2019春のメンズファッションは目が覚めるような鮮やかなカラーリングがトレンド!!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

通年のトレンドカラーがあって、それを選んでおけば無難であることは間違いありません。ただ一方で、シーズン毎のトレンドカラーというものも存在しているのも事実です。そのシーズンに合ったカラーのアイテムをうまく取り入れることで、季節柄を感じつつ最先端のおしゃれを楽しめます。毎年アイテムを入れ替えるのは大変…と思ってしまうかもしれませんが、ファッショニスタならそのくらいは許容範囲と考えたいですよね!

2019年春夏のトレンドカラーは、目が覚めるような色鮮やかな色合いがトレンドとなる見込みです。いわゆるネオンカラーやビタミンカラーと言われるカラーリングであり、鮮やかで爽やかさを感じさせる色が多いです。ただ、鮮やかなカラーのアイテムは、使いどころが難しくただ着ているだけでは決しておしゃれとは言えません。

そこで今回は、鮮やかな色をうまく使ったコーディネート例を紹介していきます。

使い方に要注意!うまく鮮やかなカラーリングを取り入れたコーディネート

マスタードイエローで爽やかさもアピール!

マスタードイエローで爽やかさもアピール!マスタードイエローで爽やかさもアピール!

出典:でらでら

鮮やかなカラーリングのアイテムを取り入れる際には、やはりアウターなどではなくインナーでさり気なく取り入れる方が無難です。その意味で、このコーディネートでは春っぽいカラーリングとスポーティーさも取り入れた、旬のスタイルを実践しています。アウターにはSTONE ISLAND(ストーンアイランド)のモノトーンカラーのジップパーカーを着ています。高性能膜によるオーバーラップパネルを全体的にラミネートして仕上げているので、一般的なラミネート技術と比較すると優れた防水性と通気性があり、春の寒い日でも安心して着用しています。
(STONE ISLANDの詳しい解説はこちら)

比較的落ち着いたカラーリングのアウターに対し、インナーには同じくSTONE ISLAND(ストーンアイランド)の長袖コットン天竺ウェアをあわせています。紫外線除けや冷房緩和と、冬の寒い日でも着用できるものとなっていて、薄手でも厚手でもないので単体からインナーと幅広いシーンで着用できます。渋さがありつつもストリートの香りがミックスされているマスタードイエローのカラーリングにより、手軽にトレンドカラーを取り入れる事が可能です。

ボトムスにはJACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)のブラックデニムパンツを合わせて、大人カジュアルを楽しんでいます。
(JACOB COHENの詳しい解説はこちら)


春と言えばこれ!パラーパンツで手軽にトレンドカラーを取り入れる

春と言えばこれ!パラーパンツで手軽にトレンドカラーを取り入れる春と言えばこれ!パラーパンツで手軽にトレンドカラーを取り入れる

出典:でらでら

春の代表的なボトムスとして、カラーパンツがあります。ホワイトを筆頭に、イエローやレッドなどのビビッドなカラーリングが映える季節でもあり、しっかりとトレンドカラーを取り入れておきたいところです。その意味で、このコーディネートではSOLIDO(ソリード)の張りも厚みも程よくあるジャージ素材をしようした、きちっとした雰囲気のあるジャケットに、同じくSOLIDO(ソリード)のノータックのスリムテーパードスラックスをあわせています。
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)

このスラックスは、布面にしぼを表現したクレープコットン生地となっていて、ワッフルやちぢみに似た楊柳クロスを取り入れつつ、ストレッチ性も微妙にプラスして履きやすいパンツとなっています。蒸れ、汗、ベトつきを軽減して、スリムフィットながらに清涼感を確保しています。ウエストでは、ベルトを巻いても良いですし、ドローコードだけによるイージーなフィット感も楽しむことができます。

夏に似合うペールトーンのイエローカラーでありますが、柔らかな色彩で派手さはないので取り入れやすいアイテムでもあります。このコーディネートでは、ネクタイにも独特なポップなものを取り入れて、アクティブさをアピールしています。

ブルーで爽やかさをアピール!

ブルーで爽やかさをアピール!

出典:Jedia

ブルーは男性が特に好むカラーリングであり、カラーパンツでうまく取り入れるのも有効的です。このコーディネートでは、TAGLIATORE(タリアトーレ)の超軽量仕立てのジャケットを選んでいます。夏でもサラッと着こなせるほどのスリムさと薄さであり、シャツのように着こなすことが可能です。そこに、同じくらい軽快な履き心地を誇るコンフォートコットンパンツをあわせています。

PT01(ピーティーゼロウーノ)のパンツなのですが、スタイリッシュで穿きやすいフィットバランスを確保しています。ライトオンスのコットンを採用していて、適度なストレッチと軽さもキープしています。色気のあるブルー系のカラーリングにより、カラーパンツに抵抗がある方でもすんなり取り入れやすい点も評価できます。
(PT01の詳しい解説はこちら)

ジャケットのインナーにはFinamore(フィナモレ)のセミワイドカラーシャツを取り入れて、きちっとした印象もあります。そして、FERRANTE ISEOのジャケパンにもデニムにも合わせられる万能ローファーを素足で履いて、抜け感もうまく出していますね。
(Finamoreの詳しい解説はこちら)

思い切ってアウターにビビッドイエローのアイテムをチョイス!

思い切ってアウターにビビッドイエローのアイテムをチョイス!

出典:でらでら

こちらのコーディネートでは、思い切ってアウターにビビッドなカラーリングのナイロンジャンバーを取り入れています。STONE ISLAND(ストーンアイランド)のウィンドブレーカーなのですが、ガーメントダイによる印象的なイエローカラーでありますが、ビビットではなく、ブラックなどのモノトーンなカラーリングにもマッチさせやすい点が魅力的です。

素材としては、ラミネート加工を施したマットなナイロン製の外層と、通気性と防水、防風性のある膜を極薄のポリエステルの層でカバーしている三層構造の高性能かつ軽量な生地を採用しています。柔軟性が強く、フロントとポケット部分にデザインされたジップ装飾が見事に十字形を描いています。

これだけ個性的なアウターですので、その他のアイテムは基本モノトーンでコーディネートしています。特に注目したいのがTATRAS(タトラス)のアンクル丈パンツであり、アクティブさ漂う抜け感を演出して、更にラグスポコーデの一端を担っています。春の暖かな気候の中で、お出かけスタイルとしてぜひ用いたいですね!
(TATRASの詳しい解説はこちら)


ストールで色気を出して差し色を楽しむ!

ストールで色気を出して差し色を楽しむ!ストールで色気を出して差し色を楽しむ!

出典:でらでら

このコーディネートでは、ジャケパンスタイルできちっとした印象があるスタイルとなっています。セットアップとしてCIRCOLO 1901(チルコロ1901)のアイテムをチョイスしていますが、ジャケットはスウェットジャージ素材でできています。インディゴカラーの濃さをアピールして、ストライプ柄を入れています。ごくさり気無いストライプ柄演出が実にかっこいいですよね。
(CIRCOLO 1901の詳しい解説はこちら)

パンツも同様のアイテムで構成されていて、一見するとビジネスシーンでも着用できそうな雰囲気がありますよね。これだけではオフシーンでは堅いイメージがあるので、そこに Pierre-Louis Mascia(ピエール・ルイ・マシア)のストールをさり気なく巻いています。 Pierre-Louis Mascia(ピエール・ルイ・マシア)と言えば、ポップな色使いやデザインが印象的ですが、このアイテムでもスパークリングというフレーズがぴったり来るグリーンが良いですね。色褪せなどの忠実な再現も、写真を加工してプリントしているのがすごいですね。
(Pierre-Louis Masciaの詳しい解説はこちら)

ジャケットにポケットチーフを挿入したり、色気のある光沢が印象的なバッグを持っていて、エレガントさを取り入れたお洒落オヤジコーデとなっています。

最後に

いかがでしたでしょうか?色鮮やかなアイテムと言っても、多少くすませたりすることで、大人でも取り入れやすいものが多くあります。これから春に向けて、気分も高揚する中でポップなカラーリングのアイテムを上手く取り入れましょう!

Pocket
LINEで送る