編み込み革アイテムの代表格BOTTEGA VENETA(ボッテガベネタ)のハイクオリティ財布5選

出典:les DEUX MESSIEURS MAGAZINE

Pocket
LINEで送る

ファッショニスタなら、小物選びも抜かりなく行いたいものですよね!特に、財布などの頻繁に使用して、更に見せる機会が多いものはこだわり抜いたものを選ぶことで、おしゃれに気を使っている人間という印象を与えることが可能です。他にも、財布は意外と消耗することが多いですので、おしゃれというだけでなく耐久性の高いレザーアイテムが良いですよね。レザーの場合、使い込むことで味わいが出る点も魅力的です。

そんなレザー系の財布の中でも、特にBOTTEGA VENETA(ボッテガベネタ)のアイテムがおすすめです。1966年にイタリアのヴィチェンツァで創業したブランドであるBOTTEGA VENETA(ボッテガベネタ)は、レザー職人の伝統を現代に受け継ぐ クラフトマンシップ溢れるアイテムを作り続けているのが特徴です。滑らかに鞣された、ラムスキンを用いた 編み込み「INTRECCIATO(イントレチャート)」がここ数年で急伸的に支持を集めて、日本でも人気を誇っています。

今回は、BOTTEGA VENETA(ボッテガベネタ)のクオリティが高い財布を5つに厳選して紹介します。

BOTTEGA VENETA(ボッテガベネタ)の財布でワンランク上を目指そう!

収納力も抜群な財布!

収納力も抜群な財布!収納力も抜群な財布!

出典:でらでら

最初に紹介するのは、BOTTEGA VENETA(ボッテガベネタ)の財布らしいきれいなレザーの織り込みが見られるロングウォレットです。この織り込みのことをイントレチャートと呼ばれており、短冊切りのレザーを編みこんでいく技法を採用しています。イントレチャートにより、単なるレザーの財布と比較して、華やかさを強調することが可能です。

カードポケットを左右に備えたラウンドジップ開閉デザインを採用していて、カードポケットだけではなく紙幣、その他の収納スペースに余裕をもたせていて、計5室も確保しています。紙幣よりもひとまわりほどの高さと余裕をもたせているので、実用的でありながらも厚みもほど良いものとなっています。引き手も革が付いたしっかりと留められるようにデザインされているのも嬉しいですね。

縁取りのトリミングもポッコリとしたものとして、織り込み革を緩ませないように工夫しています。内部のポケットが多く、様々なカード類などもスマートに持ち歩くことができる点が評価できますね。


しっとりとした肌触りが良い!

しっとりとした肌触りが良い!しっとりとした肌触りが良い!

出典:でらでら

ロングウォレットの場合、厚みがあるものはポケットやバッグに収納して持ち運ぶというよりは、手に持って持ち運ぶという方も多いですよね。手にとった瞬間、肌触りの良いものであるとなお愛着を持ちやすくなりますが、その点でこのロングウォレットはVNラムレザーというものを使用しています。触れるとしっとりとした肌触りで、柔らかな質感が特徴なレザーとなっていて、持っているだけでも上質であることがわかります。

単に肌触りが良いだけでなく、軽さもあるので厚みがある財布ながら重量が気になることはありません。繊細なレザーですので強度は若干劣ってしまうのですが、それをも凌駕する魅力があるものとなっています。カラーリングとしては若干くすんだ感じとなっていてブラックカラーでありつつもカジュアルさも兼ね備えている印象です。更に、ガンメタリックのジップスライダーを使用して、スタイリッシュな印象を与えてくれます。

カードポケットを左右に備えたラウンドジップ型により、収納力も抜群で様々なものを気軽に持ち運ぶことができる財布となっています。

ちょいワルなイメージ全開な財布!

BOTTEGA VENETA(ボッテガベネタ)はロングウォレットがメインでありますが、二つ折り財布もおしゃれで持っていて自慢したくなるものをデザインしています。また、少し個性的なものも多く見られ、より個性をアピールしたい方にとって人気となっています。この財布も、二つ折りで大胆なアイレットが目を引くデザインが印象的です。

耐久性のあるカーフレザーを使用しており、BOTTEGA VENETA(ボッテガベネタ)が誇る職人が手作業で編み上げているイントレチャートの両側に、ブルニートで仕上げたアイレットを配置しています。あえて全面にイントレチャートを配しているのではなく、アイレットをメインとしてさり気なくデザインしているのが良いですね。

内側には、クレジットカードケースを8つ、仕切りのある札入れとレシートなどを収納できるコンパートメントを2つ配置して、実用性も高いアイテムになってます。薄手ですので、ポケットに入れておいてもかさばらない点も評価できます。

新しいことにも果敢にチャレンジ!

BOTTEGA VENETA(ボッテガベネタ)は、定番なデザインを頑なに守るだけでなく、次々と革新的なことにもチャレンジしています。その代表的な例として、この二つ折り財布があります。マイクロイントレチャートエンボスと命名されたこのモデルでは、エンボス加工を施したレザーのパネルを手作業で縫い合わせて、ユニークなカラーブロックを形成しています。単に縫い合わせているだけでなく、カラーバランスもしっかり考えてこの配色をチョイスしている点にも注目です。

クレジットカードケース5つが付いたコントラストカラーの内側のケースを採用していますが、実はこれは取り外すことが可能です。もう少し薄いデザインの物が良いと感じる場合は、取り外すことでスマートさを演出可能です。取り外しても、レザーの内側にはコンパートメント3つと札入れ1つを配置しているので、ちょっとしたお出かけに使用する分には全く問題ありません。

使い続けることで味わいが生まれるカーフレザーを使用してるので、経年変化も楽しめます。デザイン的にも飽きが来ないものですので、長年相棒として活躍すること間違いありません!


イントレチャートがより際立つ配色!

最後に紹介するのは、BOTTEGA VENETA(ボッテガベネタ)の代表的な製法であるイントレチャートをより際立たせたチェッカー柄の二つ折り財布です。しなやかな質感が印象的なナッパレザーを使用し、それを手作業で編み上げることで、独特なクシャッとした質感をうまく演出しています。強度的には若干劣りますが、革本来の風合いをが感じられるのが魅力的です。

グラフィックなチェックパターンがインパクト大ですが、決して派手なイメージはなく洗練された印象を受けます。内側には、コントラストカラーのスムースナッパを使用して、クレジットカードケース8つ、仕切りのある札入れ、レシートなどを収納できるコンパートメントが2つ確保しています。

最後に

いかがでしたでしょうか?BOTTEGA VENETA(ボッテガベネタ)の財布は、どれもレザーの持つラグジュアリー感を活かしつつ、イントレチャートによりカジュアルさも兼ね備えたものが多いです。その中で、常に新しいことにもチャレンジしており、次にどのような展開を見せるのかにも注目です!

Pocket
LINEで送る