グローブで手先まで暖かに!ビジネスマンの冬のお供にピッタリのグローブ特集

出典:COS

Pocket
LINEで送る

寒い日のお供の一つに、手袋がありますよね。指先が冷えると何かを掴んだりする作業ができなくなりますので、日常生活にも支障をきたしてしまいます。ただ、スマートフォンの普及で、手袋をしながら操作できないものがあるので、どうしても外さなければならないシーンもありますが、それでも寒い日には絶対身につけたいアイテムの一つです。

手袋をしていないと、どうしてもポケットに手を突っ込んでしまいますが、実は女性ウケがいまいちであるという側面があります。その意味でも、手袋が持つ役割は非常に大きなものがあります。素材によってはスマートフォンも問題なく操作できるものがありますので、徐々に弱点がなくなりつつあります。また、グローブをしてる人ってどこか紳士的な印象を受けますよね!

そこで今回は、手袋・グローブを着用したコーデを中心として、最新のかっこいい手袋やグローブについて徹底解説します!

紳士を印象つける手袋・グローブを華麗に身に着けよう!

乗馬でも使用されていたフィッティング最高の手袋!

乗馬でも使用されていたフィッティング最高の手袋!

出典:jedia

最初に紹介したいのは、ジャケパンスタイルにさり気なくグローブを着用したスタイルです。TONELLO(トネッロ)のミリタリーテイストあふれるジャケットに INCOTEX(インコテックス)のロングパンツを合わせて、リラックスした印象を与えるスタイルになっています。そこに、ドレッシーなCHESTER JEFFERIES(チェスタージェフリー)のポログローブをあわせて、ぐっと大人っぽさを強調しています。

CHESTER JEFFERIES(チェスタージェフリー)のこのグローブは、その名の通り乗馬で使用していたグローブをファッションアイテムに昇華したものとなっています。よく見ると人差指と薬指、小指の箇所に同色のレザーパッチを取り付けています。見た目にもポイントとなっていますが、実際にポロ競技の時に手綱を握る箇所の補強をしているという意味合いがあります。

馴染みの良いレザーを使用していて、ライニングにはシルクを用いていますので、着用感も非常にスマートで快適な逸品となっています。イギリスの紳士が好んで着用するイメージのあるグローブとして、幅広いシーンで活躍間違いありません。


コートとの相性抜群!

コートとの相性抜群!

出典:zozo

今シーズンはチェスターコートなどのロング系コートが流行していますが、その中でこのコーディネートではDENTSのダークブラウンのグローブを身に着けてうまくカラーバランスを取っています。いかにもレザーな上品な光沢が実にかっこよく、ラグジュアリーな印象を与えることに成功していますね。このグローブは、無骨な男性らしさを感じさせるワイルドな風合いも持っていて、バランスが取れている印象です。

裏地には暖かく柔らかな肌触りのラビットファーを使用していて、無駄な装飾を一切排除しています。ベーシックなカラーでまとめているので、様々なコーディネートに合わせやすいので、どんなファッションにも合わせやすいのが良いですね。DENTSのグローブは、ほとんどの作業を手作業で行っていて、こだわりぬいた作業によりハイクオリティなグローブ作りが魅力的です

代々受け継がれてきた職人技は、今もなお完璧を追求し続けています。このグローブからも、絶妙な質感のレザーと縫い目の美しさが特に光っています。

スマホも使用できるボーダー柄のカジュアル系グローブ!

スマホも使用できるボーダー柄のカジュアル系グローブ!

出典:zozo

このコーディネートでは、厚手のカジュアルコートをメインとして、インナーにはタートルネックという冬の最強コンビネーションに、Paul Smith COLLECTIONのボーダーグローブを使用しています。Paul Smithの得意としている絶妙なボーダーの使い方がこのグローブからも感じ取ることができますね。

レザーのパイピングがアクセントになっているニットタイプとなっていて、タッチパネルにも対応しています。着用者のフィット具合によっては反応しにくい場合や、タッチパネル液晶や保護シートの種類によってはタッチしても反応しない場合がありますが、大半のスマートフォンで問題なく使用できるというのは、今の時代にはとてもありがたいですよね。

カラフルなボーダー柄は、堅苦しくなりがちな冬ファッションに良いアクセントを与えること間違いありません。コストパフォーマンスも高いアイテムですので、色違いで何種類か揃えるのも良いですよ。

光沢が強いグローブでもイヤミがないコーディネート!

光沢が強いグローブでもイヤミがないコーディネート!光沢が強いグローブでもイヤミがないコーディネート!

出典:zozo

このコーディネートでは、厚手のコートにジャケット、そしてシャツ・ネクタイとスタンダードなビジネスコーディネートの中で、MADOVA(マドヴァ)の光沢が強いグローブをチョイスしています。MADOVA(マドヴァ)は1919年にイタリアのフィレンツェで誕生した手袋専門店で、イタリアを代表する老舗ブランドとして有名です。

このグローブでは高級感があるナッパレザーを使用しており、ビジネスアイテムとの相性が抜群となっています。とても柔らかく丈夫なヤギ革を使用していますので、使い込む程に手に馴染んでいくという特徴があります。最初はぴたっとしたサイズ感のものを選ぶと、ちょうど馴染んできていい感じのサイズに成長します。

裏地には毛を採用していて、保温性も非常に高いアイテムとなっています。 それでいて、指先までしっかりと感覚を残しているので、ものを持つことも手袋を外すことなく対応することができますよ。


珍しいピッグスキンレザーを使用したグローブ!

珍しいピッグスキンレザーを使用したグローブ!

出典:zozo

このコーディネートでは、割合薄手のコートとタートルネックという若干カジュアルなテイストのコーディネートの中で、Paul Smith COLLECTIONの非常に珍しいピッグスキンレザーを使用したグローブをはめています。ピッグスキンレザーとは、その名の通り豚皮を使用しているのですが、牛革と違って軽量で通気性が良い点が特徴となっています。イメージとしてはスエード地に似た独特な質感で、主にカジュアル系のアイテムで使用されています。

このグローブでは、サイドスリットのさりげないトリミングカラーがアクセントになっています。美しい発色のカラーですので、防寒とともに暗くなりがちな秋冬ファッションでとても映えますよね。手馴染みが良いピッグスキンレザーですので、細かな指先を動かす動作も問題なくこなすことができるのも嬉しいですね。

比較的耐久性の高いアイテムですので、オフシーンだけでなくビジネスシーンでも使用してヘビーローテーションで楽しみたいアイテムに仕上がっています。

最後に

いかがでしたでしょうか?グローブ一つ見ても、さまざまなレザー素材を使用していて、各ブランドで改善を重ねている印象があります。清潔感が重要なアイテムでもあり、メンテナンスしやすいという観点で選ぶのも良いですね。お気に入りのグローブを見つけて、冬場も快適なファッションを楽しみましょう!

Pocket
LINEで送る