差し色マスターはファッション上達への近道!メンズファッションで黒に合わせるべき差し色とは?

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

冬のファッションといえば、黒などのダークトーンな色合いが増えますよね。「男なら黒に染まれ」という言葉があるなど、黒は男性が好んで使う色の一つとしても知られています。しかし、全身真っ黒だと野暮ったさが目立ち、ファッショニスタとしては2流と言わざるを得ません。ただ、決して黒が悪いというわけではなく、ある一工夫を加えるだけでぐっとおしゃれに見せることができます。

そんなワンランクアップを目指す場合に是非覚えておきたいのが、差し色として明るい色を入れるテクニックです。白を合わせればモノトーンコーデになりますし、赤を入れると一気に明るい雰囲気を得られたりと、色を入れるだけでファッションが上達したかのように見せることが可能です。では、具体的にどのようなカラーリングを差し色として使えばよいのでしょうか?

そこで今回は、黒をベースとしてうまく差し色を楽しむためのテクニックを厳選して紹介します。

ありきたりなカラーリングに一工夫!黒をベースとした差し色テクニック

大定番!ホワイトの差し色でモノトーンを完成

大定番!ホワイトの差し色でモノトーンを完成

出典:wear

黒に合わせるカラーリングとして大定番なのがホワイトです。両者ともに無難なカラーリングですが、正反対という位置づけですので黒の中に差し色としてホワイトを少し入れるだけで、明るいイメージが引き立ちます。その中で、落ち着いた印象もキープすることができるのも魅力的で、差し色ととしてもぜひ覚えておきたいですね。

このコーディネートでは、全身ブラックで統一したスタイルとなっています。そこに、ニットのインナーとしてホワイトのカットソーを合わせていて、裾からチラ見せさせているだけで野暮ったさを一気に解消しているのが印象的です。アウターに着用しているのはESSENTIAL GARMENT MEN’S BIGIフェイクレザーシングルライダースなのですが、上品な光沢がありとてもかっこいいですね。

このように、黒でモノトーンコーディネートする際には徹底的に黒で統一して、そこにワンポイントで白を入れるようにすると、差し色上級者に思われること間違いありません!


黄色でより明るいイメージを!

黄色でより明るいイメージを!

出典:wear

黒に映える明るめのカラーリングとしては、黄色もよく用いられます。アクティブな印象を高める事が可能で、きちっとしたスタイルの中にちょっとしたスポーツテイストを入れたい場合に大活躍します。ただ、あまりに全面的に黄色が入ると奇抜なイメージが強まりますので、あくまでもワンポイントでさり気なく入れるのがポイントです。

その点で、このコーディネートではメインアイテムとしてABAHOUSEの起毛感のあるウール素材使用したベルテッドコートをチョイスしています。チェスターコートが流行している中で、このデザインはトレンドをしっかりと抑えていてかっこいいですよね。このアイテムが勝ちすぎるとカラーリング的に重くなってしまうので、ソックスにさり気なく黄色のアイテムをチョイスしています。

ビビッドというよりは落ち着いたトーンであることもあって、カラーソックスに抵抗がある方でも履きやすいアイテムとなっています。あくまでもちら見せして、差し色を楽しみましょう。

ちょっと攻めている印象がある赤!

ちょっと攻めている印象がある赤!

出典:wear

赤は情熱などを連想させるイメージがありますが、黒との相性も抜群です。黒に赤を合わせると、少し攻めた印象があっておしゃれを楽しんでいる感じをアピールできます。このコーディネートでは、BLUE TORNADOのミリタリージャケットにより、ミリタリー感をうまく取り入れてアクティブな印象を与えています。そこに、NICOLE CLUB FOR MENのリバーシブルマフラーをチョイスしています。

裏表を配色で切り替えたリバーシブルマフラーとなっていて、美しいカラーリングに、フリンジはブラックでまとめることで全体の印象を引き締めます。軽くて暖かく、巻き方によって表情の変化を楽しむことができるので、デイリーユースに活躍すること間違いありません。あえて赤だけでなく黒も取り入れているのがミソで、大人のコーディネートでも活用できるものとなっています。

マフラーの巻き方もポイントで、外にだすのではなくジャケットの内側に収納するように巻いている点も評価できます。

男性でもピンクはあり!

男性でもピンクはあり!

出典:wear

ピンクと言えば女性っぽさを連想させるカラーリングですが、男性でも上手くコーディネートに入れれば若々しさをアピール可能です。ただ、前面ピンクですと幼い印象が出てしまうので、さり気なく黒を基調としたコーディネートに差し色として用いるのが良いでしょう、その意味で、うまくピンクを差し色に使用しているのがこちらです。

RESTORATIONのブルゾンは、スリムでミリタリー感も感じさせて、トレンドをしっかり抑えている印象です。腕のポケットがデザイン的にも機能的にも秀逸ですね。そこに、スリムなブラックのデニムパンツを合わせて、ブルゾンのインナーにはホワイトのカットソーを合わせています。これだけなら単なるモノトーンコーデなのですが、そこにベルトに薄いピンクのベルトを使用しています。

ガチャベルトは垂らすサイズ感が難しいですが、このコーディネートではさり気なく垂らして、更にピンクをうまくアピールして差し色を楽しんでいますね。このさりげないテクニックはぜひとも覚えておきましょう。


落ち着いた雰囲気も残す!ブラウン

落ち着いた雰囲気も残す!ブラウン

出典:でらでら

主にレザー系のアイテムで使用されることが多いブラウンも、黒との相性が良いものとして知られています。ただ、ブラウンのトップスやボトムスはなかなか取り入れにくいこともあり、シューズやバックで差し色として楽しむのが良いでしょう。その点で、このコーディネートでは全身を黒をベースとしたアイテムで揃える中で、IL BISONTE(イルビゾンテ)のクラッチバッグが光っています。
(IL BISONTEの詳しい解説はこちら)

まだまだ流行が続いているクラッチバッグですが、このアイテムはハンドルバッグの際は縦34cm正方形に近い形となり、まちが無い為に薄いまま所持することができます。薄さ優先・まち幅の設計はなくとも、柔らかな革使いと、カットワークを増やすことで柔軟になり、内容量にあわせて自然とふくらませることが可能です。自然に手に馴染むカウハイドレザーというのも魅力的ですね。

このコーディネートのようにシューズにも似たカラーリングを用いたり、インナーにベージュなどの若干明るめのカラーリングを入れても、よりバッグの色鮮やかさが光って見えますよね。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回紹介した差し色テクニックはまだまだ序の口であり、自分なりのアレンジでより黒を引き立てる差し色を楽しめます。あくまでもさり気なくを意識して、差し色を極めましょう!

Pocket
LINEで送る