真冬の王道カジュアル!!ダウンジャケットでガッツリ防寒ガッツリオシャレに!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

12月になりましたので、流石に暖かいアウターが恋しくなりますよね!特に、師走に近づくに連れてダウンジャケットが大活躍するわけですが、多くの方が愛用しているアイテムなので、ありきたり感が出てしまうのも事実です。人と違うものを選びたい!と思っていても、意外と被ってしまうことも多々あります。

代わり映えしないことも多いダウンジャケットですが、ちょっとした工夫でイメージは変わるものです。例えば、ビジネスシーンできちっとしたファッションに用いてみたり、重ね着風に着用するというのも有効的です。最近では薄手のダウンベストなどもあり、着こなし次第で人と違うコーディネートを実践することができます。では、具体的にどのようなアイテムがあって、どのように着こなせばよいのでしょうか?

今回は、最新のダウンジャケットを紹介しつつ、おしゃれなコーディネートを紹介します。

寒い冬のお供!ダウンジャケットを上手に着こなそう

ちょっと小さめのダウンジャケットにTシャツをレイヤード!

ちょっと小さめのダウンジャケットにTシャツをレイヤード!

出典:でらでら

ダウンジャケットと言えばボリューム感があって厚い印象がありますが、正しくそのイメージそのものにデザインした印象があるのが、このTATRAS(タトラス)のダウンジャケットです。プレミアムダウンジャケットを標榜して、他のダウンジャケットとの違いを明確にしているTATRAS(タトラス)ですが、このBELBO(ベルボ)というモデルでも様々な点でラグジュアリー感があるものに仕上がっています。
(TATRASの詳しい解説はこちら)

脇腹の部分を微妙に細身に仕立てているデザインにより、全体的にスリムに見せることに成功しています。微粒子を含んでいるかのような色彩で、ツヤ消ししていて上品さが漂う高密度ポリエステル地を用いています。また、充填しているダウンとフェザーは、高純度なポーランド産ホワイトグースダウンを使用しているので、圧倒的なフィルパワーと共にボリュームを抑えているのが特徴です。非常に軽い点も魅力的ですね!

ショート丈ですので、裾の部分をどのように見せるかが重要になりますが、このコーディネートではFRANKLIN & MARSHALL(フランクリン&マーシャル)の天竺コットンクロスの長袖カットソーを合わせて、レイヤードしているように見せているのがかっこいいですよね。
(FRANKLIN & MARSHALLの詳しい解説はこちら)


独特なデザインのダウンジャケットを着こなす!

独特なデザインのダウンジャケットを着こなす!

出典:でらでら

この例では、個性的なダウンジャケットをメインに据えたファッションとなっています。MONCLER GRENOBLE(モンクレール グルノーブル)のダウンジャケットなのですが、ベースとしてはスキーウェアをイメージしてデザインされており、実用性が高い点が様々に見られます。例えば、ゴーグルポケットや袖口のスキーパスポケット、ゲートルなどがあり、ストリートでも使える機能が満載です。

機能的に多くのものを取り入れると、どうしてもデザイン的にごちゃごちゃしてスッキリしたイメージを与えることができませんが、このダウンジャケットではあくまでも自然にスッキリと実装しているのが印象的です。パーカーのように首元をしっかりとカバーするフードが着いていますので、ちょっとした雨などであればさっと被って頭を保護することができます。4Flcorons(キャトル・フロコン)と呼ばれている上質なホワイトグースを使用して、軽さと暖かさを両立させることに成功しています。

このコーディネートでは、REPLAY(リプレイ)のカジュアルなカットソーをチョイスして、リラックスした休日スタイルを実践しています。
(REPLAYの詳しい解説はこちら)

ビジネスシーンでも映える!最上級のダウンジャケット

ビジネスシーンでも映える!最上級のダウンジャケット

出典:jedia

ワンランク上のダウンジャケットを手に入れたいのであれば、MOORER(ムーレー)のこのアイテムを是非オススメしたいです!多くの上質なダウンジャケットを手がけていることで知られているMOORER(ムーレー)の中でも、このSIRO-KMでは二重染色がとても美しいSHAPE MEMORY PESという形状安定ポリエステルを使用しています。見た目が上品なだけでなく、皺になりにくく汚れにくい、更に撥水性も高いという素晴らしいマテリアルとなっています。

中綿には、プルミュールダウンと呼ばれている最高レベルのフィルパワーがあるホワイトグースを使用しており、軽量かつ抜群の保温性の高さを確保しています。他にも、ボタンやファスナーなどにも最高品質の特注品を用いていて、一切の妥協を許していない印象があります。デザイン的には、今シーズンも注目のミリタリーテイストを取り入れて、スッキリしていてとてもかっこいいフォルムとなっています。首元には取り外し可能なラビットファーが付いていて、首元も暖かさをキープ可能です。

このコーディネートでは、DRUMOHR(ドルモア)の独特な首元のデザインが印象的なニットを合わせていて、更に高い保温性を確保しています。
(DRUMOHRの詳しい解説はこちら)

日本の上質なウールを使用したダウンジャケット!

日本の上質なウールを使用したダウンジャケット!

出典:zozo

ダウンジャケットに使用するウールは、海外勢がメインとなっているのが実情です。その中で、日本では尾州産が有名であり、海外の素材に負けない機能性を発揮しています。その尾州産地の細番手の高品質なウールを使用している西川ダウンジャケットが、このnano・universe (ナノ・ユニバース) のこのアイテムです。

糸本来の艶やかさをアピールするために、生地に特殊な加工を施して上品な大人の雰囲気をうまく出すことに成功しています。ダウンについては、世界でも有数のダウンとして有名なUSAダウンを使用し、東京西川の独自技術であるフレッシュアップ加工を施しています。これにより、高品質で衛生的なダウンに進化させることに成功しています。

このコーディネートでは、ホワイトのライトなパンツを合わせて、更にスニーカーを履くことでアクティブな印象をうまくアピールしていますね。


ライダースジャケットのような独特なジップのデザイン!

ライダースジャケットのような独特なジップのデザイン!

出典:zozo

ISAMU KATAYAMA BACKLASH(イサムカタヤマ バックラッシュ)のこのダウンジャケットでは、カンガルーレザーを0.5mmまで薄く加工して使用しています。カンガルーレザーは、柔らかく強度がある革なのですが、銀面(革の表面)に傷が多いことで知られています。このアイテムでは銀面を使用するにあたり、革の裁断の際に職人が一点一点傷などがない上質なものだけを使用しています。

一見キルティングの様に見えるデザインですが、表面を摘んでステッチを施す事によりキルティングとは全く異なった製法を採用しています。ANIMEX社の100%ポーランド産のホワイトグースダウンを使用しており、とても暖かいのが良いですね。ライダースジャケットのような独特な斜めのジップがデザイン的にも良いアクセントとなっていますね。

このコーディネートでは、シンプルにカットソーと同系色のパンツを合わせて、よりダウンジャケットの上品さを際立たせています。

最後に

いかがでしたでしょうか?ダウンジャケットのトレンドとして、どちらかと言えば丈が短いものが流行しているイメージがあります。裾の部分がどうしても露出しますので、インナーで着用するアイテムを考えて、よりおしゃれに個性を演出しましょう!

Pocket
LINEで送る