大人のヘビロテ出来る冬コーデファッションと言えば「シャツ in ニット」

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

おしゃれなファッションアイテムを手に入れると、それを中心にコーディネートを構築したくなりますよね。確かにこれは間違ったアプローチではないのですが、そのアイテムありきとなってしまい、トータルコーディネートとしてはおしゃれとは言い難くなることがあります。逆に、地味な存在同士のアイテムでも、うまくコーディネートできれば相乗効果によりおしゃれに見せることも可能です!特に、ファッショニスタとしてはぜひ覚えておきたいコンビとしてシャツ in ニットがあります。

ニットとシャツは、各々シーズンに応じて様々なアイテムを所有していますよね。それを秋冬でうまく組み合わせることで、よりおしゃれに見せることができるのが特徴です。また、持っているアイテムが多いと様々な組み合わせによって、新鮮な雰囲気でファッションを楽しめます。毎日シャツ in ニットを実践しても、アイテムが違えばワンパターンになりにくいのが良いですね!

そこで今回は、秋冬ファッションでぜひ実践して欲しい、シャツ in ニットのテクニック集を紹介します。

定番でも新鮮な雰囲気を楽しめる!シャツ in ニットを攻略しよう

インナーとしてもデニムシャツは有効的!

カジュアルながらドレッシーなパンツ!

出典:wear

ここ数シーズン流行が続いているのがデニムシャツですよね。カジュアルな雰囲気と頑丈に仕立てられていること、そして色落ちにより変化を楽しめる点が魅力的ですよね。そのデニムシャツは、ニットアイテムとも非常に相性が良いことで知られていて、シャツ in ニットのスタイルでも大活躍マチガイ無しのアイテムなのです!

このコーディネートでは、NAVALのワイドシルエット ワッフル クルーネックニットをチョイスしています。ワッフル形状により、カジュアルさを引き立てていると同時に、ワイドシルエットによりストレスなく着こなすことが可能です。そこに、深みのあるデニムシャツをチョイスしていますが、特殊紡績によって、単糸ですが双糸のような膨らみと毛羽の少なさを表現しているアイテムとなっていて、存在感抜群です!更に、ボタンダウンですので、インナーに着用してもしっかりと襟が立つ点も良いですね。

シャツの裾をあえて出すことで、リラックスした雰囲気を出していますが、だらしな印象を与えていないのがすごいですね。


シャツの襟を出さないスタイル!

シャツの襟を出さないスタイル!

出典:wear

こちらのコーディネートでは、クルーネックのニットをチョイスしていますが、首周りがタイトになっているのが印象的です。よって、シャツの襟があまり露出しない様になっていますが、決してダサいイメージはなく、むしろスッキリした印象を与えているのが良いですね。ホワイトのシャツに癖のあるシャギー素材のニットが実によく映えています。

このニットはBAYFLOWのアイテムで、肌触りの良いシャギー素材を使用しています。ニット特有のチクチクしない素材なので半袖の上からも着用できるのが良いですね。季節問わず様々なシーンで着用できるものとなっていますが、そこにコットンナイロン素材を使用した、コンビシャツをあわせています。袖口がリブ使いなので、スポーティなアクセントに仕上がっているので、重ね着しても個性を強く演出可能です。

カラーリングにも注目で、シャツがホワイトでニットがブラックなので、うまくモノトーンに仕立ててきちっとした印象を与えることができていますね。

シンプルなニットに柄物のシャツを合わせる!

シンプルなニットに柄物のシャツを合わせる!

出典:wear

シンプルなスタイルの中に、ワンポイントで柄物のアイテムを入れると、うまくアクセントをつけることができてかっこいいですよね!これが全面的なものであると、その効果が薄れてありきたりな感じが出てしまうので、あくまでもワンポイントで取り入れるのが良いのです。その点で、このコーディネートのようにホワイトのニットにチェック柄のシャツをチラ見せしていて、かっこよく見えます。

URBAN RESEARCHのURケーブルクルーネックニットですが、ライトな着やすさが魅力のコットンアクリルのミドルゲージケーブルニットに仕上がっています。ウールに見られるチクチク感が軽減されていて、ソフトで滑らかな肌触りを楽しめます。ボリューム感を抑え、アームホールも細めに仕立てられていて、インナーとしても活用可能です。

そこに、FREAK’S STOREのギンガムチェックシャツをあわせていますが、小ぶりのチェックが品の高さを強調することが可能です。パンツがブラックであり、モノトーンなスタイルの中でこのチェックがより華やかさを与える効果を発揮していますね。

深みのあるカラーリングの組み合わせもおしゃれ!

深みのあるカラーリングの組み合わせもおしゃれ!

出典:wear

このコーディネートでは、グリーン系のニットとシャツを組み合わせて、落ち着いた雰囲気を出していますね。他のアイテムも同様にダークトーンでまとめていて、一見すると重くなりがちな中で、シャツが若干明るい印象があり、上手くバランスを保っているのが印象的です。

ニットは胸と腕ににブラックの太いラインが一本入っていて、うまくカジュアルダウンさせているのが印象的です。適度な厚みとサイズ感が絶妙で、インナーに着用することもできそうですね、シャツは正確にはシャツブラウスとなっていて、よく見ると腕の裾からも出していてレイヤードスタイルを楽しんでいるのが伺えます。

ゆるくストールを巻くことで、上品さも兼ね備えたスタイルが良いですね。


ニットジャケットとシャツもおすすめ!

ニットジャケットとシャツもおすすめ!

出典:wear

最後に紹介するのが、ニットを用いたジャケットを合わせているコーディネート例です。ニットジャケットと聞くとニットが勝ちすぎてカジュアルになリすぎるイメージが有るのですが、きちっとした雰囲気があり、シャツとの相性が抜群です!単なるシャツとの組み合わせでも、これだけおしゃれに見せることができるのは奇跡的なことと言えますね。これなら、オフスタイルでも大人の雰囲気を醸し出す事が可能です。

このL.B.M.1911(エルビーエム)のニットジャケットは、テーラードジャケットの雰囲気を残しつつ、カーディガンの要素も取り入れたアイテムとなっています。ウールをメインとして、ポリエステルを混紡させて色の鮮やかさをアップさせています。ニット地ですので、折り畳みやすく、皺にもならず目立たずのとても便利なアイテムです。旅行かばんの片隅に収納して、サラッと着こなすのが正統派な着こなし術ですね。
(L.B.M.1911の詳しい解説はこちら)

ボトムスにはHUGO BOSS(ヒューゴボス)のチノパンをチョイスしていて、更にリラックス雰囲気を強調しています。ちょっとしたお出かけに是非実践して欲しいスタイルですね!
(HUGO BOSSの詳しい解説はこちら)

最後に

いかがでしたでしょうか?ニットとシャツのコンビネーションは、定番でありながらも絶対に抑えておきたいテクニックの一つです。今すぐ実践できるというのも魅力的で、早速今日から実践してみましょう!

Pocket
LINEで送る