冬でも履きたいスニーカー!冬にオススメのスニーカーコーデ5選!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

冬ならではのファッションアイテムというものがありますよね。代表例が防寒性の高いコートであったりマフラーがあります。また、足元を見るとブーツがメインアイテムとなっています。雪国ではブーツは防寒性だけでなく、長靴代わりに足元に雪が入ってこないようにするために、そして悪路でも滑らず歩くことができる点が魅力的です。

ただ、冬でもスニーカーを履きたい!というニーズがあるのも事実です。スニーカーの魅力は、なんと言っても歩きやすさにあります。ブーツは確かに悪路では歩きやすいのですが、重量がありますし硬いので足には負担がかかりやすいのが難点です。逆に、スニーカーの場合はスポーツ用途でも使用されることがあるなど、軽くて疲れにくいのが良いですね。他にも、カジュアルで様々なファッションにも合わせやすいのが特徴的です。

そこで今回は、冬だからこそ履きたくなるスニーカーを中心としたコーディネートを厳選して紹介していきます。

スニーカーをうまく取り入れたコーディネートを実践しよう!

冬だけどホワイトを中心としたコーデを実践!

冬だけどホワイトを中心としたコーデを実践!冬だけどホワイトを中心としたコーデを実践!

出典:でらでら

冬といえば、重厚なカラーリングのアイテムが中心となりますよね。代表例がブラックであったり、ネイビーもよく用いられます。そんな中で、このコーディネートでは全体的にホワイトやイエローを用いて、カラフルで春を連想させるものとなっています。もちろん、真冬の寒いシーンでも、このSTONE ISLAND(ストーンアイランド)のパーカーによって問題なく対応できます。
(STONE ISLANDの詳しい解説はこちら)

ホワイトという意味では、このTATRAS(タトラス)のスニーカーがより際立っていますね!ランニングシューズのように軽くて、機能性も高いスリッポンシューズとなっています。弾力が高く、ウェットスーツのような材質を採用していて、足を包み込むイメージで履くことができます。レースや羽根はあくまでも飾りとなり、締め上げることはできませんが、伸縮性が高いので足へのフィット感は高いものがあります。
TATRASの詳しい解説はこちら)

ポリアミド系の化繊、PU 弾力性素材をミックスして、水に強い事だけでなく、軽さも確保しています。履き込み口の内側に柔らかなカーフレザーを使用して、足首をしっかりとサポートして長時間履いていても疲れにくいのが良いですね。


新しいモダンクラシックさを提案!

新しいモダンクラシックさを提案!新しいモダンクラシックさを提案!

出典:でらでら

モダンクラシックなスニーカーがここ数シーズン流行していますよね。その流れを作り出す存在として、Diadora HERITAGE(ディアドラ ヘリテージ)が有名です。元々はスポーツメーカーであった中で、最近ではヘリテージラインで新しい可能性を示しています。このコーディネートでは、REPLAY(リプレイ)のワッペン付きのスウェットシャツにJOTT(ジョット)のダウンベストを合わせて、スポーティーさをアピールしています。また、REPLAY(リプレイ)らしい動きやすさ抜群のデニムパンツもうまくマッチしていますよね。
(Diadoraの詳しい解説はこちら)
(REPLAYの詳しい解説はこちら)

これだけではカジュアルになりすぎるので、深みのあるDiadora HERITAGE(ディアドラ ヘリテージ)のスニーカーがより際立っていますね。Diadora HERITAGE(ディアドラ ヘリテージ)のスニーカーと言えば、若干ソールが厚めで重量もあるイメージが有るのですが、このスニーカーはよりライトでスポーティーさを強調しています。モデル名もフットボールと入っている通り、サッカーやフットサルのトレーニングシューズを応用したモデルです。

その中でも、エードレザーのアッパーを使用して高級感のある質感や色合いを楽しめます。ソールの高さやラバー材質による弾力の高さも確保していて、疲れにくい点も良いですね。

ブラックをベースとしてビビッドカラーを入れてアクティブさをアピール!

ブラックをベースとしてビビッドカラーを入れてアクティブさをアピール!ブラックをベースとしてビビッドカラーを入れてアクティブさをアピール!

出典:でらでら

大人ファッションでも、若干明るめのカラーリングを取り入れることで、若々しさをアピールすることができます。ここで注意したいのが、やりすぎ感が出てしまうことです。無理して若作りして…と思われるのは、本意ではないですよね。その点で、このコーディネートでは落ち着いた印象のあるブラックパンツにSTONE ISLAND(ストーンアイランド)のウィンドブレーカーを合わせています

そこに、PREMIATA(プレミアータ)の独特な深みのあるカラーリングが印象的なスニーカーをチョイスしています。この後も継続しそうなスポーツミックススタイルにもしっかり対応できるこのコーデですが、PREMIATA(プレミアータ)としては定番のLUCY 3202モデルを取り入れることで、スポーツミックスでもドレッシーなスタイルでも対応が可能です。
(PREMIATAの詳しい解説はこちら)

ブラックを基調としているナイロンアッパーに対し、ナイロンやウレタンを混紡して機能性を高めています。ブラウンカラーのスエードレザーをつま先と羽根に使用して、踵は透明度のあるラバーで覆っています。履きやすさとオシャレ感、そして経年劣化にも強いスニーカーとしてもおすすめできます。

冬らしいハイカットのスニーカーも良い!

冬らしいハイカットのスニーカーも良い!冬らしいハイカットのスニーカーも良い!

出典:でらでら

このコーディネートも、スポーティーさをアピールしたものとなっています。冬のスポーティースタイルでは欠かせないアイテムにパーカーがありますが、Seagreen (シーグリーン)のコットンとポリエステルのワッフルクロスで構成したプルオーバータイプのパーカーが光っていますね。そこに、DIESEL(ディーゼル)のディテールのきれいなデニムパンツ、そしてDiadora HERITAGE(ディアドラ ヘリテージ)のハイカットスニーカーを合わせています。
(DIESELの詳しい解説はこちら)

冬の悪路でも問題なく対応できるハイカットなスニーカーとなっていて、それでいて履きやすさもキープしているのが良いですね。mi basket biroというモデル名となっていますが、biro(ビーロー)とはボールペンという意味です。0.7mm程度の太さの油性ボールペンでデザインしたかのような、落書き風のデザインが秀逸ですね。これはプリントなのですが、実際に自分で書き加えても面白いですね。

Diadora HERITAGE(ディアドラ ヘリテージ)としては斬新な、ポップでレトロなデザインも良く、ホワイトをベースとしていて爽やかさをアピールできますよ。


差し色を楽しむコーデ!

差し色を楽しむコーデ!差し色を楽しむコーデ!

出典:でらでら

最後に紹介するのが、スニーカーやインナーでさり気なく差し色を楽しんでいるコーディネートです。メインは、JOTT(ジョット) のブラックニットのコンビダウンジャケットであり、そこにドレッシーさも感じられるGAS(ガス)のデニムパンツがとてもかっこいいですね。これだけでは少し寂しさを感じるので、そこにDIESEL(ディーゼル)のハイテクスニーカーを合わせています。
(GASの詳しい解説はこちら)

トレンドとなりつつあるAthleisure(アスレジャー)をイメージしてデザインされたスニーカーですが、まずはARMYと命名されている定番的なデジカモ柄がインパクト大です。踵とソールによる厚手のラバー素材はフィロンミッドソールと呼んでおり、安定性と軽量クッション性を確保しています。未来的なラバーのデザインが印象的で、遊び心に溢れていますよね。

靴紐には鮮やかなカラーリングを入れて、差し色効果を発揮しています。見た目以上に様々なシーンでも使えるスニーカーであり、一足持っておくと便利ですよ!

最後に

いかがでしたでしょうか?冬仕様のスニーカーもあるなど、スニーカーはオールシーズンで楽しむことができるシューズです。機能的に優れたものが多いですし、寂しくなりがちな冬ファッションにアクセントを付ける事ができるスニーカーはとても便利なアイテムですね!

Pocket
LINEで送る