロウーノ)のGRAVEN FIT(グラヴェン フィット)というモデルのきれいめパンツを合わせて、更にPARABOOT(パラブーツ)のCHAMBORD(シャンボード)によってうまくきちっとした感じも引き出しています。あえてインナーにはFRANKLIN & MARSHALL(フランクリン&マーシャル)のスウェットシャツを合わせることで、リラックスした感じも演出できています。
(HERNOの詳しい解説はこちら)
(PT01の詳しい解説はこちら)
(PARABOOT CHAMBORDの詳しい解説はこちら)
(FRANKLIN & MARSHALLの詳しい解説はこちら)

やはりメインはレザーブルゾンですが、ヤギ革スエードの一枚仕立てでデザインされています。裏面にはカット地とのダブルフェイスとなっていて、ボンディング仕様でありレザーでありながら薄く、カジュアルでアクティブな印象があります。性質の違う2種類以上の素材を張り合わせていて、裏地がもたつく事がありませんし、主体とする生地そのものを纏ってるようなやや薄手の感触が特徴です。

彼女とのデートで桜を楽しむには、最適なスタイルですね。


桜以上に色鮮やか!花柄シャツを取り入れよう

桜以上に色鮮やか!華柄シャツを取り入れよう桜以上に色鮮やか!華柄シャツを取り入れよう

出典:でらでら

数シーズン前にボタニカルブームが巻き起こって、男性でも植物の柄や花柄を取り入れたアイテムが登場しています。このコーディネートでは、L.B.M.1911(エルビーエム)の爽やかなブルーが印象的なジャケットのインナーにGIANNETTO(ジャンネット)の色鮮やかな花柄プリントデザインが印象的なシャツを合わせています。パンツには SOLIDO(ソリード)のスポーツミックススタイルのアイテムを合わせることで、よりアクティブな印象を与えることができています。
(L.B.M.1911の詳しい解説はこちら)
(GIANNETTOの詳しい解説はこちら)
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)

この花柄シャツは、優しいホワイト系のカラーをベースとして、描かれたトロピカルフラワー柄となっていて、夏の陽射しに隠れる事がないピンクやグリーンを基調にしたプリントを用いています。水彩画のような雰囲気があり、間にコントラストで加えている青色のラインが、ただ甘いだけではない雰囲気を演出しています。

襟元を見ると、オフシーンを堪能するヌケ感をうまく出すことができる開襟シャツスタイルとなっていて、リラックスできますし、大人の色香もアップできる貴重なアイテムでもあります。桜にも負けないような注目を集めることができるシャツとしてもおすすめです。

ちょっとジャケットを抜いでも安心!ジレスタイルも良い

ちょっとジャケットを抜いでも安心!ジレスタイルも良いちょっとジャケットを抜いでも安心!ジレスタイルも良い

出典:でらでら

昼間のお花見の場合、まだ寒いかも?と思って準備しても実際には暖かくてジャケットを脱いで楽しみたいということもありますよね。それでも、シャツ一枚では流石に寒い…という時に、ジレがあるととても便利です。このコーディネートでは、GIANNETTO(ジャンネット)のリネン100%のシャツの上にCIRCOLO 1901(チルコロ1901)らしいスウェット素材のジレを合わせて、モダンクラシックなイメージも強調しています。そこに、春らしいSIVIGLIA (シビリア)のホワイトパンツを履いて、季節感もあるスタイルとなっています。
(CIRCOLO 1901の詳しい解説はこちら)
(SIVIGLIAの詳しい解説はこちら)

このジレは、極端過ぎず、それでいて確かに厚手なアイテムとなっています。裏起毛ですのでほのかに暖かい感触も楽しめます。伸びの良いスウェットジャージクロス仕上げの5つボタン・シングルジレであり、インディゴカラーに、ブラウンストライプ柄で仕上げていてカジュアルさも強調しているのが印象的です。

このコーディネートのようにリュックサックを背負っても様になりますね!

寒い時に手軽に羽織れるパーカースタイル!

寒い時に手軽に羽織れるパーカースタイル!寒い時に手軽に羽織れるパーカースタイル!

出典:jedia

このコーディネートは、動きやすさも重視したスタイルとなっています。夜桜を楽しみたい場合、ちょっと羽織るものがないと寒いものですよね。そこで、このようなthree dots(スリードッツ)の着やすさがあって軽く羽織るように着こなし可能なパーカーがあるととても便利です。インナーには同じくthree dots(スリードッツ)のTシャツ、そしてパンツにはcode costumes(コードコスチューム)のスウェットパンツを履いて、リラックスした雰囲気も強いですね。

このパーカーは、いい意味でパーカーらしくない極上のプレミアムコットンを使用したアイテムとなっています。ハリウッドセレブ御用達なブランドとしても有名なthree dots (スリードッツ) ですが、その中でもロングセラーモデルとして高い人気を誇っています。長くしなやかな繊維を紡いだコームドコットンを使用しているので、とても柔らかな肌触りが特徴です。

全体的にダークトーンでまとめているコーディネートの中でも、このパーカーは非常に高い存在感を示しています!


汚れなんて気にする必要なし!楽チンスタイルもおすすめ

汚れなんて気にする必要なし!楽チンスタイルもおすすめ

出典:でらでら

花見の場合、ブルーシートを敷いてその上に座ってお酒を飲んだり料理を食べたりすることも多くあります。その際に、あまりにきれいめなコーディネートですと汚れが気になってしまうものです。その意味で、楽チンスタイルで臨むというのもありです!そこでおすすめしたいのが、このコーディネートのようにカラーリングこそ落ち着いていますが、素材はリラックスできて動きやすいアイテムの組み合わせです。

アウターにはTATRAS(タトラス)のALBANO(アルバーノ)というパーカーをチョイスしています。まるでブルゾンのような着こなしが可能な細身なデザインとなっていて、フリース素材ですので保温性も高いのが良いですね。そのインナーには、FILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー)の定番とも言えるニットソーを合わせて、うまく柄も取り入れています。
(TATRASの詳しい解説はこちら)
(FILEUSE D’ARVORの詳しい解説はこちら)

パンツには、TATRAS(タトラス)のパーカーとのセットアップとして着用できるRASCINO(ラシーノ)を履いています。アウトドアでも着用できるパンツですので、気兼ねなく座ることができますよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?今から楽しみなお花見ですが、このイベントだけに流石にファッションアイテムを購入するのは大変かもしれません。普段使いも意識して、汎用性の高いアイテムを上手く取り入れて、お花見の主役になってみませんか?

Pocket
LINEで送る