春までバッチリ!チェスターコートで2019年をスタートダッシュ!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

新年になると、新たな気分で一年間頑張ろうと奮い立つものですよね!前の年に良いことがなければなおさらで、ちょうどリセットできるタイミングでもあります。そんな新年からスタートダッシュを切りたいと考えている方にとって、ファッションアイテムを新調するというのも一つの手段として有効的です。特に、今まで持ち合わせていなかったアイテムを選ぶと、よりコーディネートの幅が広がるものです。

アウターとしておすすめしたいのがチェスターコートであり、今シーズンは大流行を見せています。ビジネスマンが多く羽織るものとして有名でありますが、今ではカジュアルなスタイルにも使用されており、ベストコートの一つとして位置づけられています。イメージ以上に薄手のものも多く、暖かいトップスと合わせたアウターとして冬に活用されています。また、最近では春先の少し暖かくなってきた時期にもチェスターコートを着用する人も増えてきており、冬から春まで長く使えるアイテムとして重宝されています。

そこで今回は、春先まで活躍間違い無しのチェスターコートの中で特におすすめのアイテムを厳選して紹介します。

チェースターコートで冬を快適に乗り切ろう!

オルタナティブダウンとのコンビネーションが最強!

オルタナティブダウンとのコンビネーションが最強!オルタナティブダウンとのコンビネーションが最強!

出典:でらでら

より暖かいチェスターコートを期待するのであれば、視野に入れたいアイテムとしてHERNO(ヘルノ)のこのチェスターコートがおすすめです。旅をテーマとして、エレガンス&クラシックを取り入れたアイテムが多い中で、このチェスターコートにおいても、定番人気モデルのメルトンウールコートとして魅力的なコートをデザインしています。
(HERNOの詳しい解説はこちら)

最大の特徴として、裏面にびっしりと中綿キルティングを配したコンビネ―ションコートである点があります。まるでダウンベストを重ね着しているかのように見せる首元と胸元の取り外しできるパーツにより、抜群の暖かさを確保しています。取り外せば、普通のチェスターコートとしても活用可能であり、その幅の広さにより様々なシーンで活躍すること間違いありません!柔らかで高級感に溢れた質感であり、優しいタッチが好印象のナイロン素材となっているので、着心地も抜群です。

このコーディネートでは、PT01(ピーティーゼロウーノ)のチェック柄ポリウール地スラックスとのコンビネーションで、オンオフ問わないスタイルを実践できてきますね。
(PT01の詳しい解説はこちら)


撥水加工により天候にも左右されない!

撥水加工により天候にも左右されない!

出典:でらでら

いくらチェスターコートと言えども、素材によっては天候を見ながら着用するかどうかを判断しなければなりません。冬場のコロコロ変わる天候に柔軟に対応できる素材であると、より重宝すること間違いありません。その点で言えば、L.B.M.1911(エルビーエム)のこのチェスターコートがおすすめです。名門として名高いカノニコ社製のウールフランネル生地に撥水加工を施しているのが魅力的ですね。
(L.B.M.1911の詳しい解説はこちら)

ダブルクロージャーとなっていて、ジップと釦で構成されていますので、防寒性に優れていると同時にレイヤードしているかのような着用方法も可能です。まるでダウンコートのような雰囲気も持ち合わせているので、カジュアルシーンでも大活躍間違いありません。ちょうどよい着丈となっているのも特徴的で、ロングコートが苦手な方でもすんなり着用できますよ。

このコーディネートでは、JACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)のスリムデニムと合わせて、カジュアルさをアピールしています。他にも、スーツの上から羽織るように着用しても違和感なくコーディネート可能です。
(JACOB COHENの詳しい解説はこちら)

伝統を感じさせるチェスターコート!

伝統を感じさせるチェスターコート!

出典:でらでら

チェスターコートは、イメージとしてイギリス紳士が好んで着用するという点があり、歴史を感じさせるアイテムです。そのイメージをキープしつつ、イタリアの職人技が光る逸品として、Luigi Bianchi Mantova(ルイジ・ビアンキ・マントヴァ)のこのチェスターコートがおすすめです。Luigi Bianchi Mantova(ルイジ・ビアンキ・マントヴァ)と言えば、L.B.M.1911(エルビーエム)の母体となっているブランドとしても有名ですよね。

細番手のウールを使用したフランネルとなっていて、ライトグレーのクラシックなカラーとこの素材が実に良くマッチしていますよね。ライナーにうすく中綿を使用していて、すっきりとしたスタイルと暖かさを両立させているのも印象的です。これを実現しているのも、イタリアの歴史ある生地ブランドメーカー であるVITALE BARBERIS CANONICO(ヴィッタル バルベリス カノニコ)が厳選したものを使用しているためです。圧倒的に柔らかな肌触りがあり、いつまでも使い続けたくなるアイテムとなっています。

このコーディネートでは、同系列のブランドであるPT01 (ピーティーゼロウーノ)のスウェットパンツと合わせて、過度に堅苦しくなく力を抜いたリラックススタイルを実践しています。

ナイロンとの絶妙なコンビネーション!

ナイロンとの絶妙なコンビネーション!ナイロンとの絶妙なコンビネーション!

出典:jedia

先にダウンベストを取り付けている可能ようなレイヤード系チェスターコートを紹介しましたが、こちらのPALTO(パルト)のアイテムでは、裏地にナイロンを配して暖かさと丈夫さを兼ね備えたデザインとなっています。袖付け部分には肩回りを動きやすくさせることを目的としたラグランスリーブ仕様であり、膝丈まであるロングさを兼ね備えています。

ウェストはややスリムに仕立てていますが、基本的にはAラインシルエットを踏襲しています。定番なアイテムでありますが、このモデルからテーパードをゆるやかに与えてるように変更しています。これにより、全体のフォルムがよりきれいに見せることができると同時に、大人っぽさをよりアピールできるものにアップデートされています。

このコーディネートのように、首元にマフラーをしてより温かいイメージで着用するのも良いですね。また、羽織るように着用して春先にも軽やかさをもたせるのも良いでしょう。


ビジネスシーンで映えるテーラードジャケットのようなコート!

ビジネスシーンで映えるテーラードジャケットのようなコート!

出典:zozo

最後に紹介するのは、ビジネスシーンで主役となることができるチェスターコートです。CARUSO(カルーゾ)のアイテムなのですが、イメージ的にはテーラードジャケットをそのままコートに仕立てたかのような、上品さが感じられるものとなっています。きちっとした印象を与えるグレンチェック柄というのも特徴的で、過度に堅苦しくなりすぎない絶妙なバランスをキープしています。

CARUSO(カルーゾ)というブランドの特徴として、伝統を守りつつも最新鋭の設備による合理性とのコンビネーションを見せるアイテムが多いのが特徴です。特に、独自な立体裁断システムとハンドメイドのフォローが絶妙で、このチェスターコートからもスリムでありながらも着用しやすいという利点を生み出しています。

このコーディネートのように、シンプルにジャケットのようにして着用するのも良いですし、マフラーをちょい足ししてカジュアルな要素を入れるのも良いでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?単に流行しているからというだけでなく、チェスターコートは寒い日に欠かせないアイテムとして推奨できます。今シーズンは、特にレイヤード系のアイテムが流行しており、様々な表情を見せることができる点も魅力的であり、その点も意識してお気に入りの逸品をゲットしましょう!

Pocket
LINEで送る