ダウンを脱いでもかっこよく!インナーはダウンを脱いでもイケてるコーデで!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

冬の定番アウターといえばダウンがメインとなりますよね。非常に暖かく、冬のお出かけには欠かせないものですし、人によってはジップやボタンを留めて、インナーを隠すように着用する方もいます。これは、インナーにまで気を使わなくて良いという心理状態が働いて、わざとそのように着用しているケースがほとんどです。

ただ、室内に入ってからもダウンを着続けるってことはないのではないですよね。防寒バッチリなダウンを室内でも着続けていると、暑くてたまらないですから、ほぼ必ず脱ぐかと思います。そこで、気を抜いてるインナーだと「あれ?この人、かっこいいと思ったけど実は…」と悪印象を与えてしまいます。ファッショニスタなら、細かい点にまで気をつけてスキを見せないことも重要です。

そこで今回は、ダウンを脱いでもバッチリキマるインナーコーディネートを紹介していきます。

手を抜かない!インナーコーディネートを極めよう

ダウンジャケットとの相性も抜群なタートルネック!

ダウンジャケットとの相性も抜群なタートルネック!

出典:でらでら

ダウンジャケットのインナーとして、特におすすめしたいアイテムとしてタートルネックがあります。タートルネックは首元をしっかりとフォローするデザインとなっていて、より暖かさを確保することができます。また、単にダウンジャケットとの相乗効果だけでなく、ダウンジャケットを脱いだ後でも様になるという点も魅力的です。

このコーディネートでは、 GRAN SASSO(グランサッソ)のシンプルなシンプルタートルネックをチョイスしています。日本市場の研究に熱心なブランドであり、サイジングの微調整にも柔軟に対応しています。メリノウールを取り入れて非常に長く着られるニット製品となっていて、意外にもコストパフォーマンスにも優れているといった嬉しい要素が多くあります。機械で編み上げる前に湿度を75%に保つ部屋で一旦寝かせて、糸に湿気をもたせ、柔らかくほぐすことで、上質な質感をうまく取り入れることに成功しています。
(GRAN SASSOの詳しい解説はこちら)

シンプルなので癖がなく、それでいてドレッシーでおしゃれに見せることができるのが良いですね。


ロゴ入りカットソーでもドレッシーさがある!

ロゴ入りカットソーでもドレッシーさがある!ロゴ入りカットソーでもドレッシーさがある!

出典:でらでら

このコーディネートでは、MONCLER(モンクレール)の細かいディテールをを採用し、本格的なスキーウェアに寄せた作りのダウンジャケットをメインとしています。そこに、ジップを開けてREPLAY(リプレイ)のロゴ入りカットソーを合わせています。これだけですと、うまくカジュアルさを取り入れている印象がありますが、問題は脱いでもそのおしゃれさを維持できるかどうかです。
(MONCLERの詳しい解説はこちら)
(REPLAYの詳しい解説はこちら)

その点は全く心配なく、一瞬、ロゴに見えない縦長に延ばされたブランドネームをフロントにプリントさせたデザインがとてもかっこいい逸品です。柔らかで肌触りの良い天竺コットンに洗いを加えて、更に滑らかに加工されたトップスに仕上がっています。ライトスウェットらしいこなれた雰囲気を確保して、更に広く開いたクルーネックとなっています。襟元リブの左端には、ブランドのイニシャル「R」を刺繍しているなど、インナーにしておくにはもったいないアイテムです!

カラーは杢グレー、プリントも同色系統となるグレーブラックを取り入れています。サイズ感は、細身タイプでありドレッシーさもあるカットソーに仕上がっています。

ボルドーニットで渋みがあるスタイル!

ボルドーニットで渋みがあるスタイル!ボルドーニットで渋みがあるスタイル!

出典:でらでら

このコーディネートでは、上下ともにREPLAY(リプレイ)のアイテムで統一して、動きやすさとスタイリッシュさを兼ね備えたスタイルを楽しんでいます。これにダウンジャケットを軽く羽織ると、よりかっこよさが強調することができそうです。トップスに着ているコットンニットは、凹凸のある鹿の子風の編み方を採用して、秋冬用に厚みが増しています。

スリムフィットでありますが、編みによって伸びもするので、ダウンジャケットとの重ね着も問題なくこなしてくれます。立体的な織りにミックスして、ボルドーレッドカラーもレトロな雰囲気のカラーリングとなっていて、渋みを感じさせてくれます。酵素を使って洗い加工をするバイオウォッシュと思わせる加工により、この独特な雰囲気を出しているのです。

ネックや裾などの端を見ると、ロールアップされており、全体的にキュキュッと絞られた雰囲気があります。セーターの感触をカットソーのようにナチュラルに着用できるので、ジーンズとのコーディネートだけでも様になります。

カーディガンとシャツとの爽やかコーディネート!

カーディガンとシャツとの爽やかコーディネート!カーディガンとシャツとの爽やかコーディネート!

出典:でらでら

このコーディネートでは、TATRAS(タトラス)のビジネスシーンでも着用することができそうなダウンジャケットを着ています。そして、ボトムスにはSOLIDO(ソリード)のウールジャガードパンツを履いて、落ち着いた雰囲気をアピールしています。このインナーとして取り入れているのが、Cruciani(クルチアーニ)のカーディガンとGIANNETTO(ジャンネット)のホワイトシャツの組み合わせです。ダウンジャケットと合わせてもドレッシーに見えますし、これを脱いでもかっこいい組み合わせです!
(TATRASの詳しい解説はこちら)
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)
(Crucianiの詳しい解説はこちら)
(GIANNETTOの詳しい解説はこちら)

Cruciani(クルチアーニ)のカーディガンは、非常に珍しい30ゲージ級のハイゲージウール100%ニットクロスを採用しています。ターコイズブルーのカラーリングにより、爽やかさをより強調することも可能です。Vネックは浅くて狭いデザインとなっていて、縦にシュッと開いているので、顔まわりをシャープに見せる効果があります。また、あえて薄く細い前立てなのでタイトフィットなきこなしが可能です。これによって、インナーとしても用いることができるのも魅力的です。

GIANNETTO(ジャンネット)のシャツは、WHITE ESSENTIALをテーマとして、より白さを強調したものとなっています。このコーディネートでも、その白さが際立ってみえますよね!


スタイリッシュなパーカーも良い!

スタイリッシュなパーカーも良い!

出典:でらでら

ダウンジャケットなどのアウターで気軽にスポーティーさをアピールできるのがパーカーですよね。パーカーはアイテム単体でも存在感があるので、ダウンジャケットを脱いでもおしゃれさをキープすることができます。このコーディネートでは、 JOTT(ジョット)の薄手で細いキルティングステッチを採用したダウンジャケットに、STONE ISLAND(ストーンアイランド)のパーカーを合わせています。
(STONE ISLANDの詳しい解説はこちら)

STONE ISLAND(ストーンアイランド)としては定番の人気であり、毎シーズン登場しているアイテムとなります。柔らかく加工されたコットンスウェット生地で仕立てられているプルオーバーパーカーであり、裏起毛ではないのでオールシーズンで着用することができます。ふっくらした質感は、少しだけ毛羽立っているような優しい表情を見せており、裏面は更にふわふわさが強調された裏起毛仕様となっています。

ミニマルなサイジングであり、垂れ下がるドローコードは平たく薄いというアンバランスさも魅力的です。腹部全体を覆うフロントポケットも収納力抜群で、スマートフォンなどを収納しておくにも最適ですね。このコーディネートのように、デニムパンツとの相性も抜群ですよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?ダウン系アイテムは確かに便利ですが、それに頼り切るわけにはいかず、脱がなければならないシーンが登場します。そんな時にも、決して手を抜かずに今回紹介したようなコーディネートでおしゃれさをアピールしましょう!

Pocket
LINEで送る