暖かさ全開!!タートルネック&ダウンで寒さを感じさせない余裕のあるスタイルを!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

世の中には良いコンビネーションを見せるものってありますよね。ドラマ「相棒」では、その名の通り刑事同士の絶妙なコンビネーションでさまざまな事件を解決していく姿に見惚れますよね。ファッションのコーディネートという面でも、この組み合わせが鉄板!というコンビネーションを見せるものがあり、それをうまく用いることでよりオシャレ感をアップさせることができます。

冬におすすめしたいコンビネーションとして、タートルネックとダウン系のアウターがあります。お互いが保温性が高く、防寒衣として用いられていますが、この2つを組み合わせることで鉄板の暖かさを手に入れることができます。また、ダウン系アイテムの場合は首元が少し寂しくなりがちですが、タートルネックにより見た目でもおしゃれな印象を強調することができますよ。

そこで今回は、タートルネックとダウン系のアウターの組み合わせをうまく用いたコーディネートについて紹介します。

鉄板コンビ!タートルネックとダウン系アウターで暖かさを手に入れる

ツーブロックがかっこいいタートルネックをメインに!

ツーブロックがかっこいいタートルネックをメインに!

出典:でらでら

このコーディネートのキーポイントとなっているのが、JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のタートルにネックです。ミッドナイトブルーとコバルトブルーの2色で構成されており、胸の部分でツーブロックとなっていて、ちょうどダウンジャケットから見える部分にコバルトブルーの色鮮やかなところが見えるようにコーディネートしていますね。
(JOHN SMEDLEYの詳しい解説はこちら)

シルエットはメリハリの効いたデザインとなっていて、二つ折りのロールネックスタイルのセーターにおいては、細身のレベルを採用しています。ボディラインを美しく魅せてくれる効果があり、素肌の上に直接着用できる、肌着級の素材感で作られています。ベースは非常にクラシカルなものとなっていて、オーソドックスな筒首デザインが英国御用達ブランドであることを伺わせますね。

そこに、TATRAS(タトラス)のポーランドラクーンファー付きミリタリーダウンジャケットを合わせています。厚みがあまりないように見えますが、タートルネックとのコンビネーションで真冬のシーンでも快適に過ごすことができますよ。
(TATRASの詳しい解説はこちら)


ダウンとタートルネックの間にジャケットを挟む!

ダウンとタートルネックの間にジャケットを挟む!

出典:jedia

ダウンジャケットとタートルネックの相性は抜群ですが、同時に秋冬ではジャケットとタートルネックの相性の良さも見逃せません。このコーディネートでは、ダウンジャケットとタートルネックの間にTONELLO(トネッロ)のニットジャケットを羽織っています。見た目がとても柔らかく、扱いもカジュアルにできるのですが、着たときのシルエットがとても美しいジャケットであり、このコーディネートでも存在感を示しています。

そのインナーには、CIRCOLO(チルコロ)のストレッチカットソーをチョイスしています。ジャケットがニット系だけに、ニットのタートルネックではなくカットソーにしています。とてもストレッチ性が高く、着心地の良さが抜群です。フィット感は全体的にスリムできれいなシルエットの演出も可能です。
(CIRCOLOの詳しい解説はこちら)

アウターには、HERNO(ヘルノ)の明るいカラーリングが印象的なダウンジャケットをチョイスしています。ビーバーファーを採用したりと、保温性をより高めるためのさまざまな工夫をしており、冬山でも使用できるほどの出来栄えとなっています。
(HERNOの詳しい解説はこちら)

すっきり感があるスタイル!

すっきり感があるスタイル!

出典:wear

ダウンジャケットはボリューミーな印象がありますが、このコーディネートのようにすっきりとスリムに着こなすことができます。これは、単純にデザイン的にスッキリしているだけでなく、モノトーンでコーディネートしているからこそ視覚効果もあってよりスリムに見せることに成功しています。

SHIPSのこのダウンジャケットは、ダウン業界のリーダーとして知られている、ALLIED FEATHER & DOWN社のダウンを使用しています。表地は程良いハリ感で高級感のある仕上がりのウール素材を使用しているのも印象的ですね。軽量で暖かく、さらにスッキリとしたシルエットでさまざまなアイテムと愛称の良さを示します。

更に、シームポケットがあり定期などをスマートに収納可能です。そこに、首のリブが印象的なタートルネックを着用して、洗練された大人の印象を与えることができます。

タートルネックとダウンジレのコンビネーションも良い!

タートルネックとダウンジレのコンビネーションも良い!

出典:jedia

アウターとしてダウン系アイテムも良いですが、このコーディネートのようにタートルネックにダウンジレ、そしてその上にジャケットを着込むスタイルも推奨できます。最近のダウンジレはボリュームを抑えてインナーに着用することを想定したものが多く、それでいて保温性も高いのでジャケットを脱いでも十分に保温性を確保しているものが多くなっています。

こちらのHERNO(ヘルノ)のジレには、ストッキングと同じ20デニールである超極細の糸で織られた生地を使用しているので、圧倒的な軽さを実現しています。更に、ダウンパックを使わず内側にダウンを直接封入するスタイルを採用していることで、より軽さを確保するとともに縫い目からダウンが出にくいように工夫されています。

そこにJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のタートルネックをあわせていますが、ITALIAN FITと呼ばれる日本人の体型にフィットしやすいものを採用しています。首元のスッキリした感じは、タートルネックをあまり好まない方でも抵抗なく着用できますよ。


30ゲージで超着心地良し!

30ゲージで超着心地良し!

出典:jedia

ニットの中でも、なかなか見られない30ゲージの超細かな編み目を採用しているJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のタートルネックを取り入れたコーディネートがこちらです。14.5cmのネックを二つ折りにしたり、くしゅくしゅとさせてロールネックを楽しむ事ができるのですが、その自由度の高さも魅力的ですし、上質な生地を使用しているので過度に型崩れしにくいのも嬉しいですね。
(LAVENHAMの詳しい解説はこちら)

そこに、LAVENHAM(ラベンハム)のフード付きキルティングジャケットをチョイスしています。LAVENHAM(ラベンハム)としては定番とも言えるキルティング模様が印象的ですが、一見薄手に見えても抜群の保温性を確保しています。ステッチの角を交差させる製法で、途中で糸が切れてしまった場合でも、ほつれを最小限に留めるよう、交差させて縫う工夫をしています。また、使用している糸もポリエステルですので、限界まで細かくステッチし、耐久性を高めています。

ジャケットを若干開け気味にしていますが、その分をタートルネックがしっかりとカバーして保温性を高めています。

最後に

いかがでしたでしょうか?タートルネックもダウン系アイテムも、どちらも寒い冬のお供として活躍しますが、今回紹介したように抜群のコンビネーションを見せます。既にお持ちのアイテムもうまく組み合わせて、バリエーションを付けてコーディネートを楽しみましょう!

Pocket
LINEで送る